戸建てから賃貸住宅に建て替えるメリットやデメリットは?

今まで戸建てを所有していた人が賃貸住宅への建て替えを行うべきなのは、どのような場合なのでしょうか。
建て替えの効果が出るケース、メリットやデメリット、賃貸経営を成功させるための方法などを考えてみましょう。

この記事を読むのにかかる時間:5分

戸建てから賃貸住宅に建て替えるメリットは?

現在、戸建てを賃貸住宅に建て替えるかどうか悩んでいる人は、まずそのメリットを考えてみましょう。
まず、相続税対策として非常に有効であるということです。たとえば、自分で利用している土地(自用地)に賃貸住宅を建てると、「貸家建付地」という評価方法に変わるため、大幅に評価を減額(=税額を軽減)することができます。そして、現金を使って賃貸住宅を建てるのであれば、だいたい現金のままだった時と比べて6割程度まで評価額を下げることができます。さらには、経営がうまくいっていれば家賃収入により現金の確保もできるのです。

税対策だけではなく、遺産分割対策としても有効です。自宅の土地建物しか資産がないような人でも、賃貸住宅を「区分建物(それぞれの部屋が別々の登記簿になっており、別個独立の権利として扱われるマンションやアパート)」にしておけば、複数の子供がいても、それぞれに別個の財産として渡すことができます。
また、実質的には、所有者が高齢になってきたのに、土地が広すぎて草むしりなどの手間に悩まされている場合に、建物や駐車場の部分が増えるため、所有者が手入れすべき面積を減らせるというメリットもあります。

戸建てから賃貸住宅のデメリットについて

戸建てから賃貸住宅のメリットについて

戸建てから賃貸住宅に建て替えるデメリットは?

一方で、賃貸住宅に建て替えることによるデメリットもあります。
戸建てが建っている土地の立地などの条件面をよく検討しなければ、空室が出るリスクがあるということです。

ありがちな失敗としては、相続税対策のことばかりを考えていて採算性に目が行っておらず、多額のローンを組んだにもかかわらずあまり収益が上がらないというものがあります。こうなると、場合によっては、せっかく建てた賃貸住宅を手放さなければならないことも出てきます。
よく「アパートローンを組まないと相続税節税効果がない」と思っている人もいるのですが、上記のように現金で買った場合の評価額減もあるわけですから、現金で買える人については無理にローンを組む必要はないのです。

どうしてもローンを組んで建設する際には、くれぐれも利回りを慎重にシミュレーションしましょう。表面利回りだけに騙されることなく、諸費用もシビアに見なくてはなりません。
賃貸経営の際に諸費用として考えられるものは、固定資産税、火災保険料、管理費、修繕積立金などがあります。これらを差し引くと、意外に手残りが少なかったということもあるので、そこまで加味した「実質利回り」を計算することが必要です。

賃貸住宅で高利回りを実現させるには

賃貸住宅で高利回りを実現させるには

より高い収益を上げるためにはどうすればよい?

賃貸経営で事前にシミュレーションした利回りを出すためには、やはり空室を出すことは極力避けなければなりません。もちろん、立地などの条件は後からどうしようもないのですが、建物自体を魅力的にする工夫はいくらでもできます。
賃貸住宅というものは、その時代の間取りや設備の流行をしっかりと捉えた上で建設する必要があります。周囲に何があるのか(=どういった入居者像が想定されるのか)をじっくり検討してから間取りを決めることも大切です。

また、いったん建ててからも、その後のメンテナンスを怠らないことが重要です。外見が古くなって空室が増えていたアパートの外壁を塗り替えただけで、すぐ入居率が100%になったという事例もあるくらいです。つまり、意外と「中の性能さえ良ければいい」というわけではなく、見た目も大切ということです。水回りなど性能面に関わることは、多少お金がかかっても決して放置してはならないのは言うまでもありません。
設備が古いまま放置しておくと空室が出る、ますます苦しくなってリフォームできないという悪循環に陥るので、くれぐれも注意したいものです。

この記事のまとめ

【経営者の意識を持ちつつ、メリットを享受する】
・賃貸住宅建設は相続税対策として非常に有効である。
・現金で買っても節税効果はあるため、無理にローンを組まない。
・適切な物件の建設、その後のメンテナンスで高い入居率を維持する工夫をする。

賃貸住宅建設のメリットとデメリットを正しく知り、事業としての収益を上げ続ける工夫が必要です。

あなたのお悩みをイエカレがズバッと解決!!不動産の知恵袋

*【イエカレ】とは:イエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい:IoT賃貸住宅とは?スマート賃貸に移行して賃貸経営に勝つ方法を解説!

