マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査

たとえば急な転勤や遺産相続によって、自分が住まないマンションができたら、あなたはどうしますか。
もし貸すなら、誰が管理するか検討しなければなりません。大切な資産を上手く維持するため、管理業務について考えてみましょう。

この記事を読むのにかかる時間:5分



管理業務を徹底的に調べました!

マンションの2つの管理業務とは

自分のマンションを他人に貸すとき、借り主と上手に付き合っていくためには管理業務が大変重要なポイントになります。管理業務には大きく分けて2つ、建物に関するものと入居者に関するものがあります。

建物管理については、日常的な清掃や設備の修理、また借り主が退去した後は、状況に応じて修理やクリーニングが必要になります。業者を手配し、打ち合わせや工事立会いなど、引き続き貸すためには手間を惜しむことができません。

そしてもう1つの管理業務である入居者管理は、マンション管理をするうえで最も難しいものといえます。
賃貸契約をするには、まず契約者と賃貸借契約を締結し、その後は滞ることなく賃料を集金し、契約を更新し、そして契約終了時には敷金などの精算をしなければなりません。専門的な知識も必要になります。 また、日常生活では、水やお湯がでない、エアコンが動かないなど予想外のトラブルが起こることがあります。実際に暮らしている人にとっては、「使えない」などという問題は即対応してほしいものなので、マンションの管理主は必ず対処しなければなりません。たとえ築浅物件でも、クレームがないという保障はないのです。

管理会社がやってくれることとは?

管理会社がやってくれることとは?
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

ラクになる?管理会社がやってくれること

管理することの煩雑さを考えると、専門の業者に一任することも考えてみましょう。
では、管理会社に頼むメリットは何があるのでしょうか。

マンションを貸すときに最も神経をすり減らすことは、入居者からの苦情、そして毎月の賃料の集金といえます。個人で貸すなら、自分もしくは家族が対処しなければなりません。特に、自分自身がマンションから離れて居住している場合は、即対応や引き続いての行動が難しいことが考えられます。

しかし、管理会社に頼んでしまえば、自分は報告を受け、希望を伝えるだけで任せられます。会社によっては、滞納についても借り主が保証料の支払い契約をすることで保障を行うこともあります。 また、苦情についても、借り主から家主自身へのクレームに限らず、借り主とマンション周辺の住人とのトラブルということもありえます。専門業者の中には、24時間電話対応してくれる場合があり、家主にとっても入居者にとっても、安心できるサポート体制といえます。

マンションを貸すときに入居者探しを依頼する不動産会社には、仲介のほか管理も行う会社があります。空室のリスクを避けるためにも、退去から入居者募集の手続きがスムーズになることも頭に入れておきたいメリットのひとつです。

管理会社に頼むか迷ってい方はしっかり読みましょう

管理会社に頼むか迷ってい方はしっかり読みましょう

どっちがお得?自分VS管理会社

他人に物件を貸すときには、管理会社に一任すれば、精神的にも肉体的にもラクといえるかもしれません。
しかし、管理してもらうには費用がかかります。マンションの管理を委託する場合、一般的には手数料として賃料の4~10%がかかる場合が多いようです。法律などで規定されているものではなく、委託する業務内容によって、また委託先によって費用は異なります。

家主が管理内容を自分で選択し、依頼する会社を選びます。そのため、たとえばマンション自体がまだ新しい物件なら、建物の管理だけは自分で行うということも検討できるでしょう。 しかし、築年数が経ってきた場合は、引き続いて「貸す」ためにはプロの視点でどこにどれだけの修繕が必要か、長期的な展望で考察する必要もあるでしょう。かかる経費は抑えたいものですが、専門家に頼る方が結果として費用も安く、段取りも良く、上手く収まるかもしれません。

あくまで人に「貸す」ことを念頭に、建物管理、賃料の集金、苦情処理、契約などについて、どこまで自分が行えるか判断しましょう。そして、委託する場合には複数社に見積もりをとることをおすすめします。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【ストレスフリーな家主生活への3つの考察】
考えるポイントは以下の3つです。
1.自分がどこまで関わるか
2.他者に依頼するならどこに頼むか
3.管理を希望する内容と予算

マンションを管理する暮らしがストレスにならないように、自分にとってムリのない方法を選択しましょう。

リロケーションの基礎知識の関連記事

マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは? 公開
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い! 公開
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費 公開
期間限定で貸し出す!短いスパンでの賃貸(リロケーション)について 公開
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を 公開
転勤が決まったらリロケーション?空き家を手軽に上手に賃貸する方法とは 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう 公開
サブリースとは?「家を貸す」ことがなぜ社会問題化しているのか 公開
リロケーション会社を選ぶ時はここに注目! 公開
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの? 公開
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ? 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ! 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味? 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点 公開