【賃貸経営】アパート経営のトレンドとは?

この記事を読むのにかかる時間:5分

このコラムのポイント今読んでもおもしろいアーカイブ記事です。

今回は、アパート経営における「住まいのトレンド」というテーマでお伝えしたいと思います。
洋服やヘアスタイルにトレンドがあるように、住まいにもそれがあります。 アパート経営をするにあたって、住まいのトレンドについて知っておくことも大切なのですが...。早速見ていきましょう!

アパートを建てたいと思ったら。
必要なのはアパートの差別化戦略!
土地活用に関する資料請求はこちら!

[PR]収益性・リスク回避策を正しく把握したい方へ!

運営実績16年のイエカレが提携する成功実績が豊富なご安心頂けるメーカーをご紹介。一括資料請求ができるからご負担なくご検討が可能です! 建設希望地の入居率評価・設計建築費・収益性・リスク回避策を正しく把握したい方へ。お土地探しからのご相談も可。/全国80社の建築メーカーと提携。完全無料。ご利用はこちらから。

今の住まいのトレンド「リビ充家族」って?

アパート住まいのトレンドは「リビ充家族」?

いつの時代でも、ファッションと同じように住まいにも流行りがあります。今どきの言葉ではトレンドと言うのでしょうが、最近の「住まいトレンド」と言えば「リビ充家族」と言う言葉がトレンドキーワードになっているそうです。あなたはご存知だったでしょうか?

何となく想像がつくかもしれませんが、リビ充家族とは「広いリビングに家族全員が集合して、それぞれが好きなことをしながらも、充実した時間を過ごしている様子」のことを言うそうです。昭和世代の「家族団らん」だと「家族が居間に集まって一緒にテレビを見る」といった様子が思い出されますが、それとはまた違ったイメージですね!

リビ充家族の話しを持ち出したのには理由があります。「これが今の住まいのトレンドだ!」と押し付けられると大袈裟にも思えてしまうのですが、アパート経営を検討する時、オーナーの頭のなかに「自分が提供するアパート」で「入居者に過ごして欲しい理想の生活イメージ」が描かれていないとミスマッチが起きてしまうからです。

どういうことかと言いますと、一般的に、入居希望者が賃貸物件の部屋探しをするとき「水回り」と並んで「リビング」も必ず重視すると言っても過言ではありません。ですから、アパート経営でもやはりリビングが充実している物件が提供できないと、別のアパートへ入居希望者が取られてしまいかねないということなのです。

多くの人が「リビングの広さ」と「リビングで過ごす時間」を重視するようになっているなら、アパート経営でも、LDK(リビング,ダイニング,キッチン)の広さ、リビングの最大化・快適性にこだわった部屋が提供できるように気を配るべきでしょう。

●リビ充とは具体的にどういうものなのでしょうか?

ちなみに「リビ充家族」と呼ばれる家族は、リビングで以下のようなことをしているようです。

    ・食事
    ・家事(子供による手伝いも含む)
    ・テレビを見る
    ・スマホやPCでSNSやゲームなど
    ・仕事
    ・読書
    ・メイク
    ・ボディケア
    ・子供の宿題(親による手伝いも含む)
    ・その他、自分の趣味

こうして見てみると、リビ充家族は、リビングで自分がやりたいことをしながらも、家族と一緒にいる時間を大切にしながら毎日過ごしている様子が伺えます。

次は部屋探しのトレンドです!

部屋探しのトレンドはVR内覧

アパート経営を成功させるには、空室ができないように入居者の募集に力を入れなければなりません。空室が出てしまってもその空室期間をできる限り短くすることです。

そして、この入居者の募集にも、住まいと同じようにトレンドが存在するというわけです。
そのため、アパート経営をするなら、今度は「住まい探しのトレンド」を把握しておいて、時代の流れに合った方法も取り入れながら入居希望者探していかなければなりません。

では、現在の部屋探しのトレンドは、どのようになっているのでしょうか?

