家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点

転勤、相続など様々な理由で家を貸したい場合、何に気を付ければいいのでしょうか?
価格を知り、できることをやっていけば、高く貸せるかもしれません。
そこで、ぜひ取り入れてほしいテクニックをまとめました。

この記事を読むのにかかる時間:5分


なぜ、家をいくらで貸せるかを知るべきか?

家を貸したい場合、背景には様々な理由があるはずです。
転勤で家を空けてしまう、家族の介護で実家に戻らなければいけなくなった......
こういった場合、家を売ることも選択肢に入ります。
しかし、家を売るのは簡単にはいきません。
ローン残高が残っている場合、ローンを完済することが家を売却する条件となっていることが多いからです
ローンを完済できるだけの資金があるなら問題ありませんが、そうもいかない場合、人に貸す方向で考えましょう。
人に貸していれば、その間は家賃が収益として入ってきます。
それを使って、ローンを少しずつでも返していければ、かなりプラスになるでしょう。
でも、それにはいくらで家を貸せるかを知るのが一番です。
いくらで貸せるか知ることができなければ、資金計画も立ちません。
「家を貸そうかな」と思った場合、まっさきに「実際、いくらで貸せるんだろう?」と考えていただきたいところです。

家をいくらで貸せるか知るには?

では、家をいくらで貸せるか知るには、一体何をすればいいのでしょうか?
たいていの人が思いつくのが、不動産会社に問い合わせることでしょう。
家の近くの不動産会社に行き、「家を貸したいんですが...」と相談してみてください。
どれくらいの賃料がもらえそうなのかという査定をしっかりやってくれるはずです。
しかし、ここで問題が発生します。
「どこの不動産会社を選べばいいかもわからない」ということです。
殆んどの方にとって、不動産会社はあまりお世話になるものではありません。
不動産会社の良し悪しなんて、分からないのは無理もありません。
そこで、ある程度不動産会社を絞り込む必要があります。
絞り込みに使えるのが、一括査定サイトです。
イメージとしては、こういったサイトになっています。

イエカレ

物件タイプ、都道府県、物件所在地などの基礎データを入力すれば、内容に沿った相談が可能な不動産企業を紹介してくれます。
いつでもどこでも、家にいながらにして「最適な相談が可能な企業」を知ることができるのは本当に便利です。積極的に利用してみましょう。
不動産会社から電話やメールが一斉にきてしまう場合もあるので、申込時に希望連絡日時などを記載しておけば、対応も楽です。
それからは面倒な作業かもしれませんが、大事な資産である家を貸すわけですから、それなりに高い査定額をつけてくれる不動産会社が出るまで多くの査定書を集めることです。
それから優先順位をつけて、次のコンタクトにつなげていくと良いでしょう。

1円でも家を高く貸せるために何をするべきか?

さて、一括査定サイトをつかって、「大体、いくらで貸せるか」を知ったとします。
次に何をすればいいのでしょうか?
現実的にやらなければいけないのは、不動産会社との契約です
ここで、不動産会社との契約形態について考えてみましょう。

次の2つがあります。
媒介契約:不動産会社に入居者を紹介してもらい、オーナーが入居者の決定を行います。 納得がいく入居者を選べますが、手間がかかります。
代理契約:不動産会社が入居者の募集、決定を行います。

オーナーはほとんど何もする必要がありませんが、希望しない入居者が入る可能性がある点に注意が必要です。
貸したい家がどこにあるか、不動産会社とのやり取りに割く時間があるかどうかによって、どちらの契約を選ぶか決めてください。

イエカレ

自分の希望にマッチした契約形態を選べれば、納得のいく貸し方ができるでしょう。

家を貸せる場合に気を付けるべきことは?

このほかにも、不動産会社とのやりとり以外に、何かできることはないのでしょうか?
現実的に取りうる対応があるとしたら、即入居できる物件である、とアピールすることでしょう。

次の点に心がけておけば、かなり印象はよくなります。
・電気、ガス、水道を使えるようにしておく。
・家の中に余計なものを置かない。
・掃除を行き届かせる。
・必要に応じてリフォームも考える。
・火災保険、地震保険に加入しておく。
・入居希望者からの質問にはすぐに答えられるようにしておく。

入居希望者だって、少しでもコンディションのいい物件をリーズナブルな値段で借りたいのです。
希望がマッチすればするほど、高く貸せます。
そのためには、できることをしっかり行いましょう。

*あわせて読みたい:テレワークが不動産業に与える影響とは?

*あわせて読みたい:自宅の賃料相場を調べる

*あわせて読みたい:一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!

*あわせて読みたい:家を貸す注意点って何?初心者必見!3つの落とし穴

*あわせて読みたい:マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ?

*あわせて読みたい:不動産の賃貸-収支のシミュレーションを立てる

*あわせて読みたい:不動産の賃貸-管理委託の手数料について

*あわせて読みたい:転勤者必見。定期借家のオススメポイント

*あわせて読みたい:賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの?

*あわせて読みたい:不動産の賃貸-リロケーションの一括家賃査定について

*サブリース新法:賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

*あわせて読みたい:不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

*あわせて読みたい:不動産査定価格に影響するポイントは何か?まとめて解説

*あわせて読みたい:不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

リロケーションの基礎知識の関連記事

マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査
マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは?
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは? 公開
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い! 公開
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費 公開
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう 公開
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの?
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの? 公開
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ?
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ? 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ!
リロケーションにかかる費用の総まとめ! 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味?
不動産のリロケーションって何?どんな意味? 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識
リロケーションの確定申告のための基礎知識 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点 公開
古い持ち家を賃貸に出す際の建物の問題・リスク
古い持ち家を賃貸に出す際の建物の問題・リスク 公開
リロケーションを始めるまでの期間
リロケーションを始めるまでの期間 公開
気になるお金の話-かかる費用・賃貸収入・税金等は?
気になるお金の話-かかる費用・賃貸収入・税金等は? 公開
賃貸に適したリフォームとは?
賃貸に適したリフォームとは? 公開