相続税は高い!土地の売り方のコツとは?


土地を相続する場合、相続税がいくら発生するかご存知ですか?
何の知識もないままに土地を相続してしまうと、あまりの相続税の高さに驚いてしまい、あとで泣きを見てしまうでしょう...。
この記事を読めば、相続した土地の相続税算出方法やその売り方のコツ、発生費用などについての知識を得ることができ、相続税対策が立てやすくなるはずです。

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今!?

*あわせて読みたい不動産を売るときの忘れがちな費用とは?

*あわせて読みたい不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

*あわせて読みたい初めて土地を売る時に知っておきたい売却までの流れ

*あわせて読みたい土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?

*あわせて読みたい土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK!

*あわせて読みたい自分でできる!?土地名義変更の方法・必要書類から費用を抑える方法まで

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

土地の相続税額を知るためには!?

基礎控除額と遺産額によって相続税額が分かる

土地の相続税額を知るためには、基礎控除額と遺産額の算出が必要です。

1.基礎控除額

基礎控除額は法定相続人数と600万円を掛け合わせた数値に3,000万円をプラスした値です。

2.遺産額

遺産額の計算に必要となるのが土地の評価額です。土地の評価額は、国税庁のHPに記載されている路線価もしくは倍率を利用します。

(1)路線価による計算
正面路線価×奥行価格補正率×土地面積

 

(2)倍率による計算(路線価が不明な土地)
固定資産税評価額×一定倍率

 

算出した遺産額からお葬式の費用や非課税財産などを引き、死亡保険金や死亡退職金、相続開始から3年以内に贈与された財産を加算すると、正式な遺産額になります。
納税義務が発生する部分は、「遺産額-基礎控除額」で算出された課税遺産総額です。課税遺産総額を相続したと仮定して相続税を計算し、相続人で分配することで実際の相続税が分かります。

ここで、妻と2人の子どもが相続人となるケースを見てみましょう。この場合、相続税が2,700万円を超えると、子ども1人あたり600万円を超える額の納税義務が発生する可能性があります。
高い税金を納めたくない方は、早めに土地の売却や活用方法があれば、それを検討した方がよいと言えます。

相続税を支払えない可能性があるなら売った方が得!

土地の相続税を一括で支払えない方のために、2つの救済措置が用意されています。
しかし、何も知らずに飛びつくと損をする可能性があるので要注意です。

1.延納制度

相続税を支払うことができない方の1つ目の手段は、延納制度です。延納とは、相続税の分割払いのことで、書類審査を通過した場合のみ適用される制度です。
延納のメリットは、20年かけて税金を支払えることです。
しかし、延納している間は相続税に利子をプラスした額を納めなければなりません。
ケースによっては、相続税の6%にあたる額を納める必要があることも。
相続税を分割で支払うことは、一括払いよりも多めに納税することになるのです。

2.物納

延納制度を利用しても相続税を納められないという方は、最終手段として物納をすることになります。
物納は、相続税の対象となる不動産そのものを納めることです。せっかく相続した土地を手放さなければならないうえ、物納の許可が下りるまでの間、延納制度と同様に利子が発生します。

以上のように、延納制度や物納を利用すると、必要以上に税金を納付することになります。
余計な税金を支払いたくないという方は、相続ではなく得をする売り方を選択することを強くおすすめします。

土地の売り方におけるポイントや発生費用は?

1.土地の売り方

相場価格を調べてから査定依頼を出し、不動産会社と契約して希望売却額を決定します。購入者が見つかり次第交渉し、双方がOKすれば売買完了となります。

2.売り方のポイント

▶ 相場価格の調査は必須
大まかな金額を頭に入れておくことで、通常より安い額での売却をある程度防げます。

▶ 査定会社の選択はしっかりと
対応・査定額と相場価格の相違などを確認して会社を選びましょう。査定額が相場価格より高すぎる会社は、仲介手数料目当ての可能性があります。複数会社への査定依頼がおすすめです。

3.主な費用

▶ 売買を仲介した会社への手数料
土地取引が行われた際、契約会社に支払うものです。手数料には上限が設けられており、取引額の3~5%程度となります。

▶ 税金
土地売却時に利益が発生した場合のみ、譲渡所得税の納税が必要です。土地の所有期間によって税率が異なり、所有期間が5年を超えると15%、5年未満なら30%となります。
そのほか、抵当権を抹消するための税金などもあります。

