転勤が決まったらリロケーション?空き家を手軽に上手に賃貸する方法とは

転勤によって家を空けることになった場合、いずれ戻ってくるのであれば売却してしまうわけにはいきませんが、そのまま空き家にしてしまうのももったいなく感じます。
そこでおすすめしたいのが「リロケーション」です。
ここでは、実際の事例を紹介しつつ、リロケーションについて詳しく解説します。

この記事を読むのにかかる時間:5分

転勤後の空き家を上手く活用するには?

転勤が決まった場合、考えなければならないのが、しばらく空けることになる家のことです。もう戻ってくることがないのであれば、売却したり賃貸したりすればいいのですが、いずれ戻ってくる予定がある場合、どちらも都合が悪いですよね。とはいえ、そのまま放置していては、その家は固定資産税やその他の管理費など、さまざまな費用がかかるだけの存在になってしまいます。

そんなとき、知っておいていただきたいのが「リロケーション」という方法です。
リロケーションは期間限定で家を賃貸するスタイルのことで、最近はリロケーションを仲介する会社が増えつつあります。

●リロケーションを始めるまでの流れ

転勤が決まった後、しばらく留守にすることになる部屋をリロケーションする場合、以下のような流れで手続きが進んでいきます。
1.リロケーションサービス会社を選ぶ。
2.室内のクリーニングやリフォームを行い、賃貸できる状態にする。
3.入居条件などを決めたうえで入居者の募集・審査をする。
4.入居者が決定したら契約を締結し、リロケーションをスタート。

リロケーションという選択をすれば、転勤後も一定の副収入を確保しつつ自分の家を守ることができるのです。

そもそもリロケーションとはどんなものでしょうか。

そもそもリロケーションとはどんなものでしょうか。
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

リロケーションとはどういうものなのか

転勤などの事情でしばらく留守にすることになった家の活用法のひとつである「リロケーション」ですが、そもそもこれはどのようなものなのでしょうか。

リロケーションとは、海外赴任や転勤などによって留守にすることになった家を、一定期間賃貸するサービスです。
通常の賃貸借契約の場合、一度貸してしまうと、よほどの事情がない限り契約更新の拒絶は難しくなります。そのため、留守にする家を一般的な賃貸借契約によって賃貸してしまった場合、その家に戻りたくても戻れないか、高額な立ち退き料を支払わなければならないという事態に陥ってしまう可能性があります。
これに対してリロケーションは、「一定期間」に限定して家を賃貸します。そのため、リロケーションを選択すれば、留守にする期間に限定して空いている家を有効活用することができるのです。

●2タイプに分類されるリロケーション

リロケーションには、大きく分けて2つのタイプがあります。「転貸借タイプ」と「代理委託タイプ」です。

転貸借タイプは、入居者の募集や物件の管理をリロケーション会社が一括して行うもので、家賃滞納保証がついたり、入居者とのトラブルを解決してもらえたりするメリットがある反面、会社に支払うコストが大きくなる、入居者の詳細を把握しづらい、といったデメリットもあります。

代理委託タイプは、リロケーション会社が家の所有者の代理人となり、入居者との間で交わす契約業務を代行します。会社に払うコストは安く抑えられますが、家賃滞納のリスクを抱える、入居者とのトラブル解決を自ら行わなければならない、いったデメリットもあります。

リロケーションのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか

リロケーションのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか

リロケーションのメリット・デメリット

リロケーションには、さまざまなメリット・デメリットがあります。転勤が決まってからはじっくり考える時間をとることもできないので、どのようなメリット・デメリットがあるのかしっかりチェックしておきましょう。

●リロケーションのメリット

リロケーションには、以下のようなメリットがあります。
・家賃収入が得られる
・自ら管理しなくても、留守の間は入居者に管理してもらえる
・木造住宅の場合、留守の間も人が住むことによって湿気などを原因とする構造的ダメージを避けられる
・不審者の侵入など犯罪被害のリスクが低くなる
・空き家を有効に活用することができる

●リロケーションのデメリット

リロケーションには以下のようなデメリットがあるため、さまざまなリスクを想定したうえで、これらを回避する対策を考えておく必要があります。
・賃貸期間中は、家を明け渡してもらうことができない
・入居者の管理状態によっては、家が傷む可能性がある
・家賃が滞納される
・借り手が決まらず、空室が続く可能性がある
・居住可能期間が決まっているため、家賃を周辺地域の相場より低く設定しなければならない可能性がある

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【空き家活用法の選択肢は広がっている】
・転勤などでしばらく家を空ける場合、リロケーションという選択肢がある
・リロケーションなら、留守にする期間に限って家を有効活用することができる
・リロケーションには、メリットだけでなく、さまざまなデメリットがある

リロケーションは、空き家を活用する有効な手段のひとつです。
転勤によって家を空ける可能性がある方は、これを機会にリロケーションという方法を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

リロケーションの基礎知識の関連記事

マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
期間限定で貸し出す!短いスパンでの賃貸(リロケーション)について|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
転勤が決まったらリロケーション?空き家を手軽に上手に賃貸する方法とは|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリースとは?「家を貸す」ことがなぜ社会問題化しているのか|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーション会社を選ぶ時はここに注目!|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ!|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開