*あわせて読みたい:アパート・マンション経営の減価償却費って何ですか?

*あわせて読みたい:テレワークが不動産業に与える影響とは?

*あわせて読みたい:マンションを建てるにはいくらかかる?儲かる物件にするための10ヶ条

*あわせて読みたい:戸建てから賃貸住宅に建て替えるメリットやデメリットは?

*あわせて読みたい:高齢者向け施設の経営に必要な基礎知識を徹底解説!

*あわせて読みたい:戸建て賃貸経営は儲かる?初心者が成功するための3つのポイント

*あわせて読みたい:アパート経営の収入・年収ってどれくらい!?

*あわせて読みたい:コロナでもアパート経営は成り立つか?影響とリスクヘッジ策を解説!

*あわせて読みたい:アパート経営はするな!?初心者が注意すべき7つのリスクを解説

*あわせて読みたい:2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??

*あわせて読みたい:不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

*あわせて読みたい:土地活用の相談先8選|パートナー選びの流れ・ポイント

*あわせて読みたい:ウッドショックとは?土地活用や不動産売却に与える影響を解説!

*あわせて読みたい:金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!

*サブリース新法:賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

*関連コラム:土地活用ランキング20選!バランスの良い総合力の高い活用方法とは?

*関連コラム:アパート経営の必要資金の金額と融資の条件

賃貸経営のメリット・デメリットの関連記事

コロナ禍でもアパート経営は成り立つか?そのリスクヘッジ策を解説!
コロナ禍でもアパート経営は成り立つか?そのリスクヘッジ策を解説! 公開
土地活用に賃貸経営はおすすめ?賃貸経営の特徴を解説
土地活用に賃貸経営はおすすめ?賃貸経営の特徴を解説 公開
高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリット・デメリットと注意点
高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリット・デメリットと注意点 公開
土地活用に貸倉庫経営はあり?メリットとデメリットを解説
土地活用に貸倉庫経営はあり?メリットとデメリットを解説 公開
土地活用に店舗経営はあり?メリットとデメリットを解説
土地活用に店舗経営はあり?メリットとデメリットを解説 公開
介護施設で土地活用を行う場合のメリットとデメリットを解説
介護施設で土地活用を行う場合のメリットとデメリットを解説 公開
戸建て賃貸経営は儲かる?初心者が成功するための3つのポイント
戸建て賃貸経営は儲かる?初心者が成功するための3つのポイント 公開
シェアハウス経営のメリット・デメリットを解説!
シェアハウス経営のメリット・デメリットを解説! 公開
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線 公開
土地活用のリスクとは?投資損失に対する考え方とリスクヘッジ方法
土地活用のリスクとは?投資損失に対する考え方とリスクヘッジ方法 公開
「アパート経営が失敗する理由」とリスクヘッジをご紹介
「アパート経営が失敗する理由」とリスクヘッジをご紹介 公開
土地活用8種類の方法についてメリット・デメリットを徹底比較
土地活用8種類の方法についてメリット・デメリットを徹底比較 公開
相続税対策でアパート・マンション経営を始めるメリット・デメリット
相続税対策でアパート・マンション経営を始めるメリット・デメリット 公開
固定資産税の平均や対策など経営のメリット・デメリット
固定資産税の平均や対策など経営のメリット・デメリット 公開
変形地でアパート経営をはじめるメリット・デメリット
変形地でアパート経営をはじめるメリット・デメリット 公開
狭小地で始めるアパート経営!メリット・デメリットは?
狭小地で始めるアパート経営!メリット・デメリットは? 公開
戸建てから賃貸住宅に建て替えるメリット・デメリット
戸建てから賃貸住宅に建て替えるメリット・デメリット 公開
民泊は空き家対策になる?民泊のメリットとデメリットを解説
民泊は空き家対策になる?民泊のメリットとデメリットを解説 公開
2020年東京オリンピックに向けた土地の有効活用とは?
2020年東京オリンピックに向けた土地の有効活用とは? 公開
これからオーナーになる方必見!賃貸経営の重要ポイント
これからオーナーになる方必見!賃貸経営の重要ポイント 公開