主な管理委託契約の種類

不動産の管理は到底素人が手を出してできることではありません。
そこで、管理会社のサポートを受けるのが現実的な選択でしょう。
しかし、管理会社との契約形態は、2種類に分けられます。
両者の違いをしっかり押さえてください。

この記事を読むのにかかる時間:5分

管理委託契約には2種類ある

不動産を賃貸する場合、実際に管理をしてもらうのは管理会社、ということは多々あります。
自分で何もかもやろうとすると、やはり大変です。

そこで、不動産管理会社と契約を結ぶことになります。
ここで覚えておいていただきたいのは、この契約=管理委託契約には2種類あるということです。

一つは一般管理契約です。
オーナーと入居者が直接賃貸借契約を結ぶものの、入居者の募集など実際の管理業務は管理会社に委託する形の契約です。
言い換えれば、オーナーのサポートを行うのが管理会社、と考えればわかりやすいでしょう。
図表に表すと、次のようになります。

図表

もう一つは、一括借上管理契約です。
サブリース契約とも言います。
先ほどの一般管理契約と大きく違うのは、管理会社とオーナーとの関係です。
管理会社はオーナーから不動産を賃貸し、自ら貸主となって入居者に転貸するのがこの契約の特徴とも言えます。
つまりオーナーの代わりを務めるのが管理会社、と考えればわかりやすいでしょう。

図表

一般管理契約のメリット

では、不動産管理会社と一般管理契約を結んだ場合、どんなメリットがあるのでしょうか。

考えてみましょう。
やはり、一番大きなメリットとして指摘できるのは、オーナーの裁量で決められる部分が大きいということです。
基本的に、賃料の設定はオーナーが主導権を握って決めることができます。

また、敷金、礼金などの収入も得られるので、早い時期から賃貸収入を得ることが可能です。
主体的に物事に関わりたい、というオーナーだったら、こちらの方式がおすすめかもしれません

一般管理契約のデメリット

一方で、一般管理契約のデメリットは何でしょうか。

まず指摘しておきたいのが、入居者が現れない、家賃滞納などのリスクが常に付きまとうことです。
あくまで、一般管理契約ではオーナーと入居者が直接契約を結びます。
そのため、借手が原因で生じるリスクはすべて引き受ける覚悟でいないと難しいのも現実です。

また、費用が掛かるのも見逃せないポイントでしょう。
入居者を募集するにしても、管理会社が代わりにやってくれるわけではないので、相応の時間とお金が必要になります。
そして、入居者が退去した場合の原状回復、設備の故障などの修繕費用はオーナーが負担するのが基本です。
ある程度お金に余裕がないと使えない契約形態である、という点は覚えておいたほうがいいでしょう。

一括借上管理契約のメリット

それでは、一括借上管理契約のメリットは何でしょうか?

一言でいえば、「一般管理契約のデメリットがすべて解消される」ということでしょう。
これだけだとわかりにくいので、さらに解説します。

基本的に、オーナーは不動産管理会社に任せればいいだけです。
入居者への対応はほとんど管理会社がやってくれます。
そのため、入居状況に関わらず、ある程度の家賃収入が入ってくるのが魅力です。
また、入居者がトラブルを起こしたとしても、ほとんどの対応は管理会社がやってくれます。
オーナー自身が「不動産賃貸で苦労したくない」と思っているならおすすめです。

一括借上管理契約のデメリット

では、一括借上管理契約のデメリットは何でしょうか?

一番のポイントは、お金の問題です。
この契約を採用した場合、管理会社からオーナーには「保障賃料」という形で毎月賃料が払われます。

そして、保障賃料の相場は、管理会社の査定した相場賃料の9割程度が一般的です。
不動産賃貸に初めて取り組む、という人にとっては、この金額が妥当かどうか判断するのはなかなか難しいでしょう。
つまり、金額に対する裁量権がほとんどない、といってもいいのです。

また、裁量権がない、ということは別の問題も引き起こします。
少し考えればわかると思うのですが、不動産の場合、建物が老朽化すると賃料は一般的に下がります。
そのため、管理会社から不動産の老朽化を理由として、不当に賃料を値下げされる可能性もあるのです。
安定して家賃収入が入ってくることはやはり魅力ですが、自分の納得いく値段で家賃収入を得たい!という人は考え直したほうがいいかもしれません。

この記事のまとめ

一般管理契約と一括借上管理契約の違いについて、解説しました。
どちらの方法にも、それなりにメリットとデメリットがあります。
「自分はどっちの契約だったら、納得がいくかどうか?」をしっかり考えましょう。
考えた末で決めた結論であれば、不動産賃貸における後悔も少ないはずです。そもそもどっちの契約がいいかわからないければ、不動産管理会社としっかり話し合いましょう。

リロケーションの基礎知識の関連記事

マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査
マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは?
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは? 公開
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い! 公開
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費 公開
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう 公開
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの?
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの? 公開
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ?
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ? 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ!
リロケーションにかかる費用の総まとめ! 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味?
不動産のリロケーションって何?どんな意味? 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識
リロケーションの確定申告のための基礎知識 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点 公開
古い持ち家を賃貸に出す際の建物の問題・リスク
古い持ち家を賃貸に出す際の建物の問題・リスク 公開
リロケーションを始めるまでの期間
リロケーションを始めるまでの期間 公開
気になるお金の話-かかる費用・賃貸収入・税金等は?
気になるお金の話-かかる費用・賃貸収入・税金等は? 公開
賃貸に適したリフォームとは?
賃貸に適したリフォームとは? 公開