リロケーションで貸すときの注意点

リロケーション物件に対する入居希望者が現れ入居することが決まった場合、借り主との契約締結時に鍵の交換を行うことが必要とされます。鍵の交換費用については法律での定めはありません。そのため、貸し主と借り主

この記事を読むのにかかる時間:5分

鍵の交換

リロケーション物件に対する入居希望者が現れ入居することが決まった場合、借り主との契約締結時に鍵の交換を行うことが必要とされます。
鍵の交換費用については法律での定めはありません。そのため、貸し主と借り主のどちらが負担するかを事前に決めておかなければならないのです。

貸し主の負担で交換を行えば、入居者に対して費用面のみならず防犯意識の面でも高い意識をアピールでき、誠実なオーナーだとして信頼してもらえるはずです。

また、一軒のリロケーション物件で、二回以上の賃貸借契約を締結する場合は鍵の交換が特に重要です。
以前の借り主から鍵の返却を受けたとしても、合い鍵を作られている場合があり、全ての鍵が返却されたことを確認することが実質的に不可能だからです。
鍵の交換は、物件を貸す場合の必須事項だと言えるのです。

火災警報器

住宅として利用していた物件を賃貸物件として貸し出すリロケーションでは、物件の築年数が経過している場合が非常に多いです。

そこで注意しなければならないことが、火災警報器の設置です。
以前は火災警報器の設置は義務づけられていませんでしたが、2004年に改正され2006年に施行された消防法で、全ての住宅に対し火災警報器の設置が法的に義務づけられたのです。
集合住宅であれば管理組合が一括して設置を行っているはずですが、戸建ての場合はオーナーである貸し主が火災警報器の設置を行わなければなりません。

設置を行わなくても罰則はないものの、仮に火災が発生した場合、貸し主の責任が追及されることがあるのです。
住宅を賃貸物件として貸すのであれば、入居者の安全を守るためにも火災警報器を設置するべきです。

大家さんとなるための準備

自宅をリロケーション物件として賃貸に出すと言うことは、自分自身が不動産経営を行う大家さんになるということです。

リロケーション物件として賃貸に出す前に、自分が大家さんになるための準備をしておきましょう。
準備といっても、宅地建物取引士などの不動産に関する資格や、行政書士などの法律に関する資格を取得するということではありません。
大家さんになる準備とは、自分が住宅のオーナーであり、借り主はお客様であるという意識を持つことです。

入居時の契約を終えれば大家としての仕事は終わり、毎月の家賃収入を得るだけと考えている人もいます。
しかし、本当に優れた大家とは、自分が所有する物件に入居者がいる限り入居環境の改善を実施するなど、常に入居者のことを考えて物件の管理を行うということなのです。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

家を貸す際に注意すべきことの関連記事

今話題の民泊をする時に考えるのはこんな事 公開
リロケーション物件を借りるとき、貸すときに注意すべきこと 公開
知っておきたい!リロケーションに関する法律 公開
リロケーションの税金についての注意点 公開
リロケーションで貸すときの注意点 公開
住宅ローン返済中のリロケーションについて 公開
住宅ローン利用時のリロケーション 公開
海外赴任のリロケーション時の車の扱い 公開
家具や車など置いておけるの? 公開
原状復帰の方法・確認すべき点は? 公開
家を貸す前の確認事項 公開