不動産の「買取」は「仲介による売却」と何が違う?


不動産売却を考える上で「買取」と「仲介による売却」という2種類にはどんな違いがあり、オーナーはどんな場合にどちらを選ぶべきなのでしょうか?
今回は 「買取」に焦点をあてて、そのメリット、デメリット、使いどころを具体的に紹介していきます。

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい不動産売却価格を設定する方法とは?

*あわせて読みたいマンションを1円でも高く売るための5つのコツ

*あわせて読みたい不動産売却の流れで知っておくべきことは?

*あわせて読みたいスムーズな売却のポイント

*あわせて読みたい不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

不動産を売却する上で「買取」と「仲介による売却」、その違いは大きい!?

不動産「買取」と「仲介による売却」の概要

不動産を売却する上で「買取」と「仲介による売却」は、日本語の感覚として似たような印象ですが、その違いはかなり大きなものです。

まず「買取」ですが、これは「不動産業者が買い主」になります。
従って、物件オーナーと不動産業者の間で直接売買が行われます。

一方「仲介による売却」では、一般の買い主が契約相手になります。
つまり、不動産業者は売り主である物件オーナーと一般の買い主との間に立って売買契約をスムーズに進めるためのお手伝いをするという立場になります。。

▶ 「買取」と「仲介による売却」の大きな違い

「買取」では買い主が不動産業者になるため、不動産業者は安く買って高く売ることを目標にします。同時に、不動産業者自身が買い主であるため、条件面が折り合えばすぐに契約に進めることが大きな特徴です
また「買取」では不動産業者はオーナーから買った不動産をそのまま売却に回すのではなく、修繕を加えてから販売することを想定しており、現状の内装が多少悪くても気にしないことが多くなっています。

「仲介による売却」では一般の買い主を探すところから始めなければならず、一般的にどうしても契約までに時間が長く掛かります。
価格に関しては、不動産業者の手数料が売却価格の何%という割合で設定されているため、売り主・買い主ともに納得する適正価格を目指しつつも、高値の取引がなされることを目標にすることになります。


不動産「買取」のメリットをあげてみます!

不動産「買取」のメリット

不動産「買取」の最大メリットは、現金化まで期間が短いということです。
直接の買い手である不動産業者との折り合いがつけば、その場で買取交渉は成立となります。
早ければ1週間程度で不動産を現金化できるため、一般の買い主が現れて売却できるのがいつになるか分からないといった不安もなく、スケジュールが組み立てやすい事も大きなポイントです。

また、「買取」では一般の買い主との契約上の関係性は一切発生しないので、 瑕疵担保責任という雨漏り対応等の修繕を行う法的責任を一般の買い主から追及される心配がなくなります。また売却後の売り出しに関しても物件オーナーが内覧の案内に応じる必要が一切ありません。

もちろん、仲介手数料も発生しませんし、ローンが残ってしまう場合には不動産業者が代わりに金融機関と交渉してくれる場合もあります。


メリットを見たら、デメリットも見てみましょう!

不動産「買取」の唯一最大のデメリット

不動産「買取」の唯一最大のデメリットは買取価格が安いことです。
「買取」の場合、不動産業者は買い取った不動産にリフォームやリノベーションの修繕工事を行って価値を大幅に上乗せしてから販売に回すことを想定していることが大半です。

例としては、物件オーナーから2,000万円で買い取って500万円かけて修繕を行い、3,000万円で販売するといった流れになります。
それらの修繕の手間もあり、「買取」では「仲介による売却」に比べて、価格は70%程度になってしまいます。

もう一つ例を挙げますと「仲介による売却」で売りに出せば2,000万円で売れるはずだった物件も、「買取」の場合は1,400万円前後にしかなりません。
売り主から見たら、単価の大きな売買だけに、70%程度に価格が下がってしまうのは、金額だけを見れば、大きなデメリットでしょう。


では、どう考えたら良いのかをアドバイスします!

