リロケーションにかかる費用の総まとめ!

不動産のリロケーションを考える上で、気になるのが費用面だと思います。
リロケーションにかかる費用には様々なものがあり、入居者の募集開始時、入居時、そして随時かかる費用などがあります。
この記事では具体的な内容とあわせて、リロケーションの一連の流れについても解説します。

この記事を読むのにかかる時間:5分


この記事のライター
この記事のライター 安藤 篤司(土地活用プランナー) 大手不動産会社の営業を経て、土地活用プランナーに転身。
あらゆる賃貸物件を目にし、さまざまなオーナー・住人の声を聴いてきた経験を最大限に活かし、これから賃貸経営をスタートする大家さんに誠意あるアドバイスをすることがモットー。
【本記事へのライターコメント】

リロケーションに掛かる費用を知っておきましょう

入居者が決まるまでの流れと必要な費用は?

リロケーションにかかる費用の一つ目は、募集開始時にかかる費用です。
つまり、リロケーション会社が本格的に入居者の募集に着手したときに金銭のやり取りが生じます。
一般的には、管理委託申込料として1万円前後がかかることが多いです。業務を始めるにあたっての、着手金としての意味合いも強いです。
リロケーション会社と契約する場合、まずは管理委託申込料がどうなっているのか、という点についてはしっかり確認したほうがいいでしょう。
最近では、セールスポイントの一つとして管理委託申込料を無料にしている会社も増えました。
Webで検索すれば、そういった業者の情報も入手することができますので、参考にしてみてください。

リロケーション会社が入居者の募集を行い、めでたく入居者が決定しました。
では、どんな費用がどれだけかかってくるのでしょうか?
次のような費用がかかります。

1)事務手数料

リロケーション会社は、貸主の代理人として一切の事務手続きを行います。
審査、賃貸借契約の提携津、トラブル対応などその業務は様々です。
この業務を依頼するにあたりかかる費用と思っていてください。
リロケーション会社によって幅はありますが、大体賃料の1か月分が相場です。

2)保証金

俗にいう敷金に近いものです。建物の賃貸借契約が終了し、原状回復する際の費用として使われます。これも大体賃料の1か月分が相場となっています。

つまり、賃料の2か月分が諸費用としてかかる、と覚えておけばいいでしょう。

毎月掛かる費用や、その他かかる費用について見ていきましょう!

毎月掛かる費用や、その他かかる費用について見ていきましょう!
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

入居者が住み始めてからはどのような費用が必要になってくるでしょうか?

主に、管理手数料がかかります。
これは、リロケーション会社が貸主に代わって管理を行うことから、その業務にかかわる手数料を支払うというシステムにかかる費用です。一般的に、賃料の10%前後が相場と言われています。

また、リロケーション会社によっては、賃料保証サービスをオプションとしてつけている場合もあります。つまり、賃借人が賃料を滞納した場合でも、リロケーション会社が賃料を保証するという仕組みです。
この場合、管理手数料はさらに割高になるので注意しましょう。
リロケーション会社によっては、他にも様々なオプションをつけている場合があるので、契約前に再度確認してください。

その他かかる費用についても触れておきましょう。
賃貸している物件が、大規模な修繕を行う必要が出てきた場合、当然修繕費がかかります。
修繕の内容によって費用は様々ですが、高額の費用を請求される場合もあるので注意が必要です。 やはり、「こういう場合、修繕にかかる費用はどのように負担するか?」という点についてはしっかり話し合う必要があります。
しっかり確認し、納得がいくまで説明を受けましょう。当たり前のことですが、よく理解しないまま契約してしまうと、トラブルに巻き込まれる恐れもあります。

費用面についてご説明してまいりました。では実際にリロケーション会社はどのように選べばいいでしょうか?

実際にリロケーション会社はどのように選べばいいでしょうか?

費用だけで選ばない!良いリロケーション会社の選び方

ここまでを踏まえて、リロケーション会社を選ぶ際に重要なことを考えてみました。
やはり、リロケーション会社を選ぶとなると、どうしても費用だけに目が行きがちです。
費用を安く抑えられるなら、それに越したことはない、というのも一つの見方ではあります。

しかし、費用が安くても、いい加減な仕事で済ますリロケーション会社はどうでしょうか?

あまりいいリロケーション会社とは言えませんよね。費用だけにとらわれて選ぶのは得策ではありません。そこで、納得いく説明を受けられるかどうか、という点も大事にしてください。

リロケーション会社によって、サービス内容は異なりますが基本的にはこれだけの業務を委託します。これだけの業務をおまかせするわけですから、オーナーにとって自分の家を貸し出すということは多くの負担が掛かるものです。評判が良く、実績のある会社を選び安心して管理を任せましょう。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

リロケーションにかかる費用について、総合してまとめました。
「どの段階で、どんな費用がいくらかかるか」という流れを押さえておくこと、そして、費用が安いからという理由だけでリロケーション会社を選ぶことが得策ではないことがお分かりいただけたかと思います。
まずは、様々なリロケーション会社に問い合わせを行ってみるのを強くおすすめいたします。

リロケーションの基礎知識の関連記事

不動産のリロケーションって何?どんな意味? 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識 公開
古い持ち家を賃貸に出す際の建物の問題・リスク 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点 公開
リロケーション物件を借りるとき・貸すときのノウハウ 公開
定期借家と普通借家の違いとは? 公開
リロケーションによる収支計画と特徴について 公開
リロケーションに関係する法律知識 公開
主な管理委託契約の種類 公開
リロケーションと法律 公開
「売却」か「賃貸」か、悩んだら賃貸に出すべき理由 公開
規制緩和でマンション民泊が可能になった? 公開
不動産を賃貸に出すときの素朴な疑問 公開
リロケーションを始めるまでの期間 公開
気になるお金の話-かかる費用・賃貸収入・税金等は? 公開
リロケーションに関係する法律知識 公開
賃貸に適したリフォームとは? 公開
リロケーションの収支計画や利回りの正しい考え方 公開
リロケーション費用を払うタイミング 公開