有利なリロケーション会社選び

リロケーション会社を選ぶ判断基準は、貸し主であるオーナーがどれだけ物件に時間を割けるかと言うことが重要になります。オーナーがどれだけ物件に関わることが出来るかによって必要なサービスが決まるのです。

この記事を読むのにかかる時間:5分

リロケーション会社の選び方

リロケーションとは、一戸建てや集合住宅を問わず、分譲住宅を所有している人が転勤などの事情によりその住宅を離れる間、賃貸物件として貸し出すことです。
所有住宅を賃貸物件として扱うことになれば、契約の締結や家賃の受け取りなどを管理する必要があります。そういった管理をオーナーに代わって行うのがリロケーション会社です。
会社によってサービスの内容が異なり、契約締結や家賃の受け取りといったリロケーションに必須の管理を行うだけであったり、庭の手入れや外観の清掃などの付加価値を上げるサービスを行っている会社など様々です。
リロケーションの会社選びを行う際は、数多くある会社の中から最適な会社を選ばなければなりません。そのためには、オーナーの状況や物件の状態によって判断する基準があるのです。

判断基準

リロケーションの会社選びで、最適な会社を選ぶ判断基準はオーナーや物件によって異なります。
例えば、オーナーがリロケーションとして貸し出す物件の近くに居住し、頻繁に様子を見に来られる場合は借り主との契約に法的な不備がないか確認し、家賃の受け取りを代行するという基本的な管理のみを行う会社で十分です。
サービスが単純なため、管理手数料も安く済みます。
しかし、オーナーが遠方に在住し、リロケーション期間が長期間にわたる場合は、定期的な清掃や備え付けられている機器の管理など総合的なサービスを提供している会社を選ぶ必要があります。
リロケーション会社を選ぶ判断基準は、貸し主であるオーナーがどれだけ物件に時間を割けるかと言うことが重要になります。オーナーがどれだけ物件に関わることが出来るかによって必要なサービスが決まるのです。

トラブルなどのリスク対応ができているか

自宅をリロケーション物件として貸し出す場合、トラブルが発生する場合があります。オーナーが海外に居住している場合の税金といった問題もありますが、多くの場合は借り主との間で発生します。
良くあるトラブルが、家賃の支払い滞納や、ペット不可という条件であったにも関わらず借り主がペットを飼育してしまい、物件に汚損があるという契約条項違反のトラブルです。
賃貸契約の期間が満了し、オーナーが戻ってくるはずなのに借り主が退去しないというトラブルもあります。
そういった場合に、多くの案件をこなす経験豊富な会社であれば、トラブルが発生した場合のリスク対応のノウハウを積み重ねているため、迅速に対応できます。
トラブルに備え、オーナーと借り主の間に立って交渉を行うことができる会社を選ぶべきです。

信頼できるリロケーション会社選びのポイントの関連記事

有利なリロケーション会社選び
有利なリロケーション会社選び 公開
リロケーションの転貸借契約とは
リロケーションの転貸借契約とは 公開
リロケーションのポイントは入居者決定までのスピード
リロケーションのポイントは入居者決定までのスピード 公開
海外に転勤が決定!管理会社に任せて大丈夫?
海外に転勤が決定!管理会社に任せて大丈夫? 公開