賃貸経営で不動産所得を安定して得るメリット

年金の給付額が減額されていく中で、豊かな老後を実現するために、賃貸経営を行い、不動産収入を得ることによる、経済的な様々なメリットを具体的に紹介いたします。 また、賃貸経営をする際には税金対策、自然災害や人的災害、その他様々なリスクに対する備えも必要になります。 これらの事柄についても、具体的に紹介いたします!

この記事を読むのにかかる時間:5分

ローリスク・ローリターン!?賃貸経営は毎月一定のに不動産収入が得られるんです。

資産運用の方法として、国内の株式や海外の株式を購入したり、国内や海外の投資信託や債券を購入したりしますが、その中でアパート経営つまり、賃貸経営をすることの一番のメリットは、毎月一定のに不動産収入を得られることです。

賃貸経営は、ローリスクかつローリターンであり、毎月のローン返済額よりも家賃収入額の方が多くなるような計画であれば、年率5%以上の安定した収益を確保することも可能です。
しかも、ローン完済後には家賃収入がそのまま利益となるため、土地を資産として残すことができます。
このように、現物資産を結果的に残すことが出来る賃貸経営は、リスクが少なく安定した利益を上げることが出来るので効果的です。

もちろん、メリットがあれば、デメリットもあります。

例えば、賃貸経営をする際に、マンションの一部屋に投資して賃貸経営した場合は、老朽化にともない価値が下落したり、売却や建て替えも容易にすることができないなどの、リスクがあります。
また、老朽化により、管理費や修繕積立金が上昇する、リスクもあります。

しかし、アパート経営の場合は、建物が老朽化しても、駅に近くて価値のある土地であれば、資産として残ります。 資金計画がしっかり作成してあれば、家賃収入の中からローンを返済していくだけで、結果として資産形成をすることができます。

税金対策の上では、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

税金対策の上では、どんなメリット・デメリットがあるの?

賃貸経営は保険の代わりに!?賃貸経営は年金の減額に対して効果があります。

アパート経営などの賃貸経営を行うことによって、不労所得を得ることが出来れば、年金対策にもなります。

日本は超高齢化が進んでおり、これを止めることが出来ないため、年金受給開始年齢の引き上げとともに、支給額の抑制が検討されています。
したがって、国民年金や厚生年金だけでは安定した老後を迎えることはできません。

また、独自の企業年金や定年退職の際の退職金制度を抑制する企業が増えているため、自己資金を蓄えて老後を乗り切らなければなりません。

社会保障の見直しやインフレの進行などで日本を取り巻く状況は刻一刻と変化をしています。
そのため年金収入以外の収入を自分で確保する必要性は、今後ますます増大していくと考えられます。

賃貸経営行うということは、資金を銀行などから調達してローンを組んで運用していくことになると思いますが、その際に団体信用生命保険に加入することになると思います。

そのため、所有者がなくなったときには、保険よりローンの支払いがなされるために、遺族などにローンの残債が残らないため、とても有効な方法といえます。

世帯主がなくなった場合には、多くの場合は生活費にすら困窮すると思われますが、安定した家賃収入のために生活費の担保がとれるとともに、残債が残らないため、不幸にして資産を手放すことにならないため、相続対策としても有効な方法といえます。

では、最後に賃貸経営を始めるに当たってのリスクを見ていきましょう。

賃貸経営を始めるリスクは? 

賃貸経営のリスクポイント!この3つを押さえておきましょう!

賃貸経営を行うことによって、不労所得を得られて年金対策ができたり、土地が手に入るため、資産形成ができるなどメリットがたくさんあるのですが、不動産投資を行ううえでデメリットもあります。

まず第1に空室リスクです。
すべての居室が100%埋まることはなかなか難しいと考えられます。
そのため、立地や借主の需要がどのくらいあるかなどの、情報が大変重要になると考えられます。

第2のリスクとして考えられるのは、金利上昇リスクです。
賃貸物件を調達される際に、安易に変動金利のローンを組んでしまうと、将来の金利上昇に対して対応できなくなります。
必要に応じて固定金利の商品を選ぶことも重要です。
また、固定金利のローンを選択することによって、賃貸収入がある程度見える化されるため、将来の運用計画も立てやすくなると考えられます。

第3に土地や建物に対するリスクも考えられます。
土地には接道要件などの宅地要件や見えない瑕疵があることがあります。
また、建物についても、安全性の問題など様々な問題があります。
そのためにも賃貸経営をおこなおうとする場合には、複数の業者から見積もりを取るなどして、情報収集を行うことは必要不可欠です。

この記事のまとめ

このように、賃貸経営を行う場合には、安定的な不労所得を得られることや、ローンを完済すれば不動産を得ることが出来るため、資産形成をすることが出来、また、年金の減額に対して、対応できるなど、様々なメリットが得られます。

一方で、賃貸経営を行うためには様々なリスクがあり、空室リスクや金利上昇リスクなどにも対応しなければなりません。

そのため、専門家にアドバイスを仰ぎながら、より良い賃貸経営をしていくことが大切だと言えます。



賃貸経営のメリット・デメリットの関連記事

賃貸併用住宅の計画時点で知っておくべき金銭的メリット|イエカレ 公開
賃貸経営で不動産所得を安定して得るメリット|イエカレ 公開