マンションを1円でも高く売るための5つのコツ

マンションを売ることを検討し始めても、具体的に何をどうすればいいのかはわかりにくいのではないでしょうか。
そこで、戦略的に計画を立てて、マンション売却に臨むことが必要になります。
誰にでも取り入れやすい、5つのコツをまとめてみました。

この記事を読むのにかかる時間:5分

マンションを売るときの流れを押さえる

そもそも、人生のうちでマンションを売る機会なんて、そう何度もあるものではないでしょう。 不動産投資をした経験があるなら別です。 しかし、大抵の人は、「マンションを実際に売るには、どのタイミングで、何をやるのか?」は普通はわからないものです。 そこで、一連の流れを表にまとめました。

マンションを売るときの流れを押さえる

これに基づき、それぞれのタイミングでのコツを押さえていきたいと思います。
段階を踏んで説明するので、一つ一つしっかり理解してから先に進むようにしましょう
そうすれば、さらにわかりやすくなりますよ。

マンションを売るには下調べから

相場を知る、ということは、「自分のマンションは一体いくらで売れるのか?」ということを知るということです。
実際にいくらで売ることができるかは、不動産会社との契約の形態、売り手と買い手の都合でいくらでも変動します。
なので、「絶対にこの金額で売れる」という保証はできません。

しかし、「大体、このくらいで売ることができるかな」という目安をつけておくのは悪いことではないでしょう。
そこで、インターネットの簡易査定を利用してみましょう。
次の資料を用意してください。

・購入時の図面
・契約書、重要説明事項等の書類
・固定資産税納付書

これらの書類がなくても、建物の専有面積、間取り、築年数のデータがあれば、簡易査定を行うのは可能です。



マンションを売るのは媒介契約が基本

さて、マンションを売るにあたっては、不動産会社に相談をするわけです。
そのとき、不動産会社とどういう契約を結ぶかが問題となります。

不動産会社に仲介してもらい、マンションを買ってくれる人を探す契約のことを媒介契約と言いますが、より細かく分けると次の3種類があります。
大事なことなので、しっかり覚えておきましょう。

・一般媒介契約:複数の不動産会社に仲介を依頼できる。
・専任媒介契約:専任契約を交わした不動産会社にのみ仲介をしてもらう。

2週間に1回のペースで、販売状況の報告を受ける。

・専属専任媒介契約:専任契約を交わした不動産会社にのみ仲介をしてもらう。

また、売主が買主を見つけた場合でも、不動産会社を通さなければならない。
1週間に1回のペースで、販売状況の報告を受ける。

その他細かい規定があるので、表にまとめました。

販売状況の報告

違いをしっかり押さえましょう。
どの媒介方法がオススメか、というのは一概には言えません。
しかし、複数の不動産会社に仲介を依頼できる一般媒介契約なら、1円でも高い値段でマンションが売れるチャンスが広がります
そういう意味では、一般媒介契約がオススメかもしれません。

マンションを売る時期を考える

どんな商売にも、繁忙期と閑散期が存在します。
不動産会社だって、例外ではありません。

一般的に、不動産の繁忙期は春先の1月から3月、秋口の9月から11月となっています。
これは、お子さんがいらっしゃる家庭で、新学年に合わせて住宅を住み替える人が多く出てくるためと言われています。
裏を返せば、繁忙期はマンションが比較的不足しがちな時期です。
そのため、繁忙期に合わせてマンションを売る計画で動けば、案外高くマンションが売れるかもしれません。
すぐに現金が必要、などの特殊な事情がない限りは、売る時期を考えてみるといいでしょう。

最大のメリットは、売主が通常「仲介」で関わる不動産会社に支払う、先ほどの「仲介手数料」を支払わなくていいことです。
物件価格が5,000万円の場合、仲介手数料は以下の公式で算出できます。

マンションを売るには内覧も大事

あなたがマンションを買う側の立場になって考えてみてください。
果たして、汚いマンションを買いたいと思うでしょうか?

よほどの事情がない限り、そうは思わないものだと思います。
それはあなた以外の人も一緒です。

「やはり、中古マンションならきれいに住んでいる人から買いたい」と思うのが人情ではないでしょうか?
それでは、どうすれば「きれいに住んでいる人」と思ってもらえるのでしょうか?

答えはあまりに原始的かもしれません。
「リフォームや掃除を行き届かせ、内覧客を迎える」ことです。
マンションを売る際、内装があまりに傷んでいる場合は、自腹でもリフォームしたほうが高く売れる可能性は高いです。
また、内覧客を迎える際は、物が散らかっていない状態で迎えられるよう、掃除をしっかりしましょう。

この記事のまとめ

1円でもマンションを高く売るために取り入れたい、5つのコツについてまとめました。
どれも難しいものではないので、簡単に取り入れられると思います。
そして、何より大事なのは、信頼できる不動産会社に頼むことです。
1つの会社で決めてしまうのではなく、何社か比較検討してみるとより高く売れるチャンスが巡ってくるでしょう。

不動産売却の基礎知識の関連記事

不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説|イエカレ 公開
不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションの相場はどのくらい?間取り別の売買価格を知ろう|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産売却価格の賢い上げ方とは|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
相続税は高い!土地の売り方のコツとは?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産の売却はタイミングが最重要。売り時は今だ!|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産査定を成功させるために知っておきたい5つのポイント|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
住み替えを前提とした不動産運用のポイントについて|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
初めて土地を売る時に知っておきたい売却までの流れ|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションの価格はどうやって決まる?新築VS中古徹底比較|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションを1円でも高く売るための5つのコツ|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産一括査定サイトを使いこなすための知識【完全版】|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産買い取りで失敗しないポイントのまとめ|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産買取業者の賢い選び方とは?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンション売却における「専門知識」総まとめ|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産売却に一括査定サイトを使うメリット・デメリット|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産を売るなら「買取」はアリ?ナシ?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
不動産を売るときの忘れがちな費用とは?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
マンションを売る時、相場を読み解くポイントとは?|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開
戸建て住宅を売るときに必要な手数料とは|不動産売却・不動産査定の一括査定サイト【イエカレ】 公開