不動産管理会社と保険

アパートやマンションを経営して収入が増えてくると、「不動産管理会社」を設立するケースというのが多々あります。これはなぜと言うと、不動産管理会社を設立させることで「節税対策」になるからです。

この記事を読むのにかかる時間:5分

不動産管理会社を設立による節税メリット

アパートやマンションを経営して収入が増えてくると、「不動産管理会社」を設立するケースというのが多々あります。これはなぜと言うと、不動産管理会社を設立させることで「節税対策」になるからです。
個人経営から法人化することで、所得を分散させることができ、また低い税率で課税されるようになります。所得が増えてくると、法人税と税率の差を考えてメリットが得られる場合には、不動産管理会社を設立させた方が良い場合もあるのです。
それ以外にもいくつかの節税メリットがあります。法人になると給与制になるため給与所得控除を受けることができ、課税対象額を減らせます。更に、役員の定期保険や医療保険を会社で加入させたり、小規模企業共済に加入できたり、倒産防止共済に加入できるため、退職金として扱うことも可能となります。

不動産管理会社と一般的な会社の違い

不動産管理会社と一般的な会社にはどのような違いがあるのでしょうか。 この2つの会社の大きな違いは「設立の目的」にあります。一般的な会社を設立させる目的は、「事業発展・営利目的」であり、商法に基づいて設立させた社団法人を指します。
その種類には、株式会社・合同会社・合資会社・特定目的会社・投資法人などがあります。
この中で最も多い会社が、株式会社です。株式会社は、株主・経営者・社員によって構成されており、それぞれが役職に合った業務を行っていきます。
一方、不動産管理会社は、主に資金的な損得のため、すなわち「節税対策」が最大の目的となっている場合が多いです。業務内容は、主にアパートやマンションなどの賃貸物件の保有や管理です。
これらの不動産は、自社物件であったり、不動産オーナーの物件であったり、相続した不動産であったりします。

法人にすることで税率が下がる

不動産管理会社を設立することで得られるメリットの一つに、「法人化することで税率を下げる」ことが挙げられます。具体的には、所得税というのは累進課税方式であるため、所得が増えれば増えるほど、その課税対象額は増加していきます。すると、個人経営の場合には納税が困難となる場合が出てくるのです。そのために、不動産管理会社を設立させて給与制とすることで、給与所得となり控除を受けることができるようになるのです。 現在の所得税の最高税率は、平成25年の税制改正により平成27年分以降から、従来の1800万円超につき40%の区分と、新たに4000万円超につき45%という区分ができ、これが現在の最高税率となっています。
また、その他にも法人組織を作ることで得られる節税対策もいくつかあるため、そのなかから選択できるようになります。

トラブルとその対策の関連記事

不動産管理会社をめぐるトラブルの対策方法|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社と保険|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
実は損してる?不動産管理会社との管理契約は落とし穴だらけ!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開