● VR内覧で遠方の入居希望者にも対応可能に

部屋探しでは「VR内覧」がトレンドになるのではないかと予測されています。

VRとはバーチャル・リアリティーの略で、特殊なゴーグルを装着することで物件内の様子を360度見渡すことができます。 もちろん、部屋探しの基本は現地に足を運んで実際に物件を内覧することですが、遠方にお住いの方や仕事で時間が取れない方の場合、内覧のためだけに現地へ足を運ぶのが難しい場合もあります。

これはそうしたニーズに応えた製品です。このVR技術を使えば、バーチャル映像ではあるものの、部屋の中を歩いて物件内を詳しく見ることができます。

最近はウェブサイト上でVR内覧サービスを提供する不動産会社が増加する傾向にあり、今後もVR内覧可能な物件が増えていくことが予想されます。
※追記:2020年から続いた新型コロナの問題では、実際に「内覧が開催できない状況」が続いたことから、この技術を取り入れる不動産仲介業者が加速度的に増えました。

入居率の維持率が高いコンセプト型賃貸!
土地活用に関する資料請求はこちら!

しっかりと利益が出せる賃貸経営を!

特定の入居者を集めて入居率を維持するコンセプト型賃貸や、脱炭素社会で省エネ、また災害対策を意識した設計も必要かもしれません。 将来を見越した次世代型アパート経営で次世代へ継承できる収益資産を作りたい方へ。完全無料でメーカー各社の最新プランを徹底比較可能です。 お土地探しからのご相談も可。/全国80社の建築メーカーと提携。完全無料。ご利用はこちらから。

トレンドを意識しすぎてコレを忘れてはいけません。

アパート経営をするうえで忘れてはならないこと

ここまで住まいや部屋探しに関するトレンドについてご紹介してきましたが、アパート経営を検討するときは、単純に、ただトレンドを追いかけて物件をつくればいいというものではありません。

より多くの入居者を確保してアパート経営を成功させるには、賃貸する部屋をより多くの人に気に入ってもらえるようにするだけでなく、まずは、できるだけ多くの人に「嫌われない」ようにすることも大切です。

この点は、その時のトレンドだけに流され過ぎてしまい、結果として万人受けしない間取りや内装・外装にしてしまうと、数年後、その時のトレンドが廃れてしまう頃になって「入居者が見つかりにくくなり、空室が目立つようになった」という事態に陥いる危険性があることです。

今年はリビ充家族がトレンドであって、この点を意識することはとても大切ですが、多くの人に支持される物件づくりを意識することは、それ以上に大切です。

●トレンドを意識しつつも嫌われない物件づくりを

一般的に不動産物件は、長期間にわたって賃貸するものです。物件を建てる時期よりも実際に経営をする期間の方が圧倒的に長くなります。

そのため、アパート経営をするにあたっては、物件を建てた時のトレンドが終焉を迎えても入居者が安全かつ快適に生活することができる物件づくりを意識する必要があります。

入居者により良いもの、新しいものを取り入れて付加価値を提供する姿勢はとても大切です。ただ、今のトレンドだけを意識しすぎて数年後の入居希望者の関心を失ってしまわないよう注意したいものですね。


この記事のまとめ

【トレンドを意識しつつもアパート経営の基本を大切に!】

・時代に沿った住まいのトレンドを意識することは大事ですが、それだけに拘るのは危険です。

・部屋探しのトレンドとしてVR内覧が登場したように、新たな入居者募集方法も取り入れて行きましょう。


トレンドを意識することは大切です。しかし、そのバランスの取り方が難しいところがアパート経営の特徴とも言えます。

トレンドと言っても息の長いものもありますから、トレンドの移り変わりに敏感になりながらも、周辺地域のライバル物件や賃貸ニーズを調査した上で、専門家の意見も聞きながら、ターゲティングをした入居者に付加価値ある物件を提供できるようにすることが大切になります。

ご成功をお祈りします!【初回公開日2017年03月16日】

イエカレについて
イエカレとは-イエカレの取り組みについて

イエカレとは-イエカレの取り組みについて

イエカレとは、日本最大級の不動産の総合比較サイトです。皆さまの不動産に関する不安やお悩みを解決できるように、不動産コラムを通じて、日々最新の不動産情報の発信や、一括無料査定サービスの提供などに取り組んでいます。

