家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは?

所有する賃貸物件の空室に悩んでいるオーナーさんに向けて、家賃のクレジットカード決済について解説します。
借り手側とオーナー側、両方の立場から考えるメリットなどを詳しくご紹介していきます。

この記事を読むのにかかる時間:5分



徐々に人気の一戸建て賃貸について

徐々に広がりをみせる家賃のクレジットカード決済

家賃のクレジットカード払いを可能にする動きが広がりを見せており、すでに複数の企業などで実施されています。

たとえば、大東建託では81万戸の賃貸物件で毎月の家賃のクレジットカード払いができる制度が2014年11月から開始されました。
それ以前にも、大東建託では入居時の初期費用に対するクレジットカード決済が2013年10月から行われていました。これは、株式会社HUBeesの「メールでビュン!」というシステムを活用したものです。2014年7月には分割払いやリボ払いも取り入れられ、利用している方にとってはより一層便利になりました。

アパマンショップネットワークでは、2010年5月1日から「"カード de 家賃"部屋」という制度を導入し、一部サービスのみ適用されていた家賃のクレジットカード払いの拡充が行われました。

不動産・住宅情報サイトであるHOME'Sでも、2015年1月19日からHOME'Sに加盟している賃貸物件を扱う不動産会社に向けて、入居費用や月々の家賃がクレジットカード決算できるサービスを始めました。

クレジットカードの保有率って高いんですよ!

クレジットカードの保有率って高いんですよ!
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

クレジットカードの高い保有率とポイントによる還元

賃貸物件の家賃の支払いにクレジットカード決済を導入することには、人々のクレジットカードの保有率にも関係があります。
JCBが全国の3,500人を対象に行った「【クレジットカードに関する総合調査】 2016年度版 調査結果レポート」において、クレジットカードの保有率は84.2%にものぼっています。さらに、クレジットカードの利用理由としては、「ポイントやマイルが貯めやすいから」が46.0%で一番多くなっています。この結果からもわかるように、クレジットカードによる支払いの大きな魅力は、ポイントなどで自分に還元されるということです。

レオパレス21が2016年5月に行った「ひとり暮らしと住み替えに関する実態調査」においては、ひとり暮らしをする人の平均家賃は月収の29%になるという結果が出ています。家賃は毎月支払うものですから、1年間で考えると支払い額が大きくなる場合が多々あります。そのため、どうせ支払うならポイントが付いた方がいいと人々が考えるのは、とても自然なことと言えるのではないでしょうか。

クレジットカードを導入すると集客力の向上につながるんです

クレジットカードを導入すると集客力の向上につながるんです

集客力アップの可能性もある家賃のクレジットカード決済

前述のポイントによる還元は、賃貸物件を借りる人が得られるであろうメリットでしたが、物件のオーナーにとってもクレジットカード決算を導入するメリットがあります。それは、集客力が高まる可能性があるということです。
2010年10月のUCカード会員に向けたアンケート結果では、「家賃や引越しの費用をクレジットカードで払いたいですか?」という問いに対して、73%の人が「払いたい」と回答しています。この結果からも、クレジットカード決算へのニーズの高さがわかるのではないでしょうか。

家賃のみならず、賃貸物件の契約時にかかる費用については、一度にまとまった額を支払う場合が多いため、やはり借り手にとっては負担になります。そのため、クレジットカードの利用により支払いの時期を調整することができるのは大きな魅力です。現金をすぐに用意できない場合でも契約の手続きができれば、借り手側のメリットを増やすことができ、それが集客につながることも考えられるでしょう。
賃貸物件の空室に悩んでいる場合には、その物件に付加価値を増やす1つの方法です。ただ、全ての物件において適用可能なわけではありません。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【クレジットカード決済の導入を検討する際には】
・クレジットカードの保有率の高さとクレジットカード決済に対するニーズの高さにより、家賃のクレジットカード決算は広がりを見せています。
・賃貸物件のオーナーにとっては、集客力が高まる可能性があるのがメリットです。
・すべての物件で適用になるとは限らないので注意が必要です。

家賃のクレジットカード決済を導入したい場合には、既に取り入れている管理会社や代理店などに相談してみるのもいいかもしれません。

リロケーションの基礎知識の関連記事

マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは? 公開
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い! 公開
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費 公開
期間限定で貸し出す!短いスパンでの賃貸(リロケーション)について 公開
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を 公開
転勤が決まったらリロケーション?空き家を手軽に上手に賃貸する方法とは 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう 公開
サブリースとは?「家を貸す」ことがなぜ社会問題化しているのか 公開
リロケーション会社を選ぶ時はここに注目! 公開
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの? 公開
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ? 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ! 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味? 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点 公開