ビル1棟の売却を考えている方が知っておきたいこと

ビルを1棟丸ごと売りたいと考えている場合には、どのようなことに注意して進めていけばいいのでしょうか。
売れやすいとされる物件の特徴から、売却前の検討事項など、ビル売却に関わることについて解説します。

この記事を読むのにかかる時間:5分

高く売れる・売れやすい物件の特徴

一戸建てと異なり、ビルは購入する人がそこに住むとは限りませんので、目的に応じてより価値の高い物件を探すという場合が多いでしょう。投資用・商業用のどちらも、人々に利用してもらうことで利益を得ることを目的としていますので、人に「利用しやすいビル」と思ってもらうことが大切です。そのためにポイントとなるのが、ビルの周辺環境です。

交通の便は良いに越したことはありませんし、駐車場も面積が広い方がいいでしょう。また、より多くの人に利用してもらうために、その土地の人口は多い方がいいですし、人口が増加傾向にある場所に建っているビルだと、購入を検討している人に将来性があると思ってもらえる可能性もあります。
そのビル1棟に利用価値があるとみなされれば、築年数が経っていて多少外見が悪かったとしても、売れる可能性はあります。大切なのは、そのビルに需要があるのかということです。

また、たとえ需要があったとしても、売値がその物件に見合わない高すぎる額だと売れにくくなりますし、逆に低すぎる価格設定でも、買い主に不信感を持たれてしまうかもしれません。物件の状態と価格のバランスがポイントです。



売却する前に検討しておくべき点

ビル1棟を売却する前に多くの人が考えるのが、リフォームやリノベーションをした方がいいのかということではないでしょうか。特に、人が毎日暮らすマンションで築年数が経っていると、マンションの内外共に劣化している可能性が高いものです。
ただ、リフォームにお金をかけたからと言って、それが売れることに直接つながる保証はないですし、元が取れる保証もありません。また、買い手が自分の思うようにリフォームやリノベーションを行いたいという場合もありますので、きれいに整えてから売る方がよいと一概に言うことはできません。

1つの方法として、不動産会社に一旦買い取ってもらい、不動産会社がリフォームやリノベーションした後に売るというパターンもあります。この方法は、すぐに物件を売ることができるというメリットがある反面、不動産会社が仲介として関わって物件が売れた時と比べると、価格が下がってしまう場合が多いというデメリットもあります。
ビルの売却を検討している場合には、どのような売り方をするのが自分には合っているのか、専門家に相談してみることをおすすめします。

ビルの売却を進めていく中での注意点

ビル1棟の売却を検討する際に注意したいのは、パートナーとなって売却を進めてくれる不動産会社の選び方です。先ほどもご紹介したように、一般住宅とマンションなどのビルでは、売れやすいとされる物件の条件が異なってきますし、買い手についても、企業や投資家などさまざまなタイプが候補として挙げられます。
ですから、不動産会社を決める際には、ビル売却に実績があって、豊富な知識を持った専門家であることがポイントになってくるでしょう。どのような層をターゲットにして販売の戦略を立てていくのかということについて、しっかりコミュニケーションが取れる業者を選ぶようにします。

不動産会社とひとことで言っても、それぞれに得意分野と不得意分野があります。査定金額だけで決めるのではなく、候補が複数社ある場合にはそれぞれ話を聞く時間を十分に取り、いちばん納得できる不動産会社を選ぶことが重要です。
さらには、ビルの売却についてだけではなく、ビルが建っているエリアの情報も多く持っている業者の方がいいでしょう。自分の大切な資産であるビルを任せる相手ですから、しっかり見極めて選んでいくことが肝心です。



この記事のまとめ

【焦らず慎重に進めることが後悔しない売却のポイント】
・ビルによる収益を望んでいる場合、周辺環境が整っていて人が利用しやすいことが大切。
・売却前にリフォームやリノベーションした方がよいとは限らない。
・販売戦略が明確でコミュニケーションがしっかり取れる不動産会社を選ぶこと。

ビル1棟の売却は、買い手の用途や目的によって販売戦略にも違いがあります。知識や実績が豊富な不動産会社を選び、計画的に進めていきましょう。

賃貸経営の基礎知識の関連記事

不動産相続の流れと手続き|被相続人の死亡後にできる相続税対策まで|イエカレ 公開
シェアハウス経営のメリット・デメリット|事前準備・成功のコツまで|イエカレ 公開
マンション経営に必要なコスト|経費として計上できる・できない項目|イエカレ 公開
「アパート経営はするな」と言われる3つの理由と対策案|イエカレ 公開
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線|イエカレ 公開
【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで|イエカレ 公開
土地活用のリスクとは?投資損失に対する考え方とリスクヘッジ方法|イエカレ 公開
アパート経営における収益物件選びのポイントと稼げる物件の見分け方|イエカレ 公開
賃貸経営で大家さんがすべき仕事と委託先|空室リスクを防ぐ方法まで|イエカレ 公開
土地活用を始めるための基礎知識とケース別活用法一覧|イエカレ 公開
アパート経営の収入・年収はどれくらい?|イエカレ 公開
新築・中古マンション経営で失敗する4つの共通点|イエカレ 公開
アパート経営の必要資金の金額と融資の条件|イエカレ 公開
形状別で見るおすすめ土地活用とトレンドの賃貸経営8選|イエカレ 公開
「不動産投資は節税になる」と言われる理由|イエカレ 公開
アパート経営が失敗する7つの理由と必要なリスクヘッジとは|イエカレ 公開
アパート経営の落とし穴 安定した黒字経営を行うには?|イエカレ 公開
田舎でもできる土地活用のアイデア5選|活用時の注意点まで|イエカレ 公開
【目的別】土地活用の相談先8選|パートナー選びの流れ・ポイント|イエカレ 公開
あなたに最適な土地活用とは?14種類の方法を徹底比較|イエカレ 公開