この記事について

(記事企画/監修)イエカレ編集部
【イエカレ】不動産コラムを通じた最新の不動産情報の発信や、一括無料査定サービスの提供をしています。
Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

賃貸経営の基礎知識の関連記事

【土地の活用方法】立地で決まる!10パターンの立地と適した活用方法
【土地の活用方法】立地で決まる!10パターンの立地と適した活用方法 公開
【脱炭素時代のアパート建築】入居者の選択基準を変えるZEH(ゼッチ)賃貸と在宅勤務仕様
【脱炭素時代のアパート建築】入居者の選択基準を変えるZEH(ゼッチ)賃貸と在宅勤務仕様 公開
【アパート・マンション建築】 成功率を上げるための5つのコツ
【アパート・マンション建築】 成功率を上げるための5つのコツ 公開
【賃貸経営の基礎知識】アパートやマンション経営に必要な費用について徹底解説
【賃貸経営の基礎知識】アパートやマンション経営に必要な費用について徹底解説 公開
【賃貸経営/災害対策】アパート経営で防災に備えておきたいこと!
【賃貸経営/災害対策】アパート経営で防災に備えておきたいこと! 公開
【賃貸経営】アパート経営のトレンドとは?
【賃貸経営】アパート経営のトレンドとは? 公開
【アパート経営】アパートやマンションの建築費について
【アパート経営】アパートやマンションの建築費について 公開
【土地活用】高い不労所得を期待できる4つのポイント
【土地活用】高い不労所得を期待できる4つのポイント 公開
【賃貸管理/空室対策】あたらしい土地活用の形!リノベーションで空室率を改善する!
【賃貸管理/空室対策】あたらしい土地活用の形!リノベーションで空室率を改善する! 公開
【賃貸経営】アパート経営者の平均収入は?土地活用で失敗しないための情報を徹底解説
【賃貸経営】アパート経営者の平均収入は?土地活用で失敗しないための情報を徹底解説 公開
【土地の活用方法】有料老人ホーム経営を考えているあなたに!経営を成功に導くポイント
【土地の活用方法】有料老人ホーム経営を考えているあなたに!経営を成功に導くポイント 公開
【土地の有効活用】今すぐ知っておきたい!計画前の事前調査
【土地の有効活用】今すぐ知っておきたい!計画前の事前調査 公開
【アパート・マンション建築】 建築費高騰・原材料高騰で建築会社が工夫している7つのこと!
【アパート・マンション建築】 建築費高騰・原材料高騰で建築会社が工夫している7つのこと! 公開
【土地活用】短期でできる土地活用 20個のアイデアを紹介
【土地活用】短期でできる土地活用 20個のアイデアを紹介 公開
【土地活用】傾斜地や路地状敷地(旗竿地)でアパート建築はできる?活用方法を解説
【土地活用】傾斜地や路地状敷地(旗竿地)でアパート建築はできる?活用方法を解説 公開
【土地活用】再建築不可といわれた土地の活用方法はどうやる?対策を解説!
【土地活用】再建築不可といわれた土地の活用方法はどうやる?対策を解説! 公開
【アパート・マンション建築】 乗り切ろう建築費高騰!乗り切る秘訣とは
【アパート・マンション建築】 乗り切ろう建築費高騰!乗り切る秘訣とは 公開
【賃貸経営の基礎知識】地価公示の概要と公示価格が与える賃貸需要への影響について
【賃貸経営の基礎知識】地価公示の概要と公示価格が与える賃貸需要への影響について 公開
【アパート経営の基礎知識】土地診断の重要性について!収益性を事前調査してリスク対策!
【アパート経営の基礎知識】土地診断の重要性について!収益性を事前調査してリスク対策! 公開
【土地の活用方法】多様化する土地活用!狭い土地で収益を上げる賃貸併用住宅とは?
【土地の活用方法】多様化する土地活用!狭い土地で収益を上げる賃貸併用住宅とは? 公開