一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!

マンションの管理費用を節約するには、自主管理が効果的です。しかし、自主管理にはさまざまなデメリットがあり、入居者からのクレームにつながることもあります。
ここでは、マンションの自主管理の是非や、入居者満足度を維持するために気をつけるべきことについて、詳しくご紹介します。

この記事を読むのにかかる時間:5分



徐々に人気の一戸建て賃貸について

徐々に増加傾向にある、「賃貸の一戸建て」

国土交通省のデータによれば、「賃貸の一戸建て」は、賃貸物件全体の中ではわずか2%程度にすぎません。最も人気があるのは、やはりマンションやアパートなどの「共同住宅」です。しかしながら、近年は少しずつではありますが、「賃貸の一戸建て」を選ぶ人も増えてきています。

一戸建ての賃貸は、借りる側にとっては、「騒音トラブルが起こりにくく、小さな子どもがいても安心」「収納スペースがたっぷりあり、物を片付けるのに困らない」「のびのびとした広い空間で暮らせる」「夜に洗濯機を回しても、真夜中にお風呂に入っても平気」といったメリットがあります。このような快適さが得られるのは、一戸建ての大きな魅力と言えるでしょう。

また、一戸建ては貸す側にとっても大きなメリットがあります。
一戸建ては、もちろん単身者でも借りることはできますが、基本的には家庭持ちの人が好む物件です。身元がしっかりしている人に貸すことができますし、長く住み続けてくれる人も多いようです。定着率の高さを考えれば、これはかなりオトクな物件だと言えるでしょう。貸す側にとっては、「空き物件」になっていることは非常に大きな痛手だからです。

一戸建てにこんな部屋があると借り手はうれしい!

一戸建てにこんな部屋があると借り手はうれしい!
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

お子さん向けの部屋を作るためのリフォーム

広くてきれいな家は、やはり人気です。特に小さいお子さんをお持ちのご家庭の場合は、内装の良し悪しを気にすることでしょう。
そのため、家の中をリフォームし、美しく住みやすい環境にしておくことは非常に重要です。初期投資はかかりますが、乾燥機があったり、食器洗い機が標準装備でついていたり、段差が少ない部屋の間取りだったりすれば、その分だけ借り手側からの評価もあがります。

「お子さん向けの部屋」を作ることを前提とするのであれば、ふすまや障子を多用した部屋ではなく、張り替えのしやすいクロスを壁紙として使用するとよいでしょう。
小さなお子さんは、クロスを破いてしまったり汚してしまったりすることが多いので、その手入れやリカバリーがしやすいようにしておくことも非常に重要な要素だと言えます。
また、お子さんがいる家庭は、その成長とともに、必要となる間取りも変わってくるものです。ある程度フレキシブルに対応できるような間取りにしておく(引き戸の開け閉めによって部屋の大きさを調整できるなど)のもよいかもしれません。

防犯には特に気をつけたいものです

防犯には特に気をつけたいものです

防犯性を高める工夫もしておきたい

「治安の良さ」も、物件選びを左右する重要な要素です。何を重要視するかは人によって異なりますが、「何でも調査団」が3290名を対象として行ったアンケートによれば、「周辺環境や立地が良いこと」が、引っ越しのときに重要視するポイントの1位として挙げられていました。特に、お子さんがいる家庭の場合は、「治安が良いこと」を重要視するでしょう。

すでに建っているマンションの場合、今から「周辺の治安や環境」をどうこうすることは現実的ではありません。しかし、家をDIYやリフォームで工夫することによって、貸しやすい家にすることができます。
1階の部屋であれば、貸す前に窓に鉄格子を入れたり、カギを防犯性の高いものに付け替えたり、窓を3重ロックのものに変えたりしましょう。そうすることによって、防犯性を高めた家を作ることができます。また、庭にも工夫をしたいもの。家の裏手側には音の出る砂利を敷き詰めるなどして、防犯性を高めましょう。

「貸す前に家を見直すこと」は、賃貸物件を運用するうえで非常に大切なことです。特に、家族で住む人が多いであろう一戸建ての場合は、十分に意識したいものですね。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【一戸建てを貸すときに取り組みたいこと】
・賃貸の一戸建ては、少しずつ増加している
・クロスや間取りを工夫して、家族持ちが住みやすい家にしよう
・防犯性を高めるための対策もお忘れなく
「家庭を持つ人」を対象として、リフォームやアピール方法を考えるようにしましょう。

リロケーションの基礎知識の関連記事

マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは? 公開
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い! 公開
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費 公開
期間限定で貸し出す!短いスパンでの賃貸(リロケーション)について 公開
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を 公開
転勤が決まったらリロケーション?空き家を手軽に上手に賃貸する方法とは 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう 公開
サブリースとは?「家を貸す」ことがなぜ社会問題化しているのか 公開
リロケーション会社を選ぶ時はここに注目! 公開
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの? 公開
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ? 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ! 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味? 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点 公開