リロケーションの家賃相場

所有している分譲物件をリロケーション物件として貸し出す際には、確実に家賃を得る必要があります。特に住宅ローンが残っている場合、家賃収入を住宅ローンの返済に充てることが多いために家賃収入は必須だと言えま

この記事を読むのにかかる時間:5分

安定した収入を得るために

所有している分譲物件をリロケーション物件として貸し出す際には、確実に家賃を得る必要があります。特に住宅ローンが残っている場合、 家賃収入を住宅ローンの返済に充てることが多いために家賃収入は必須だと言えます。
物件に入居希望者を集め、確実に入居させ家賃を支払ってもらうためには、適切な金額を設定することが必要です。賃貸物件を探している人にとって家賃は優先項目の最上位にあるため、 近隣の家賃相場と比べて高い家賃では入居候補から外れてしまうのです。
また、賃貸経営では入居者が家賃を支払わないケースがありますが、現在ではリロケーション物件管理会社による家賃保証や滞納保証があるため、 そういったサービスを活用すればリロケーション物件によって安定して家賃収入を得ることが出来るのです。

家賃相場の調べ方

リロケーション物件の入居募集を行う際は、家賃相場を調べて適切な家賃で募集しなければなりません。
家賃相場の調べ方は、インターネットを利用するのが一般的です。地域を指定し、間取りを設定すれば物件と家賃が一覧表示されるため簡単に調べることが出来ます。
家賃相場を調べる際に注意しなければならないのは、一般賃貸物件とリロケーション物件の違いを考慮するという点です。
リロケーション物件では多くの場合オーナーの転勤期間が終了し、帰任する時期に合わせて契約が終了する定期借家契約を締結します。
定期借家契約ではオーナーの同意がなければ更新することが出来ないため、一般の賃貸物件と比較して家賃を安く設定しなければ入居希望者が現れないのです。
しかし、駅からの距離や周辺施設などの立地が良ければ家賃を高く設定することも可能です。

契約年数の違い

リロケーション物件では、契約年数によっても家賃が変動します。
一般的な賃貸契約では、オーナーと借り主の間で賃貸借契約を締結します。
この場合、二年ごとに契約が切れますが借り主が契約を更新する意志があればオーナーは拒否することが出来ません。
しかし、リロケーション物件の賃貸契約で締結する定期借家契約では、契約書に定められた契約年数が満了すれば、借り主が更新を希望してもオーナーは拒否することが出来るのです。
また、契約期間は自由に設定することが出来ます。
借り主としては、出来るだけ長い間住み続けたいという希望があります。そのため、オーナーの都合で定期借家契約による契約年数が短い場合は、相場と比較して安い家賃を設定する必要があるのです。
特に2年未満の契約年数を希望する場合は気をつけなければなりません。

自宅の賃料の相場を知るの関連記事

適正な賃貸料の決め方とは?
適正な賃貸料の決め方とは? 公開
入居後の建物と賃料の管理について
入居後の建物と賃料の管理について 公開
自宅の賃料相場を調べる
自宅の賃料相場を調べる 公開
リロケーションの一括家賃査定について
リロケーションの一括家賃査定について 公開
家賃相場を決める要素
家賃相場を決める要素 公開
リロケーションの家賃相場
リロケーションの家賃相場 公開