見える賃貸経営!併用住宅とは?住みながら家賃を得られる


不動産物件に家主が住みながら、その一部を賃貸化することで、住居と家賃収入を併用できる夢の手法が「賃貸併用住宅」です。
このページでは、【イエカレ】独自のノウハウにより、この「賃貸併用住宅」についての詳しい情報や実現方法などについて、どこよりも詳しくご紹介しています。
さらに、新築や建て替えなどの時に最適な建築業者もご紹介可能です!

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい賃貸経営も、マイホームも!という人には利点の多い賃貸併用住宅

*あわせて読みたい賃貸併用住宅の間取りはどう決める?間取りを決めるポイント

*あわせて読みたい賃貸併用住宅はローン選択が重要?賃貸併用住宅のローンとは

*あわせて読みたい賃貸併用住宅6つのメリットを最大限に活かす方法

*あわせて読みたいアパート建築会社・ハウスメーカーの特徴と選び方


「賃貸併用住宅」ってなに!?最大の特長ってなんですか!?

実現しやすさに加え、安定した家賃収入を見込めるのが賃貸併用住宅の最大の特長です

賃貸併用住宅という不動産資産活用方法の最大の特長は、"自分自身がその家に住みながら家賃収入も発生する"という点です。

通常なら、支出になるばかりの自宅が、固定収入を稼いでくれるということは、あなたの生活のより一層の安定が図れるということにもなります。 さらに、家賃とローンが二重になることなく、家賃収入による住宅ローン返済の負担軽減ができるため、一般的な賃貸経営に比べると、はるかに負担が少ないことも特徴です。

つまり、賃貸併用住宅なら、たとえサラリーマンであったとしても、大家さん業が問題なく運営できるのです!

昨今、年金の受給年齢引き上げをはじめとした、中・長期的な経済不安が大きな社会問題になっています。 そんな中、ご自身の健康状態やご家族の状況に関わらず、安定的な副収入、あるいは本収入としての"家賃収入"が入るということは、老後の生活の安定や、40代後半~50代の方に増えている、セミリタイア後のライフプランを考える上で大きな安心に繋がります。


空室を防ぐにはどんなポイントがあるでしょうか?

1階、最上階、オフィス・店舗併設など、賃貸併用住宅には様々な形があります

一般的にもっとも多い方式は、アパートやマンションの1階、あるいは最上階などご自身の住居として使用して、その他の部屋を賃貸として活用するのが賃貸併用住宅に最も多い形式となります。

まず、1階を住宅として利用する場合は、平屋建てのような景観が楽しめ、外出などを含めて外部とのアクセスもしっかり確保でき、さらに住人の出入りや不審人物のチェックといった、賃貸管理上の便利さを兼ねそろえています。
加えて、比較的賃貸化の改修もしやすいメリットがあります。

次に、最上階を住宅として利用する場合は、高い視点からの景観や眺望、日当たり、風通しなどの環境面で優れており、一部の住人は感じる場合がある、大家さんの住居前を毎回通らないといけない、といった不安点も解消することができ、入居率が上がるケースもあります。

また、1階と2階をコンビニ等の店舗や会社にテナントとして賃貸し、3階から上を住宅用に賃貸、最上階を住宅として利用するといった複合的な賃貸併用住宅も多くなっています。
共同のリビングと個人の部屋で構成された、シェアハウスのような賃貸併用住宅も根強い人気があります。


「収支計画の現実性」とは??具体的に見ていきましょう。

既存住宅、二世帯住宅など、時期的な空き空間を利用した賃貸利用も増えています

将来的には、子供世帯と二世帯で暮らしたいというご両親や、子どもは何人欲しいと計画を立てているご夫婦、さらに、いつか独立して自宅事務所で開業したい......など。
それぞれの方が、多種多様な人生設計をされていることかと思います。
その中には、具体的な時期が設定しにくい計画や希望がある一方で、暮らしの変化はある日突然、希望とは異なる形でやってくることもあります。

賃貸併用住宅は、二世帯住宅への転換や独立開業の拠点づくりといった暮らしの変化にも対応しやすいという特長があります。
反対に、子供世代への相続時には元々の住居スペースを独立させて賃貸することを想定した設計や改装を早いうちに行っておくという選択肢もあり、多様な変化に対応しやすいメリットがあります。

また、相続した家が広すぎたり、子どもが独立してできた空き部屋、まだ家族まだ居住していない機関の二世帯住宅を、一時的に賃貸併用住宅とすることで、暮らしの変化にも柔軟に対応しつつ、資産を有効に活用することができるのです。


そんな賃貸併用住宅の人気はどうなのでしょうか?

今、若年層からご年配まで、幅広い年齢層で賃貸併用住宅へのニーズが高まっています

日本全体の人口減少や、少子高齢化が懸念される一方、高齢者の単身世帯や共働きの子育て世帯が急激に増加していることから、これまでのように、プレイべーとが強く確保された形の賃貸物件よりも、大家さんがすぐ近くに住んでいる、近所の方の顔が見えるといった家族的、コミュニティ性の高い賃貸住宅環境へのニーズが高まっています。
そこで、より安心で家族的な関係を構築できる賃貸併用住宅のあり方が見直されてきているのです。

同様に増加しているインターネット通販の店舗や、SOHOオフィス、シェアオフィスといった夜間に人がいなくなるといった利用方法の際も、建物内に常に大家さんがいる賃貸併用住宅が、テナントビルにはない安心感があるとして支持が高まっています。

また、大家さん自身も賃貸併用住宅の住人の一人であるため、遠隔地の管理者による不適切な管理や、ごみ出し等のマナー違反を原因とする近隣トラブルとも無縁です。
そのため、近隣の住民にとっても賃貸併用住宅は安心できる形態であるといえるでしょう。


いいところばかりに見える賃貸併用物件ですが、何もデメリットはないのでしょうか?

