賃貸経営も、マイホームも!という人には利点の多い賃貸併用住宅

自分の家と賃貸用物件、両方を建てるのはやっぱり予算のこともあるから難しいと思っている人は、「賃貸併用住宅」を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか? 賃貸併用住宅の利点を生かせば、賃貸経営しながらマイホームも手に入れることができます。
では、賃貸併用住宅とはどのようなものなのか解説しましょう。

この記事を読むのにかかる時間:5分

賃貸併用住宅とはどんなもの?

賃貸併用住宅というのは、1つの物件の中にオーナーが居住する部分と、他人に貸す部分の両方を備えている住宅のことです。
本来、一戸しか建てられないような狭い土地であっても、3階建て、4階建てなどの設計にすることによって賃貸部分を生み出すことができるため、 いわゆる大地主でなくても賃貸経営をすることが可能になるのです。具体的には、1階部分を賃貸にしていくつかの単身者用の部屋を作り、2階以上をオーナーの居住スペースにする方法などが考えられます。

ただし、気をつけなければならないのが、すべての土地について建物をいくらでも上に延ばすことができるわけではないことです。建築基準法によって「ここまでの床面積の建物しか建てられない」など基準が決まっているので、それを守ることは必要です。
そこで、自分の希望のプランと実際にどこまで可能なのかということを擦り合わせるため、専門知識を持つ人に相談しておく方がよいでしょう。

では、賃貸併用住宅には普通の賃貸用物件を購入するのと比べてどのような利点があるのかを考えてみましょう。 

賃貸併用住宅にはどんな利点があるのでしょうか。

どんな利点があるの? 

賃貸併用住宅にすると、どんな利点があるの?

賃貸併用住宅の利点には、上記の「狭い土地でも活用できる」というほかにも、さまざまなものがあります。

まず、「住宅ローンの金利を適用して購入できる」という点が、賃貸経営にとっては大きなメリットでしょう。住宅ローンの金利は、通常の賃貸専用物件を購入する際に使われる「事業用ローン」よりもかなり有利な設定になっています。そして、借入れ期間も住宅ローンであればより長い期間が認められやすくなります。

また、賃貸併用住宅を相続対策や節税対策として利用する人も多いようです。
相続の際に、1つの土地しかなく、それを相続できない相続人に公平な形で分けられる預貯金がない場合を考えてみましょう。あらかじめ賃貸併用住宅を建てて賃料収入を得られるようにしておき、その現金を保険料にして、被相続人(亡くなった人)が死亡した際に不動産を相続できない子どもが受け取れる死亡保険に入っておくのです。

さらに、賃貸併用住宅は節税においても効果を発揮します。たとえば、自宅用として持つ土地よりも賃貸用の土地や建物の方が相続税評価額を下げることができるので、相続税をより安くすることができます。

住宅ローンを適用できる条件とは

住宅ローンを適用できる条件とは

住宅ローンを適用できる条件は?

賃貸経営を考える人にとって、「物件を建てる際のローン金利」は、最終的に利益を出すための重要なポイントです。住宅ローンの金利はかつてないほどの低金利時代を迎えており、もしそのような条件で借りることができれば、ローン負担が少なくなることで、より多くの利益を手元に残すことができるのです。

住宅ローンを借りられる条件としては、建築した賃貸併用住宅のうち、オーナーが住む住居部分の床面積が2分の1を超えていなければなりません。そして、事業用ローンとは審査の基準が異なることも知っておきましょう。

住宅ローンの場合、その人の属性(年収、勤務先、年齢、勤続年数)や返済負担率(年収に対するローン返済額の割合)などの要素を重視して融資審査が行われます。事業用ローンの場合は、もちろん本人の属性も見られるものの、その物件自体の収益性(賃貸物件として入居者が集まりそうか?採算が取れそうか?)が重視されることが特徴です。
もし審査に通り、住宅ローンとして借りることができれば、いわゆる「住宅ローン控除」(ローン残額に応じて所得税のうち一定金額が戻ってくる措置)を受けることもできます。



あなたに最適な土地活用プランを検索!
土地活用プランを徹底比較
STEP01
建設予定の都道府県を選択
STEP02
土地はお持ちですか?

この記事のまとめ

【賃貸併用住宅の利点を生かして上手な賃貸経営を】
・賃貸併用住宅は、比較的狭い土地でも可能な賃貸経営の方法である
・賃貸併用住宅は、相続や税金対策としても利点が多い
・賃貸併用住宅を建てるのであれば住宅ローンとしての借入れを検討する

賃貸併用住宅により受けられるメリットを正しく理解して建てれば、理想の家を獲得した上に税金対策まですることができるのです。

賃貸経営の基礎知識の関連記事

高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリット・デメリットと注意点
高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリット・デメリットと注意点 公開
土地活用は立地で決まる!10パターンの立地と適した活用方法とは
土地活用は立地で決まる!10パターンの立地と適した活用方法とは 公開
土地活用の手段にソーラーパネル設置はあり?特徴を解説
土地活用の手段にソーラーパネル設置はあり?特徴を解説 公開
市街化調整区域も土地活用できる?土地活用の手段を解説
市街化調整区域も土地活用できる?土地活用の手段を解説 公開
借地の土地活用とは?他の活用との違いや事業用定期借地権を解説
借地の土地活用とは?他の活用との違いや事業用定期借地権を解説 公開
土地活用業界ランキングと業界の新たな動きと今後の展望とは
土地活用業界ランキングと業界の新たな動きと今後の展望とは 公開
土地活用に貸倉庫経営はあり?メリットとデメリットを解説
土地活用に貸倉庫経営はあり?メリットとデメリットを解説 公開
土地活用に店舗経営はあり?メリットとデメリットを解説
土地活用に店舗経営はあり?メリットとデメリットを解説 公開
農地の土地活用はどうしたら良い?3つの活用パターンを解説
農地の土地活用はどうしたら良い?3つの活用パターンを解説 公開
介護施設で土地活用を行う場合のメリットとデメリットを解説
介護施設で土地活用を行う場合のメリットとデメリットを解説 公開
土地活用の4つのノウハウを理解して絶対に成功させるための方法
土地活用の4つのノウハウを理解して絶対に成功させるための方法 公開
土地活用として商業施設を建てるために重要な4つのポイント
土地活用として商業施設を建てるために重要な4つのポイント 公開
アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策
アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策 公開
戸建て賃貸経営を初めてでも絶対に成功させるための3つのポイント
戸建て賃貸経営を初めてでも絶対に成功させるための3つのポイント 公開
不動産相続の流れと手続き|被相続人の死亡後にできる相続税対策まで
不動産相続の流れと手続き|被相続人の死亡後にできる相続税対策まで 公開
リスクに正しく対処しよう!シェアハウス経営のメリット・デメリット
リスクに正しく対処しよう!シェアハウス経営のメリット・デメリット 公開
マンション経営の経費について押さえておくべき必須事項
マンション経営の経費について押さえておくべき必須事項 公開
アパート経営はするな!?借金・失敗など初心者が注意すべき7つのリスクを解説
アパート経営はするな!?借金・失敗など初心者が注意すべき7つのリスクを解説 公開
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線 公開
【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで
【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで 公開