せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ

思い出のある店舗も、業績や後継者の問題で手放すことになる場合もあるでしょう。
この場合、どのような物件なら高く売れるのでしょうか。また、売却するときのポイントはどこにあるのでしょうか?
それらについて見ていきます。

この記事を読むのにかかる時間:5分

店舗の売値は「どんな業種であったか」によっても異なる

店舗の売却は、マンションやアパート、一戸建ての売却とはその売り方がまったく異なります。なぜなら、「住む」という目的が共通しているマンションやアパート、一戸建てとは違い、店舗の場合、その業種によって形態が大きく異なるからです。

たとえば、駅前の便利なところに建っている店舗は、確かに売値が高くなる傾向にありますが、これは特に物販を扱う業種の場合が顕著です。
ラーメン屋の場合は、「ファサード」(店舗の外見。一般的に、観光地などの場合は奇抜なデザインが好まれ、市街地に入り込むような形の場合は落ち着いたたたずまいが好まれる)が重要なファクターとなってきます。
飲食店の場合は、「排気」「厨房部分」の充実が求められますし、美容院の場合は水の圧力(シャンプー台などを使うため)が問われます。

このように、一口に「店舗」といっても、望まれる条件はその業種ごとによって異なるのです。「前の持ち主が同じ業種であったこと」を求める人がいるのは、このような理由なのかもしれません。
また、飲食店には住居にない選択肢もあります。(詳しくは後述します)



飲食店なら特に意識したい「居抜き」について

住居と店舗の売却でまったく異なる点として挙げられるのが、「居抜き」という選択肢があるということです。

これは、「前の持ち主が使っていたテーブルやエアコン、厨房をそのまま引き継ぐ」といった形態です。この形態をとることにより、新たな買い主は初期費用を抑えることができます。また、売り手側としても、無駄な処分費用がかからないため、「この店を売り渡したら、もう自分で店を構えるつもりはない」という人ならメリットが大きいと言えます。
居抜きの場合も、「絶対に無料で設備を渡さなければならない」といったことはないため、場合によっては買い取り額にプラスアルファが加算されることもあります。

ただ、この「居抜き」の状態で売るためには、やはり店のかたちや設備をきれいに保っていなければなりません。買い手側は、「それをそのまま自分のお店で使えること」を期待して買うわけですから、ボロボロなままだと買い取ることを躊躇することでしょう。
居抜きで売りたいのであれば、必ず掃除とメンテナンスを行わなければなりません。場合によっては専門業者も入れましょう。

飲食店は「広ければよい」というものではありません

住居は、基本的には広い方が好まれます。同じ金額、同じ築年数、同じグレードのものがあれば、多くの人は「広い方」を選ぶことでしょう。

しかし、店舗の場合は必ずしもそうとは言えません。
なぜなら、店舗は常に「それを運営する人の人数」が問われるからです。たとえば、1人だけで切り盛りする予定の小さなお店の場合、大きな店舗だと取り回しが難しく、ミスも生じやすくなります。ホールが広ければ広いほど、注文のために駆け回らなければなりませんし、人数が少ない中であまりにもたくさんの人が入ってしまうと、オーダー自体が滞る可能性もあります。

そのため、飲食店の場合は「狭いこと」も武器になり得ます。特に、現在人気のラーメン屋の場合は、10坪くらいの広さが好まれているのだそうです。
ただ、それ以上の広さであっても、「初めから多くの人を雇って店舗を運営していくこと」を考えている飲食店(レストランなど)の経営者に対してアプローチしていくという方法が残されています。

住居と店舗では、「どんなものが高く売れるか」が異なることを念頭に置いて、売却方法を考えましょう。



この記事のまとめ

【店舗の売り方まとめ】
・店舗の売りやすさは業界ごとによって異なる
・居抜きという方法がある
・居抜きの場合は特に設備をきれいに!
・広ければ良いというわけではない
店舗の売却には、このようなポイントがあります。
「広さ」は必ずしも重要視されない点と、居抜きの場合は設備をきれいに保つことが特に求められています。

賃貸経営の基礎知識の関連記事

土地活用として商業施設を建てるために重要な4つのポイント|イエカレ 公開
アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策❘イエカレ 公開
戸建て賃貸経営を初めてでも絶対に成功させるための3つのポイント|イエカレ 公開
不動産相続の流れと手続き|被相続人の死亡後にできる相続税対策まで|イエカレ 公開
リスクに正しく対処しよう!シェアハウス経営のメリット・デメリット|イエカレ 公開
マンション経営の経費について押さえておくべき必須事項|イエカレ 公開
アパート経営はするな!?借金・失敗など初心者が注意すべき7つのリスクを解説|イエカレ 公開
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線|イエカレ 公開
【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで|イエカレ 公開
土地活用のリスクとは?投資損失に対する考え方とリスクヘッジ方法|イエカレ 公開
アパート経営における収益物件選びのポイントと稼げる物件の見分け方|イエカレ 公開
賃貸経営で大家さんがすべき仕事と委託先|空室リスクを防ぐ方法まで|イエカレ 公開
土地活用を始めるための基礎知識とケース別活用法一覧|イエカレ 公開
アパート経営の収入・年収はどれくらい?|イエカレ 公開
新築・中古マンション経営で失敗する4つの共通点|イエカレ 公開
アパート経営の必要資金の金額と融資の条件|イエカレ 公開
形状別で見るおすすめ土地活用とトレンドの賃貸経営8選|イエカレ 公開
「不動産投資は節税になる」と言われる理由をご紹介|イエカレ 公開
「アパート経営が失敗する理由」とリスクヘッジをご紹介|イエカレ 公開
アパート経営を安定した黒字経営にする!基礎知識なら|イエカレ 公開