固定資産税の平均や対策など経営のメリット・デメリット

不動産を使用していなくても、所有しているだけで毎年かかる固定資産税。その負担を軽減するために、アパート経営を始めてみませんか?
今回は、アパート経営のメリット・デメリットや節税効果が高まるポイントを解説します。

この記事を読むのにかかる時間:5分

固定資産税対策でアパート経営を始めることのメリット

固定資産税は、1月1日時点で不動産を所有している人に対してかかる税金です。
毎年、市区町村に税金を納めなければならないのですが、更地と賃貸経営用住宅では固定資産税の金額に差が生じます。
更地の状態で不動産を持っている人がアパート経営を始めた場合、固定資産税が最大で6分の1になるというメリットがあります。

土地を更地の状態で所有している場合、かかる固定資産税は課税標準額×1.4%(標準税率)です。
そのため、仮に固定資産税評価額5,000万円の土地を持っている場合、5,000万円×1.4%=70万円となり、年間70万円もの固定資産税を払うことになります。

しかし、所有している土地に賃貸経営用のアパートを建てると、固定資産税が最大で6分の1に減額されることになります。
小規模住宅用地に建てられたアパートなら、200平方メートル以下の部分が6分の1に、一般住宅用地なら、200平方メートル以下の部分が3分の1になります。
上記の例にあてはめて考えると、5,000万円×1.4%×6分の1=約12万円となり、年間で約58万円もの節税効果があるのです。

アパート経営の注意点について

アパート経営の注意点について

アパート経営のデメリットや注意点とは

固定資産税対策として有効的なアパート経営ですが、デメリットもあります。それが空室と老朽化のリスクです。

アパート経営を始めるにあたって、ローンを組んで賃貸用住宅を建設しても、家賃収入が定期的に入るため、家賃収入の中からローン返済ができます。しかし、途中で空室が生じて収入が減った場合、月々のローン返済に頭を悩まされることになるでしょう。
入居者が集まらず、ローンの支払いだけが残ってしまうと、最悪の場合、破産してしまうことも考えられます。空室を避けるためには、設備を充実させたり、入居者募集を管理会社に任せっぱなしにしないなどの努力が必要になります。

また、経年劣化によって建物が老朽化してしまうと、修繕費がかかってしまいます。老朽化した建物のままでは、入居者が減ったり、家賃の引き下げを余儀なくされます。修繕費は月々の家賃の中から積み立てておくことをおすすめします。
土地を更地のままにしておくより、アパート経営を始めた方が固定資産税対策になりますが、このように不動産投資におけるデメリットがあることを忘れないようにしましょう。

アパート経営で相続税対策をするポイント

アパート経営で相続税対策をするポイント

節税対策で高い効果を発揮するためのポイント

更地に賃貸経営用の住宅を建てることによって、十分な固定資産税対策になりますが、さらに節税できるポイントがあります。

固定資産税は1月1日時点における不動産の状態で課税されるので、1月1日に更地であれば、固定資産税も更地の状態で計算されます。しかし、その年にアパートを新築で建てるのであれば、課税当局に通知しておけば、住宅用地として課税額を計算してくれるのです。

また、賃貸用アパートの隣に居住者用の駐車場を設置した場合、駐車場スペースも住宅用地として固定資産税の軽減処置を受けることができます。しかし、フェンスや柵などがあり、分かれていると判断されていると、非住宅用地とみなされて減税されない可能性があります。
最初にご説明した、固定資産税が最大6分の1になるというメリットが受けられるように、分筆されていないか必ずチェックするようにしてください。

土地活用のひとつとして、1階を店舗として活用し、2階以上を住宅とする建物もあります。居住部分の床面積が2分の1以上であれば住宅用地としてみなされますが、居住スペースが4分の1以上2分の1未満であれば、50%のみが住宅用地とみなされるので、注意しておきましょう。


あなたに最適な土地活用プランを検索!
土地活用プランを徹底比較
STEP01
建設予定の都道府県を選択
STEP02
土地はお持ちですか?

この記事のまとめ

【アパート経営によって固定資産税が節税できる】
・更地よりも賃貸用住宅を建てることで、固定資産税は最大で6分の1になり、節税効果がある
・空室や老朽化のリスクなど、不動産投資をする上でのデメリットもある
・年内に賃貸用住宅を建てる場合は、課税当局に通知しておくことが大切
・賃貸用住宅の隣の駐車場も住宅用地となる

土地を更地で所有するよりも、賃貸用住宅を建設した方が、固定資産税が大幅に軽減されます。
毎年の固定資産税額が気になっている方は、ぜひアパート経営を検討してみてください。

賃貸経営の基礎知識の関連記事

高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリット・デメリットと注意点
高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリット・デメリットと注意点 公開
土地活用は立地で決まる!10パターンの立地と適した活用方法とは
土地活用は立地で決まる!10パターンの立地と適した活用方法とは 公開
土地活用の手段にソーラーパネル設置はあり?特徴を解説
土地活用の手段にソーラーパネル設置はあり?特徴を解説 公開
市街化調整区域も土地活用できる?土地活用の手段を解説
市街化調整区域も土地活用できる?土地活用の手段を解説 公開
借地の土地活用とは?他の活用との違いや事業用定期借地権を解説
借地の土地活用とは?他の活用との違いや事業用定期借地権を解説 公開
土地活用業界ランキングと業界の新たな動きと今後の展望とは
土地活用業界ランキングと業界の新たな動きと今後の展望とは 公開
土地活用に貸倉庫経営はあり?メリットとデメリットを解説
土地活用に貸倉庫経営はあり?メリットとデメリットを解説 公開
土地活用に店舗経営はあり?メリットとデメリットを解説
土地活用に店舗経営はあり?メリットとデメリットを解説 公開
農地の土地活用はどうしたら良い?3つの活用パターンを解説
農地の土地活用はどうしたら良い?3つの活用パターンを解説 公開
介護施設で土地活用を行う場合のメリットとデメリットを解説
介護施設で土地活用を行う場合のメリットとデメリットを解説 公開
土地活用の4つのノウハウを理解して絶対に成功させるための方法
土地活用の4つのノウハウを理解して絶対に成功させるための方法 公開
土地活用として商業施設を建てるために重要な4つのポイント
土地活用として商業施設を建てるために重要な4つのポイント 公開
アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策
アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策 公開
戸建て賃貸経営を初めてでも絶対に成功させるための3つのポイント
戸建て賃貸経営を初めてでも絶対に成功させるための3つのポイント 公開
不動産相続の流れと手続き|被相続人の死亡後にできる相続税対策まで
不動産相続の流れと手続き|被相続人の死亡後にできる相続税対策まで 公開
リスクに正しく対処しよう!シェアハウス経営のメリット・デメリット
リスクに正しく対処しよう!シェアハウス経営のメリット・デメリット 公開
マンション経営の経費について押さえておくべき必須事項
マンション経営の経費について押さえておくべき必須事項 公開
アパート経営はするな!?借金・失敗など初心者が注意すべき7つのリスクを解説
アパート経営はするな!?借金・失敗など初心者が注意すべき7つのリスクを解説 公開
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線 公開
【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで
【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで 公開