リロケーションの流れ

持ち家をリロケーション物件として貸し出すことに決めたら、管理会社を選びます。個人で行うことももちろんできますが、入居者を探すための宣伝や内見の案内、契約締結など多大な手間と時間が掛かってしまい、現実的

この記事を読むのにかかる時間:5分

リロケーション会社を選ぶ

持ち家をリロケーション物件として貸し出すことに決めたら、管理会社を選びます。個人で行うことももちろんできますが、入居者を探すための宣伝や内見の案内、 契約締結など多大な手間と時間が掛かってしまい、現実的ではありません。
そのため、リロケーションに関するサービスを提供している会社に管理を依頼するのです。

管理会社を選ぶ流れは、まず複数のリロケーション会社の情報を集め、サービスの内容や料金を吟味します。
続いて目星を付けた管理会社に連絡を取り、契約条件などを相談します。
この際、実際に住宅に足を運んでもらうことで、詳細な見積もりを取ることが可能です。

そして、最後に管理をお願いするリロケーション会社を決定し契約すれば完了です。
管理会社を決めるには数ヶ月かかるため、余裕を持って管理会社探しを始めましょう。

リロケーションサービス入居前

管理会社と契約したら、入居者を募集するために入居条件を決めます。

管理会社によっては、条件を決めるときから相談に乗ってもらえるサービスを提供している場合もあります。
そして、決定した入居条件に従って募集広告を出します。募集広告を掲載するメディアは管理会社の店頭やインターネット上のウェブサイト、さらには賃貸情報誌などが挙げられます。
この時点で物件に興味を持つ人が現れない場合、物件そのものに問題がある可能性があります。リフォームなどの実施を検討するべきです。

入居希望者が現れれば、内見などを行い契約を締結します。賃貸借契約は入居者と管理会社の間で締結されます。
募集広告を出すことから入居者との契約締結までは、オーナーが一切立ち会わずに全てをリロケーション会社に任せることもできるのです。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

リロケーションサービス入居後

賃貸借契約を締結して入居者が決まった後も、管理会社とのやりとりは密に行われることになります。

まず、毎月決まった日にオーナーに対して家賃の振り込みが行われます。
入居者は家賃を管理会社に振り込むため、オーナーの口座には入居者ではなく管理会社からの入金となることに注意が必要です。

また、管理会社は物件を定期的に巡回し、異常がないか点検します。
もし物件そのものに異常が発生していたり、入居者からのクレームがあった場合は、管理会社を通してオーナーに伝えられるのです。

自宅をリロケーション物件とすることが決まってからは、管理会社を選び、管理会社とともに入居条件の設定を行って入居希望者を募集し、 そして契約してからは家賃の振り込みや定期報告を受けるというのが一連の流れになるのです。

不動産を貸す際の流れの関連記事

リロケーションの全体の流れを知る|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
賃貸借契約書のチェックポイント|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
収支のシミュレーションを立てる|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーション利用時の流れ|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションの流れ|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションの入居者募集から管理まで|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開