不動産「買取」に向いているケース

「買取」には上述した通り、メリット・デメリットが見られます。では、買取での売却を視野に入れようとしたものの迷っている方はどう考えたら良いのでしょうか?
一般的には「価格が安くなってもいいから、すぐに売りたい、すぐに現金化したい」といった強い意向がある場合「買取」が向いています。
具体的なケースとしては、転勤等で遠隔地への転居が迫っている場合や、相続税が発生して急いで現金化して納税する必要がある場合、 また、再建築不可物件等で物件に大幅修繕を加えなければほとんど価値が付かないような場合などは、積極的な「買取」の希望が多く見受けられます。

つまり「買取」は、価格の安さから選ばれにくいのですが、決まった時期までに現金化する必要性があるような場合は有効なわけです。
また、空き家などそのままでは買い手借り手が期待できず、なおかつ自己負担での大幅修繕を加えることが難しいオーナーにとっては、 当初より買取後の大幅修繕を予定している不動産業者の利害が一致する可能性が高いでしょう。

ここで関連コラムを3つご紹介します。

▶-----以下の記事では「不動産の売却額を知りたい時に必要となる不動産査定書の入手方法」について解説しています。

こんな記事も読まれてます
不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

不動産査定書を入手する方法は、不動産鑑定士に依頼する方法と不動産会社に依頼する方法の2つがあります。不動産の売却額を知りたい時に必要となる不動産査定書。入手方法、作成手数料の違い、査定書の見方も簡単に紹介します。

不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

▶-----以下、関連の記事をご紹介します。このコラムでは土地の売買価格を決める基準が「実勢価格」であることやその調べ方などについて解説しています。宜しければご参考にしてみて下さい

こんな記事も読まれてます
土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK!

土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK!

持っている土地を売りたい!だけど価格はどうやって決めればいいんだろう...?売主さんがよく抱く疑問です。土地の売買価格を決める基準は「実勢価格」。それはどのようなもので、どうすれば知ることができるのでしょうか?それについて解説します。

土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK!

▶-----こちらの記事では、マンションを賃貸で貸した場合を例に「物件を貸した際のメリット・デメリット」について解説をしています。

こんな記事も読まれてます
マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する?

マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する?

マンションを賃貸で貸した場合、損得について気になったことはありませんか?実は、さまざまな面から考えると、答えは得。今回は、マンションを賃貸で貸した際の得な部分と損な部分、トータルで見た場合の3点を詳しく紹介していきます。

マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する?

この記事のまとめ

不動産の「買取」は「仲介による売却に比べて、価格が安いという大きなデメリット」がありますが「短期間で現金化でき一般の買い主との契約関係がない等のメリット」があります。

オーナーにとっては「価格よりも早期現金化」が第一優先となる事情も有り得ますから、そうしたケースでは「買取」のメリットを正しく認識した上で、より積極的に選択肢として検討できるようにしたいところです。

【イエカレ運営局より】
☆信頼できる業者選びのポイント☆
* 建物の品質に自信を持っており、保証やアフターサービスも充実している
* 限られた予算の中からできるだけ要望をくみとったプランを提案してくれる
* こちらも気が付かなかった部分の指摘や提案をしてくれる
* 実際の事例に基づいた収支シミュレーションなど、信頼性の高い数字を出してくれる
* 疑問点や不安点があっても、質問すればすぐにきちんと答えてくれる
* 担当者の対応、電話受付の対応に好感が持てる
などが挙げられます。まず、これらをクリアできそうな業者かどうかをまず見極めて業者の絞り込みをする必要があります。

イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。


*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

不動産の売却を考えるの関連記事

自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説
自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説 公開
離婚における不動産問題!不動産の財産分与について考えます
離婚における不動産問題!不動産の財産分与について考えます 公開
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説 公開
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説 公開
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説!
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説! 公開
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは 公開
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説 公開
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント 公開
せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ
せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ 公開
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖 公開
相続税は高い!土地の売り方のコツとは?
相続税は高い!土地の売り方のコツとは? 公開
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ!
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ! 公開
不動産売却時のリスクを知る
不動産売却時のリスクを知る 公開
不動産売却-複数の不動産会社に査定依頼をするメリットとは?
不動産売却-複数の不動産会社に査定依頼をするメリットとは? 公開
不動産売却のメリット・デメリット
不動産売却のメリット・デメリット 公開
不動産売却で大切にするべき視点
不動産売却で大切にするべき視点 公開
不動産売却-家を売る方法と注意点とは?
不動産売却-家を売る方法と注意点とは? 公開
不動産を売る人の心得とは?
不動産を売る人の心得とは? 公開
不動産の売却のタイミングは「金利」に注目
不動産の売却のタイミングは「金利」に注目 公開
不動産の「買取」は「仲介による売却」と何が違う?
不動産の「買取」は「仲介による売却」と何が違う? 公開