不動産管理会社を設立するメリットとデメリット

現在では投資方法の一つとして不動産に関する内容が充実しています。物件などを売買する方法や、賃貸物件として運用する方法などもあり、不動産関連では投資方法が多様化しています。

この記事を読むのにかかる時間:5分

不動産管理会社設立で節税に

現在では投資方法の一つとして不動産に関する内容が充実しています。物件などを売買する方法や、賃貸物件として運用する方法などもあり、不動産関連では投資方法が多様化しています。そんな中、賃貸用として成立できる物件を所有しているならば、状態次第では不動産管理会社を設立することによって、節税を行うことが可能になるケースがあります。個人運営から不動産管理会社を設立することによって、所得税率を下げることができます。家族などで運営されている方のケースでは、家賃収入等の利益を給与として社員に設定した家族に分配することによって、経費として給与を設定することもでき、累進課税方式ではないために、実質上支払う税金を大きく減らすことができる可能性を持っています。

法人化することによるデメリットとは

不動産管理会社を設立して法人化を行った場合では、一般的にはメリットの大きなものとしても利用されているのですが、その一方ではいくつかのデメリットもあるために、事前に知識を持っておくことが推奨されています。法人化を行うことによって、会社方式によっても変わりますが設立するための費用が最初に必要とされています。収支が赤字になった場合でも一定額の法人税がかかることになり、この点には注意したい部分になります。税理士などに会計を依頼する場合では、その経費が必要とされてしまうことになり、社員を雇い入れる場合では、いわゆる社会保険料の支払いが負担になってしまうケースも見られます。法人化する前には所有している物件の状態を把握した上で決定することが必要です。


「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ

不動産管理会社の仕組み

賃貸物件などとしてアパート運営を行う場合では、特に不動産管理会社に依頼をしたり、所有者が自ら設立する場面も見られます。不動産管理会社の仕組みとしては、一般的には借り主と所有者との中間に位置していることになり、物件の管理全般を行うことになります。例えば入居者を募る場面も重要になり、その際には仲介手数料というものが発生することになります。普段は管理物件の巡回を行ったり、住宅の保全全般を担うことになり、家賃回収業務なども大切な仕事になります。家賃に関しては不動産管理会社に入金されることになり、管理費や修繕費など管理に必要とされた経費を除いた部分を所有者に振り込む仕組みを持っています。その結果として不動産管理会社を通すことによって、実質上所有者は物件に対して何かしらの煩雑な作業などを行う必要がなく、殆どの項目について管理会社に任せることが一般的です。勿論、費用のかかる修繕やリフォーム等に関しては、所有者からの承諾が必要とされるために、無断でお金を使われてしまうことが無いことも基本になります。


「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ

メリット・デメリットの関連記事

不動産管理を委託するメリット・デメリット 公開
不動産管理会社で変わる!? 賃貸経営の成功と失敗 公開
最近注目のシェアハウス!メリット・デメリットは?徹底解析! 公開