リロケーション物件を借りるとき、貸すときに注意すべきこと

転勤や、子供が大きくなって家を離れ広い家に夫婦2人暮らしなど、ライフスタイルの変化により、 自宅をリロケーション物件として貸す「プチ大家さん」が増えています。
家賃収入という不労所得が得られるメリットがありますが、注意点も頭に入れておかなければなりません。
リロケーションのメリット・デメリットをご紹介します!

この記事を読むのにかかる時間:5分


この記事のライター
この記事のライター 安藤 篤司(土地活用プランナー) 大手不動産会社の営業を経て、土地活用プランナーに転身。
あらゆる賃貸物件を目にし、さまざまなオーナー・住人の声を聴いてきた経験を最大限に活かし、これから賃貸経営をスタートする大家さんに誠意あるアドバイスをすることがモットー。
【本記事へのライターコメント】

家を貸す時に注意する事はこちら

自宅をリロケーション物件として貸すことの強みとは!?

リロケーションでマイホームを貸すことの一番のメリットは、借主から毎月一定額の家賃を得ることができることです。
リロケーションで受取った賃料収入を住宅ローンの支払いに充てたり固定資産税支払いや・分譲マンションの場合は管理費や修繕積立金の支払いなどにも充てることができ、経済面の負担も解消されます。

また、マイホームの劣化を防ぐことが出来ます。誰も住まなくなった空き家は窓を閉めっぱなしにし、室外の空気を全く通さない状態です。
すると湿気がこもりカビが生えたりキッチンなどの水周りの設備も水を定期的に流したりせず止めたままですとサビが発生するなど等で傷みが早くなります。
その事を考えると空き家で置いておくより誰かに住んで頂いた方が劣化を遅らせることができます。空き巣の被害なども防ぐことができます。

前もって定めた期間が終われば賃貸人は退去することとなりますので、またマイホームに戻り生活を送ることができます。
リロケーションではあらかじめ賃貸期間を定期借家契約で定めますので、安心して自宅にお戻りできます。転勤などの場合に活用できますね。

デメリットや注意点はどうでしょうか?

デメリットや注意点はどうでしょうか?
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

自分の資産を、他人に貸すことになります。入居者の審査をしっかりしましょう!

マンションや家を貸すと賃貸人が室内で日常の生活を送ることになりますので、どうしても汚れや傷が付いてしまう場合があります。
賃貸人の不注意や過失でできた損耗損傷は賃貸人の負担で補修しなければいけませんが、通常の生活でできた色あせやシミ汚れなどはオーナー様が補修するこのになります。

普通借家契約ですと通常賃貸人が解約を申し出しないかぎり更新され退去明け渡しすることはないですが、賃貸期間終了後、退去しなければなりませんので、家賃設定を相場より低くしていないと借りてくれる希望者が現れない可能性も出てきますので一般的には相場より若干安く家賃設定される場合がほとんどです。

転勤期間が予定より早まったなどの場合でも賃貸期間を定めていますのですぐに自宅に戻ることができません。
また、逆に転勤期間が延びてしまった場合も、賃貸契約期間満了後は一旦終了してしまいますので、改めて新しい入居者を募集するなり現入居者に再度契約をしていただく必要性がでてきます。

逆に、リロケーションで借りる側の注意点も見てみましょう

逆に、リロケーションで借りる側の注意点も見てみましょう

【番外編】借りる時の注意点

リロケーション物件を借りるときも注意点があります。
リロケーション物件は、定期借家契約で契約することが一般的です。

そのため、契約更新をすることができず当初定められた契約期間を過ぎたら即座に退去する必要があるのです。
契約期間が終わる前に新居を探しておかなければなりません。
原則として契約期間の途中で解約することが出来ないことも意識しておくべきことです。

また、リロケーション物件を貸す側にとっては自宅を綺麗に使ってもらいたいため、入居の条件がかなり厳しくなっていることがあります。
室内でペットを飼育する場合や就学前の子どもがいる場合は、入居を認められたとしても日常の生活に気を配りましょう。

万が一の時のために、原状回復の費用負担については契約締結前に入念に確認しておくことが重要です。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

家を貸す際に注意すべきことの関連記事

知っておきたい!リロケーションに関する法律 公開
リロケーションの税金についての注意点 公開
住宅ローン利用時のリロケーション 公開
海外赴任のリロケーション時の車の扱い 公開
住宅ローン返済中のリロケーションについて 公開
原状復帰の方法・確認すべき点は? 公開
家具や車など置いておけるの? 公開
家を貸す前の確認事項 公開
リロケーションで貸すときの注意点 公開
民泊で家を貸す時の手続きとは? 公開