土地を売却しても費用は発生しますが、相続税よりも支払金額を低く抑えることができ、売却額の一部が手元に残ります。


ここで関連コラムを3つご紹介します。

▶-----以下の記事では、当記事は「抵当権の外し方」について解説しています。金融機関から借りた資金で買った不動産ローンの返済が終わらないまま売却できる方法をお伝えします。

こんな記事も読まれてます
不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

不動産売却では、通常、抵当権が設定されたままその不動産を売却することはできません。しかし、金融機関から借りた資金で買った不動産ローンの返済が終わらないまま売却できる方法があります。どういうことでしょうか?この記事で解説しています。

不動産売却時の抵当権抹消登記の重要性について

▶-----以下の記事では不動産の相続に関わるトラブルを防ぐための対策などについて解説しています。もっと知識を得たい方は是非ご一読ください。

こんな記事も読まれてます
不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介

不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介

不動産の相続は複雑な手続きが必要になるほか、相続人同士でトラブルに発展しやすいといった注意点があります。トラブルを防ぐための対策、不動産相続の手続き方法、実際にかかる費用、税金対策、トラブル事例、注意点などについて解説します。

不動産相続の手続きについて解説!税金やよくあるトラブルも紹介

▶-----以下の記事は「固定資産税評価額」について解説をしています。不動産売買における固定資産税評価額の知識が得られます。

こんな記事も読まれてます
固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

固定資産税評価額とは、土地や建物の価値を意味し、固定資産税、都市計画税、登録免許税、不動産取得税の4つの税金の金額に影響します。不動産売買において固定資産税評価額の知識は重要なので、当記事を参考にしてみてください。

固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

この記事のまとめ

【相続税を抑えるには正しい土地の売り方を】
相続税についてのポイントをまとめます。

▶ 相続税は、ケースによって百万円単位の納税義務が生じることがある
▶ 延納制度で相続税を納めると、追加利子が発生する
▶ 物納の場合は、土地と利子を納めなければならない
▶ 土地の売り方に気をつければ、納税してもお金が手元に残る


高すぎる相続税が家計を圧迫することもあります。
何の手立てもしていない場合は、放置をせず、その土地の売却や活用方法を検討すべきです。

【イエカレ運営局より】
☆信頼できる業者選びのポイント☆
* 建物の品質に自信を持っており、保証やアフターサービスも充実している
* 限られた予算の中からできるだけ要望をくみとったプランを提案してくれる
* こちらも気が付かなかった部分の指摘や提案をしてくれる
* 実際の事例に基づいた収支シミュレーションなど、信頼性の高い数字を出してくれる
* 疑問点や不安点があっても、質問すればすぐにきちんと答えてくれる
* 担当者の対応、電話受付の対応に好感が持てる
などが挙げられます。まず、これらをクリアできそうな業者かどうかをまず見極めて業者の絞り込みをする必要があります。

イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。


*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

不動産の売却を考えるの関連記事

自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説
自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説 公開
離婚における不動産問題!不動産の財産分与について考えます
離婚における不動産問題!不動産の財産分与について考えます 公開
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説 公開
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説 公開
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説!
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説! 公開
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは 公開
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説 公開
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント 公開
せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ
せっかくなら高く売りたい!店舗を売却するときのコツ 公開
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖 公開
相続税は高い!土地の売り方のコツとは?
相続税は高い!土地の売り方のコツとは? 公開
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ!
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ! 公開
不動産売却時のリスクを知る
不動産売却時のリスクを知る 公開
不動産売却-複数の不動産会社に査定依頼をするメリットとは?
不動産売却-複数の不動産会社に査定依頼をするメリットとは? 公開
不動産売却のメリット・デメリット
不動産売却のメリット・デメリット 公開
不動産売却で大切にするべき視点
不動産売却で大切にするべき視点 公開
不動産売却-家を売る方法と注意点とは?
不動産売却-家を売る方法と注意点とは? 公開
不動産を売る人の心得とは?
不動産を売る人の心得とは? 公開
不動産の売却のタイミングは「金利」に注目
不動産の売却のタイミングは「金利」に注目 公開
不動産の「買取」は「仲介による売却」と何が違う?
不動産の「買取」は「仲介による売却」と何が違う? 公開