家を貸す時のコツとは!?自宅の有効活用術

家を貸すという選択をした場合、失敗しないためにはどのようなことが大切になってくるのでしょうか。
メリットだけでなくリスクを認識することの重要性や、自宅を賃貸として活用する際のリロケーションという方法などについてご紹介していきます。

この記事を読むのにかかる時間:5分



これは知っておきましょう。リロケーションのコツ

家を貸すことによるリスクを含めたシミュレーションを

家を購入した際には、多くの人がこれから始まるマイホームでの生活に期待を募らせることでしょう。ただ、未来のことは誰にもわかりません。せっかく家を手に入れたのに、転勤を命じられるという事態が発生しないとも限りません。
家族全員で違う場所に引っ越しをしなければならなくなってしまった場合、問題になるのが家をどうするかということです。空き家のままにしておくという方法や、売却するという方法もありますが、家を貸すという選択をする人もいます。家の今後のことを考える時には、専門家に相談しつつ、得られるお金のシミュレーションを行った上で検討していくことが失敗を防ぐコツでもあります。

家賃収入を見込んで家を貸すことを決断する人も多いかもしれませんが、そこにはリスクが伴うことを忘れないようにしましょう。家賃収入は借りてくれる人がいて初めて発生するものです。もし、借りてくれる人がいなかったら、家賃収入を得ることができません。また、借り手が良いタイミングで現れた場合にも、ずっと住み続けてくれるとは限りません。そのようなリスクを十分に考えておくことも大切なポイントです。

まずは借りてを集めるコツから

まずは借りてを集めるコツから
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

借り手を集めるための工夫と注意点

家を貸したいという気持ちが持ち主にあったとしても、借りてくれる人がいないことには始まらないという点については、先ほども少し触れました。この点についてもう少し考えを深めていくと、そもそも借りたいと思わせる魅力が自分の家にあるのかということを客観的に見つめ直すのも、1つのコツと言うことができるでしょう。

家を借りたいと思っている人が重視するのは、快適さや暮らしやすさです。快適さという点においては、清潔で設備も整っている家の方が高い価値を持っていると考える人が多いのは言うまでもないでしょう。
もし、借り手のニーズに対して不足していることが家にあるなら、借りてもらうためにリフォームなどを行う必要が出てくるかもしれません。費用がかかることですから、あらかじめその点についても想定をした上で資金計画を練っておくことが重要です。
また、借り手を探す中で、身内や友人など身近な人に家を貸すことがあるかもしれません。その場合には、いくら気心の知れた間柄であったとしても、自分の大事な財産である家を貸す以上は、きちんと契約書を交わしておくことが余計なトラブルを避けるコツでもあります。

将来を考えて戻る予定はありますか?

将来を考えて戻る予定はありますか?

将来戻る予定があるならリロケーションという選択肢も

リロケーションとは、留守になる家の管理を持ち主が自分で行うのではなく、依頼して行ってもらうサービスを指します。リロケーションを利用して家を貸す場合には、「定期借家契約」という契約が用いられます。これは、家の持ち主が将来帰ってくる時に合わせて、賃貸契約の期限を設定しておくというものです。
持ち主にとっては、自分の予定に合わせて家に戻り、再び暮らすことができるほか、留守中の自宅の管理を自分で行うというわずらわしさから解放されることがメリットと言えるでしょう。近い将来、再び住む予定があるけれど、家を貸し出す場合の手間を考えると億劫だという方にとっては、家を上手に活用するための1つの方法でもあります。

リロケーションを行っている会社の中には、一括借り上げの制度で空室分や滞納分の家賃が保証される場合もあります。保証される分だけ費用もかかりますが、検討してみる価値はあるかもしれません。このように、リロケーションは便利なサービスですが、活用するには費用がかかります。検討の際には、費用のことを含め、リロケーションの内容についてきちんと説明を受けるようにしましょう。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【家を貸すときには事前にしっかりとした計画を】
・行動を起こす前のシミュレーションが大切です。
・自分の家に借り手が魅力を感じるか客観的に見つめ直しましょう。
・親しい人に家を貸す場合にも、きちんと契約書を交わすようにしましょう。
・将来の予定によってはリロケーションで家を貸すという方法もあります。

家を貸すということには、メリットばかりでなくリスクも存在します。
その中で利益を生み出すためには、しっかりとしたマネー計画が重要になるでしょう。

リロケーション基礎講座の関連記事

家を貸す時のコツとは!?自宅の有効活用術 公開
家を貸す注意点って何?初心者必見!3つの落とし穴 公開
空き家の活用方法はこれで決まり!イケてる空き家対策 公開
転勤者必見。定期借家のオススメポイント 公開
賃貸管理で抑えておくべき3つのポイント 公開
民泊ってなに?そのメリット・デメリットをチェック! 公開
経営スタイルから見る民泊の上手な利用方法とは 公開
家賃の滞納や入居者の苦情は誰が対応する? 公開
賃貸の仲介会社の特徴・得意分野を知る 公開
管理会社とトラブルが発生した際の対応方法 公開
家を貸す種類について(普通借家と定期借家) 公開