築年数が30年を超え入居率が悪いのですが修繕工事は必要ですか?

不動産管理に関するお悩み・疑問を解決します!

この記事を読むのにかかる時間:2分

A、する事をおススメします。

築年数は賃貸物件としての個別格差が顕著に現れます。
お客さんの立場になって考えるとお分かりになると思います。

単純な話、ある物件が同じ間取で同じ値段、築年数だけ浅いのと深いのとではあなたはどちらを選びますか?
そのため、築30年以上の物件の場合は中途半端な費用では効果があまり見込めません。
なので、まったく別の物に作り替える勢いで一新しなければ投資対効果は出ないでしょう。

その他にも建物の修繕工事は、見た目を綺麗に回復させたり最新の設備等を導入したりすることにより資産としての価値を回復もしくは維持させることも期待できるでしょう。
老朽化が進んだ建物に関しては入居率ダウン以外にも時に思わぬ事故を招いてしまうこともあります。
万一のトラブルを避けるためにも適切な修繕工事をおこない、空室の少ない物件にしたいと考えるオーナーさんは多いでしょう。

どの程度の修繕工事を行いたいのか、貸し出すためにはどのくらいの修繕工事が必要になるのかなど、細かい部分に関しては不動産会社に質問を投げかけてみるといいかと思います。

あなたのお悩みをズバッと解決!!不動産の知恵袋

FAQーよくあるご質問ーの関連記事

賃貸管理で管理会社に支払う手数料はいくら?メリットと注意点も解説|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
築年数が30年を超え入居率が悪いのですが修繕工事は必要ですか?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開