賃貸併用住宅のメリットとデメリットを十分に理解しましょう

昨今の需要の高まりもあって、2016年現在、特別な税制上のメリット(貸家建付地の評価、小規模宅地等の特例)があります。
さらに、住宅ローンにおいても、単に自宅を建築、改装するよりも有利に設定することができます。
このため、節税目的でも、投資リスクを下げるためでも、賃貸併用住宅の選択は大きなメリットになるのです。

もちろん、残念ながらデメリットとなりうる部分もあります。
賃貸併用住宅を始めれば、大家さんとしての側面も持つことになりますので、金利の計算や空き部屋のリスク、その他、さまざまな管理上の手間や諸経費等の負担が発生してくることは否めません。
これまで自宅のみの利用であった際には想定していなかったようなアクシデントに見舞われてしまう可能性も決してゼロではないため、事前の十分な準備と、信頼できる建設会社、賃貸経営のパートナー選びが重要になってくるのです。

税制や金利、契約や不動産管理、相続といった多くの専門知識が必要になってきますので、適切な専門家に相談することで、正しく賃貸併用住宅のメリットとデメリットを理解し、メリットを最大に、デメリットを最小にする工夫を心がけましょう。

また、自分の力だけでは難しくなってくる場合も踏まえて、あらかじめ信頼できるパートナーを見つけておくことが大切です。

▶-----ここで関連コラムを3つご紹介します。
こちらの記事では「賃貸併用住宅がどのようなものか?」についてより詳しく解説をしています。

こんな記事も読まれてます
賃貸経営も、マイホームも!という人には利点の多い賃貸併用住宅

賃貸経営も、マイホームも!という人には利点の多い賃貸併用住宅

自宅と賃貸物件の両方を建てるのは難しいと思っている人は「賃貸併用住宅」を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか? 賃貸併用住宅なら賃貸経営をしながらマイホームも手に入れることができます。賃貸併用住宅がどのようなものかを解説します。

賃貸経営も、マイホームも!という人には利点の多い賃貸併用住宅

▶-----こちらの記事では「賃貸併用住宅の間取りを決める際のポイント」について解説をしています。賃貸併用住宅は「間取り」が成功の決め手です。なぜでしょうか!?

こんな記事も読まれてます
賃貸併用住宅の間取りはどう決める?間取りを決めるポイント

賃貸併用住宅の間取りはどう決める?間取りを決めるポイント

賃貸併用住宅の間取りを決める際のポイントを解説します。賃貸併用住宅は一つの建物に居住スペースと賃貸スペースがまとまっているため、間取りを決めることが容易ではありません。賃貸併用住宅の間取りを決める際のポイントは何なのでしょうか?

賃貸併用住宅の間取りはどう決める?間取りを決めるポイント

▶-----以下の記事では「アパート経営における優良業者の選び方の重要性」について解説しています。是非、参考にしていただければ幸いです。

こんな記事も読まれてます
アパート建築会社・ハウスメーカーの特徴と選び方

アパート建築会社・ハウスメーカーの特徴と選び方

不動産投資でアパート建築を考えている方の中には、どの建築会社に依頼をすれば良いのか迷っている方も多いでしょう。建築業者の種類・特徴やメリット・デメリットの紹介、アパート経営における優良業者の選び方の重要性について解説します。

アパート建築会社・ハウスメーカーの特徴と選び方

この記事のまとめ

賃貸併用住宅は形態や活用の仕方に多くのバリエーションがあり、活用後の暮らしの変化にも柔軟に対応することができる魅力的な賃貸経営手法です。
大型マンションやテナントビルとは異なり、大家さんが住んでいることが住人やテナントの方の安心感にも繋がっており、賃貸併用住宅ならではのニーズも増えてきています。

一方で、賃貸併用住宅のメリットとデメリットの理解と対応には様々な専門知識が求められるため、専門家に相談しながら進めていくことが、必要不可欠といえます!

【イエカレ運営局より】
イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っています。
「企業へ相談をしてみたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。

*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

賃貸併用住宅の基礎知識の関連記事

賃貸併用住宅6つのメリットを最大限に活かす方法
賃貸併用住宅6つのメリットを最大限に活かす方法 公開
賃貸経営も、マイホームも!という人には利点の多い賃貸併用住宅
賃貸経営も、マイホームも!という人には利点の多い賃貸併用住宅 公開
賃貸併用住宅はローン選択が重要?賃貸併用住宅のローンとは
賃貸併用住宅はローン選択が重要?賃貸併用住宅のローンとは 公開
賃貸併用住宅の間取りはどう決める?間取りを決めるポイント
賃貸併用住宅の間取りはどう決める?間取りを決めるポイント 公開
見える賃貸経営!併用住宅とは?住みながら家賃を得られる
見える賃貸経営!併用住宅とは?住みながら家賃を得られる 公開