空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を

リロケーションとは、住んでいない家を一時的に人に貸し出すことです。売買とは違い所有権は移りません。空き家を賃貸として貸し出す方法をご紹介いたします!

この記事を読むのにかかる時間:5分

「リロケーションなんて遠い話」と思ってない?

「リロケーション」という言葉は、あまり聞き慣れないものかもしれません。
しかし、リロケーションは、実は人生の節目節目で考える必要が出てくるものでもあります。

一番イメージしやすいのは、やはり「転勤」でしょう。一戸建てを買ったのにその半年後に辞令があって、ほかのところに引っ越さなければならなくなった、という場合です。
新しく引っ越すところでまた家を借りなければいけないけれど、買ったばかりの家のローンも残っている……。そんなとき、ローンの足しになるリロケーションは非常に役立ちます。

しかし、それ以外にも、さまざまなシチュエーションが考えられます。そのうちの1つが、「実家が空き家になった」というものでしょう。
あなたが結婚を機に家を出たとしましょう。もう地元に戻る気はないし、結婚したところで新居も構えた、という状況だと思ってください。
そんな状況で、実家のご両親が老人ホームに移ったりした場合はどうなるでしょうか。近場に兄弟姉妹などがいれば別ですが、そうでなければ、誰も住まない家ができてしまいます。

「使っていない家をどうするべきか」というのは大きな課題です。

売ってもいいし残しても良い。残す場合は賃貸が有効か!

売ってもいいし残しても良い。残す場合は賃貸が有効か!
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

「思い出に残しておきたい」という場合も賃貸は有効

「それならば売ってしまえばいい」と考える人もいるかもしれません。
しかし、ご両親が「私たちは老人ホームに移るが、思い出の残った家を壊してほしくない」「人生で一番大きな買い物。人のものになってしまうのはしのびない」と言い出したらどうでしょうか。この状況で、「売ること」を強行できる人はそれほど多くないでしょう。

ただ、家は「そこにあるだけ」でお金がかかります。築年数が経過した住宅は、新築の家に比べれば安くはなりますが、固定資産税がかかります。
また、万が一のために保険に入っているという場合は、その料金もかかります。
そんなときに考えたいのが、「賃貸物件にしてしまう」という方法です。「自分たちは住まない、しかし売ることもできない空き家」を、賃貸物件として貸し出すことで、管理費用の足しにするのです。

「空き家を貸し出すこと」には、当然デメリットもあります。賃貸広告を出したところで借り手がつくとは限りませんし、借り手によって家が汚されてしまう可能性もあります。
書類手続きなど、しなければならないことが増えるのもマイナス点でしょう。これを避けるために、「リロケーション」という手段があるのです。

賃貸に出すメリットは!

賃貸に出すメリットは!

空き家を賃貸に出すことにはそれ以上のメリットが

しかし、空き家を賃貸に出すことには、デメリット以上にメリットがあるのも確かです。上でも述べたお金に関することだけでなく、「人が住んでいることで、経年劣化が進みにくくなる」というメリットがあるのです。

人の住んでいない家は、荒れやすくなります。人間が生活していくうえで当たり前の手入れがされていないからです。また、もっとひどい場合は、空き家であることに目をつけた人間が、よからぬことを企むことも。たとえば、その家をたまり場にしたり、放火の対象にしたりする恐れもあります。
これらを防ぐことができるという意味でも、空き家を賃貸に出すメリットはあります。「家を手放すことなく、ある程度の収入を確保できて、家の手入れもしてもらえる」ということで、空き家を賃貸に出すことには意味があるのです。

リロケーションは、「家を手放さず、所有権を持ったまま、家賃収入を得たり、家が荒れたりするのを防げる」という、大きな意味があるものだと言えるでしょう。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【空き家を賃貸に出して賢く利用】
リロケーションには
・家が汚れる可能性がある
・手間がかかる
・手数料がかかる
というデメリットもありますが、
・思い出をそのまま残せる
・管理費用の足しにできる
・経年劣化を防げる
・防犯に役立つ
というメリットがあります。

親が住まなくなったことで、「住むことはできないが、売るにはしのびない空き家」ができてしまうことがあります。
そんなときに役に立つ選択肢が、「リロケーション」です。

リロケーションの基礎知識の関連記事

マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは? 公開
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い! 公開
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費 公開
期間限定で貸し出す!短いスパンでの賃貸(リロケーション)について 公開
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を 公開
転勤が決まったらリロケーション?空き家を手軽に上手に賃貸する方法とは 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう 公開
サブリースとは?「家を貸す」ことがなぜ社会問題化しているのか 公開
リロケーション会社を選ぶ時はここに注目! 公開
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの? 公開
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ? 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ! 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味? 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点 公開