不動産査定価格に影響するポイントは何か?まとめて解説

不動産の査定価格で影響するポイントを把握しておくことで、より有利な査定価格を引き出す可能性が高まります。 査定経験が豊富な方は少ないもの。査定を考えている方向けの内容をまとめてみました。 売主、FPとして相談業務を行っている方にも有益な情報です。

この記事を読むのにかかる時間:5分

不動産の査定価格に影響するポイントを把握する

不動産の売却を考えるなら、まずは査定を受けてみることです。どの会社でも構いません。
不動産の査定価格には何が影響しているのか?そのポイントを掴むことができます。

ネットで検索して出てきた会社で構いませんので、一度査定を受けてみましょう。
ご近所過ぎると、その後顔を合わせることなど気になることも多いので、少し距離のある会社がいいでしょう。

不動産の査定価格に影響ポイントは物件状況だけではありません。
査定する人が影響を受けるポイントを掴むことで、査定価格を上げていくことも可能になってくると思います。

査定価格に影響を与えるポイント、査定の方法

査定価格に影響するポイントには、査定方法によっても違いがでてきます
「机上査定」と「訪問査定」の2種類の査定方法がありますが、査定価格に影響するのは査定方法によっても変わります。

「机上査定」とは地域の相場、地域性などの文字情報から算出するため、査定価格には相場観が影響するポイントです。
「訪問査定」とは実際に物件を見て実情に対して査定を行うため、市場性よりも現状を優先する査定価格となり、より現実的な査定価格となります。

査定価格に影響を与えるポイントを把握し、査定は変わるものだと理解しておけば一喜一憂することもなく冷静に対応できるのではないでしょうか?

査定価格をより有利に影響するポイントを探る

一般的には「机上査定を行ってから訪問査定を実施」します。

机上査定では周辺地域の相場観を掴むことができるので、上がっている地域か?下がり気味の地域かを把握します。 査定価格において、価格が上がっている地域であれば価格に影響するポイントになりますので、 訪問査定を受ける時も、多少強気で査定価格を交渉できるのではないでしょうか?

影響するポイントはその逆もありますので、下降気味の相場観であれば建物の優位性をアピールします。 査定価格そのものが相場のように移り変わるように、査定価格に影響するポイントも移り変わるものです。 相場の波を見極めながら臨機応変に対応していくことを心がけましょう。

査定価格に影響するポイントを明確にする

同じ不動産をいくつかの会社に査定してもらっても、同じ査定になるものではありません。

各会社で影響するポイントが違いますのでどこが査定価格に影響を与えているのか? を明確にしましょう。 査定価格に影響を与えたポイント、算出の根拠について説明してもらえるか?は分かりませんが、その差が「信頼できる会社」であるかどうかの見極めにも繋がってくることと思います。

査定価格の内容を比較してみることで、不動産と会社の実情、両方を把握することができるはずです。

査定価格には売り方も影響するポイントの1つ

不動産売却を行う場合、「買取」と「仲介」の2種類があります。
どのような売り方がいいのか? は会社と相談しながら決めていくことになりますが、一般的に早く売りたいなら不動産会社に購入してもらう「買取」がいいと言われています。
買手を探してもらう「仲介」は時間がかかりますが、希望の査定価格で売ることができる可能性が高まります。 「買取」は査定をした会社が利益を乗せてきますので、現金化はすぐできても販売価格は下がります。

従って、売り方の希望によっても、査定価格に影響があることがポイントであると理解しておきましょう。

査定価格に影響するポイント、公示価格を調べる

公的な地価査定は毎年公表されていますので、自分で調べることができます。
査定価格に影響するポイントでもありますので、査定前に一度見ておきましょう。
国が算出する土地の価格を、公示価格。都道府県の基準を基準値標準価格といいます。

一般の人でも、公的評価をもとに査定価格を見積もることができるので、参考にしてみましょう。
住宅の査定価格は、周辺の取引事例から算出します。影響するポイントは建物の劣化状況にもよりますが、 地域と築年数から予測はできそうです。

最近は一括見積が可能なサイトもありますので、査定を依頼する前に除いておくのもいいかと思います。

この記事のまとめ

査定は会社によって10%前後の開きがでると言われています。取引価格が大きいので、10%と言えどもバカにできない金額です。
不動産の査定価格は為替のように日々動いていくもの。3か月前の査定価格がそのまま生きているとは限りません。
また、会社にお願いして訪問査定を行った場合は、費用が発生することもあります。
一括サイトや公示価格で相場観を掴み、売却計画が決定した段階で数社見積もりを依頼し、売却方法を気ましょう。
その前にローンの残高や税金について、不動産会社のFPへ相談することもお勧めします。

あなたのお悩みをイエカレがズバッと解決!!不動産の知恵袋

*【イエカレ】とは:イエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい:土地の名義変更の方法を教えてください

*あわせて読みたい:不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

*あわせて読みたい:不動産査定価格に影響するポイントは何か?まとめて解説

*あわせて読みたい:土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?

*あわせて読みたい:不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介

*あわせて読みたい:不動産売却の適正価格を知る方法

*あわせて読みたい:一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!

*あわせて読みたい:家を貸す注意点って何?初心者必見!3つの落とし穴

*あわせて読みたい:不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

*あわせて読みたい:東京オリンピック後の不動産価格はどうなる?価値変動の予測を解説!

*あわせて読みたい:ウッドショックとは?土地活用や不動産売却に与える影響を解説!

*あわせて読みたい:金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!

*あわせて読みたい:2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??

*あわせて読みたい:コロナでもアパート経営は成り立つか?影響とリスクヘッジ策を解説!

*あわせて読みたい:土地活用ランキング20選!バランスの良い総合力の高い活用方法とは?

*あわせて読みたい:不動産取引を安心して行う「ウチノカチ」で「相場感」を知ろう

不動産の売却を考えるの関連記事

自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説
自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説 公開
コロナ離婚における不動産問題!売却?それとも住み続ける?
コロナ離婚における不動産問題!売却?それとも住み続ける? 公開
2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??|土地活用・アパート経営なら一括比較情報サイト【イエカレ】
2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??|土地活用・アパート経営なら一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説 公開
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説 公開
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説!
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説! 公開
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは 公開
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説 公開
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント 公開
工場・倉庫を売りたい! 有利に売却するためのポイント
工場・倉庫を売りたい! 有利に売却するためのポイント 公開
せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ
せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ 公開
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖 公開
相続税は高い!土地の売り方のコツとは?
相続税は高い!土地の売り方のコツとは? 公開
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ!
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ! 公開
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと 公開
売却時のリスクを知る
売却時のリスクを知る 公開
不動産売却のメリット・デメリット
不動産売却のメリット・デメリット 公開
不動産を売る人の心得
不動産を売る人の心得 公開
不動産の売却のタイミングは「金利」に注目
不動産の売却のタイミングは「金利」に注目 公開
初めて土地を売る時に知っておきたい売却までの流れ
初めて土地を売る時に知っておきたい売却までの流れ 公開