サブリースを利用する4つのメリットのまとめ

サブリースを利用すれば、物件のオーナーにとって有利な経営をできる、というメリットがあります。
このメリットについて、より具体的に4つのポイントから解説してみました。
やはり、プロの手を借りるというのは大きなメリットです。

この記事を読むのにかかる時間:5分

そもそもサブリースって何?

サブリースのメリットについて話す前に、そもそもサブリースが何か、という点について触れましょう。
サブリースは、物件を一括賃貸し、それを分割またはそのままの状態で第三者に転貸することをいいます。
つまり、物件の賃貸から維持にかかわるすべてのプロセスを、サブリース会社と呼ばれるプロに任せてしまう、と考えておけばわかりやすいでしょう。
サブリースを一言でいうと、「何から何までプロに任せること」と覚えてください。
ここで、物件のオーナー、不動産会社、実際の入居者の関係を人の図に表すとこうなります。

どこで、どんな取引が生じるのかを押さえれば、よりこれから説明するメリットがわかりやすくなるでしょう。

サブリースのメリットその1・空室リスクからの解放

それでは、サブリースのメリットについて、具体的な話に移りましょう。
最大のメリットは、空室リスクから解放されることかもしれません。
つまり、たとえ物件に空室が出たとしても、オーナーには家賃が入ってくるのです。
サブリースの形態をとらなかった場合、空室が出るとその分の家賃は入ってきません。
早急に空室を解消する手立てを打たないと、いつまでたっても空室は埋まらず、固定費ばかりがかさんでいく、という結果になってしまう可能性もあります。
サブリースの場合、この点が解消されています。
つまり、基本的には毎月一定の賃料がオーナーに入ってくるという契約なのです。
オーナーが空室の心配をしなくて済む、というのはやはり大きなメリットでしょう。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

サブリースのメリットその2・家賃が回収できる

空室の心配をしなくて済む、というメリットは、別のメリットにも結び付きます。
仮に物件に入居者がいたとしても、家賃が入ってこないリスクはつきまといます。
つまり、入居者が家賃を払ってくれない、という事態です。
こんなことが起こってしまった場合、オーナーが不動産経営や法律のプロでもない限りは、自力解決はまず不可能です。
しかし、サブリース会社を介在させていた場合、事情は少し異なります。
サブリース会社が家賃の取り立ての手続きを代行してくれたり、家賃保証特約を付けていたり、と様々な対策を講じているのです。
そのため、オーナーは基本的に、入居者から家賃が回収できないことを心配する必要はありません。

サブリースのメリットその3・面倒さがない

一般的に、サブリースは次の流れを経て行われます。
図表で見たほうがわかりやすいと思うので、ご覧ください。

図

この図を見てもわかるように、物件のオーナーがやらなくてはいけないのは、管理会社(いわゆるサブリース会社)とのやり取りだけです。
実際の入居者とのやりとりは、全部サブリース会社がやってくれます。
これが何を意味するかわかるでしょうか。
繰り返しになりますが、「面倒くさいことは何もしなくていい」ということです。
入居者とのトラブルに頭を悩ませる必要もないし、入居者を探して右往左往する必要もありません。
やはり、入居者とのやり取りはある程度のノウハウがないと難しいものです。
プロの手を借りられるのは、やはり心強いでしょう。

サブリースのメリットその4・確定申告が楽

自分で入居者を探し、アフターフォローを行う形で不動産所得を得ている場合、経費計算だけでもものすごい手間になります。

不動産経営を専業でやっているならまだしも、本業が他にある場合、経費計算もかなりの負担になるかもしれません。
ましてや確定申告は毎年2月16日から3月15日までと期限が厳密に決まっています。
それに間に合わないと何かと大変です。

延滞税もかかりますし、金融機関から新たに資金を借り入れる際にも不利になります。
何が何でも間に合わせる必要があるようです。
サブリースの形態をとった場合、経費は基本的にサブリース会社に支払う手数料のみとなります。 集計も楽です。
また、確定申告でわからないことがあれば、
サブリース会社が提携している税理士のアドバイスも受けられます。
確定申告も経験がなければなかなか難しいもの。
サポート体制があるのは心強いです!

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

サブリースの4つのメリットについてまとめました。
やはり、プロの手を借りられる、というメリットから派生しているといっていいでしょう。
お金を払ってプロに頼む、ということは、それなりに理由があるから頼むものです。
信頼できるサブリース会社と出会えれば、、オーナーは少ない負担で賃貸経営ができます。
裏を貸せば、オーナーの負担を減らせるサブリース会社こそ、いいサブリース会社かもしれません。

サブリースの関連記事

サブリースが必要な理由は?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
契約までのおおまかな流れ|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリースってどんなシステム?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
企業によってこんなに違う!様々なサービス内容|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリースを利用する4つのメリットのまとめ|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリースのデメリット・問題点とその解決方法|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリースの契約時、ここに気を付けよう!|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
良いサブリース会社選びのポイント|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリースと一括借り上げどう違うの?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
出来るの?駐車場のサブリースとは|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
自己負担はあるの?サブリースで実際にかかる費用|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリースと一般管理委託の違いは手数料だけではない理由|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリース方式と管理委託方式の違いを比較しよう|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開