不動産売却で引き渡しまでに準備しておきたいこと

不動産売却を行うためには、前もって準備しておかなければならない事項があります。いわば売却の前提条件となる事項で、もしこれらのことが整はなければ、売却そのものが成立しない可能性があります。

この記事を読むのにかかる時間:5分

所有権移転登記の準備

不動産売却を行うためには、前もって準備しておかなければならない事項があります。いわば売却の前提条件となる事項で、もしこれらのことが整はなければ、売却そのものが成立しない可能性があります。土地の売却について考えると、まず確認しておかなければならないのが所有権です。登記所でその土地の登記事項証明書を取得し、本当の所有者が誰かを確認しておかなければなりません。通常、所有者以外は売買の意思決定が出来ないことになります。また所有者が共同名義となっている場合は、売却には他の所有者の同意が必要となります。所有権者をはっきりさせておくことは、売却時の所有権移転登記の前提になります。

抵当権抹消の準備

不動産売却においては、その不動産に抵当権が設定されていると厄介なことになります。この権利が設定されていても、原理的には売却が可能ですが、通常は買主が取引の前提として抵当権抹消を要求してくるのが一般的です。抹消には権利者の同意と相当額の金銭の支払いが生じ、その手続きをしてから、登記の抵当権を抹消する必要があります。



土地の実測や境界確認・現地確認

不動産売却を行うに当たって、土地の実測を行っておく必要があります。登記事項証明書に記載されている土地の大きさと、実際の土地の大きさに違いが生じていると、後日トラブルの原因になることがあります。元々土地を登記する目的は、権利保護もありますが、土地にかける税金を算出する根拠として必要だったからで、当時の面積の算定は、正確な実測を伴わないことが多くありました。現在は測量技術も進歩し、正確な土地の面積を測量することが可能になりました。登記にもその面積を記載し、売却時の土地の実際の面積と同一にしておく必要があります。また不動産売却前に敷地の境界を隣地の所有者との間で確定しておく必要があります。もし確定していない場合は、隣地所有者との協議となり、同意に至らない場合は裁判で決着させなければならないケースもでてきます。隣の敷地の所有者が民間ではなく公の機関の場合は役所との協議が必要で、やはり土地の境をはっきりさせ、登記に反映させておく必要があります。実際の土地がどうなっているかを現地確認する必要もあります。許可していない建造物や不法投棄がされていたりすれば、原状回復を求めなければなりません。不動産売却前に買主に対して行わなければならない重要事項説明書に記載が必要な事項がないかどうかを確認しておく必要もあります。以上のことは司法書士、土地家屋調査士、宅地建物取引士など専門家の協力の下、進める必要があります。

この記事を読むのにかかる時間:5分

所有権移転登記の準備

不動産売却を行うためには、前もって準備しておかなければならない事項があります。いわば売却の前提条件となる事項で、もしこれらのことが整はなければ、売却そのものが成立しない可能性があります。土地の売却について考えると、まず確認しておかなければならないのが所有権です。登記所でその土地の登記事項証明書を取得し、本当の所有者が誰かを確認しておかなければなりません。通常、所有者以外は売買の意思決定が出来ないことになります。また所有者が共同名義となっている場合は、売却には他の所有者の同意が必要となります。所有権者をはっきりさせておくことは、売却時の所有権移転登記の前提になります。

抵当権抹消の準備

不動産売却においては、その不動産に抵当権が設定されていると厄介なことになります。この権利が設定されていても、原理的には売却が可能ですが、通常は買主が取引の前提として抵当権抹消を要求してくるのが一般的です。抹消には権利者の同意と相当額の金銭の支払いが生じ、その手続きをしてから、登記の抵当権を抹消する必要があります。



土地の実測や境界確認・現地確認

不動産売却を行うに当たって、土地の実測を行っておく必要があります。登記事項証明書に記載されている土地の大きさと、実際の土地の大きさに違いが生じていると、後日トラブルの原因になることがあります。元々土地を登記する目的は、権利保護もありますが、土地にかける税金を算出する根拠として必要だったからで、当時の面積の算定は、正確な実測を伴わないことが多くありました。現在は測量技術も進歩し、正確な土地の面積を測量することが可能になりました。登記にもその面積を記載し、売却時の土地の実際の面積と同一にしておく必要があります。また不動産売却前に敷地の境界を隣地の所有者との間で確定しておく必要があります。もし確定していない場合は、隣地所有者との協議となり、同意に至らない場合は裁判で決着させなければならないケースもでてきます。隣の敷地の所有者が民間ではなく公の機関の場合は役所との協議が必要で、やはり土地の境をはっきりさせ、登記に反映させておく必要があります。実際の土地がどうなっているかを現地確認する必要もあります。許可していない建造物や不法投棄がされていたりすれば、原状回復を求めなければなりません。不動産売却前に買主に対して行わなければならない重要事項説明書に記載が必要な事項がないかどうかを確認しておく必要もあります。以上のことは司法書士、土地家屋調査士、宅地建物取引士など専門家の協力の下、進める必要があります。


あなたに最適な優良不動産企業を探します!
優良不動産企業を徹底比較

不動産売却コラムの関連記事

不動産売買業者には大手と地場、その違い|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
家を売る時のコツとは!?おさえておきたい売却の知識|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
家を売りたい!売却にはどのくらいの期間がかかる?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
誰にも教えたくないマンション買取り業者の見分け方|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
適正な評価額を知りたい!良い不動産鑑定を選ぶには?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションを賃貸で貸すと得する?それとも損する?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
分譲マンションを賃貸に出すとどのくらい費用がかかるの?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産売買市況の2016年のまとめと2017年予想|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK!|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
家の売却を超簡単にするにはどうすればよい?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションの「買取り」にはどんなメリットがある?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産鑑定は不動産査定とどのような点が違うの?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
確実に家を売ることを考えるなら、これだけはやっておこう!|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産査定は意外と簡単!?効率の良い方法とは|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産売却も視野に!固定資産税で損をしないために知るべきこと|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産売却前に知っておきたいこと|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産会社に売却を依頼するには|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産売却の適正価格を知る方法|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開