「初めて」の不動産売却を考える

初めて不動産を売却する時は、とても不安なもの。
売却する金額が大きく、合わせて「失敗するリスクが高い」。
そんな、不動産の売却を成功させるポイントは、うまく専門家に任せること。
不動産売却における専門家、不動産会社の選び方をお伝えします。

この記事を読むのにかかる時間:5分

初めての不動産売却は「敷居」が高い?

初めて不動産の売却をすることになった人の話を聞くと、「何から手をつけていいかわからない」という声を最も耳にします。
確かに不動産の売却は扱う金額が大きい割に、買主を見つける方法が時運勝負なところがあります。
初めての不動産売却は「敷居」が高いといわれる理由もここにあるでしょう。
といっても、不動産を扱っている個人投資家でもない限りは、不動産売却が「初めて」という人も多いはず。
そこで大切になってくるのが、売却のなかで重要なポイントとなる「専門家の選び方」です。

販売開始後は「不動産会社に任せる」気持ちも大切に

不動産の売買物件の販売を開始すると、「購入希望者との売買交渉」「内覧への対応」が入ってきます。
購入希望者が一組の場合も複数回行われる場合も多く、売却を考えている売主にとっても、想定を超える大きな労力をともなうこともあります。

ただ、このすべてに売主が同席する必要はありません。
不動産会社に案内を一任し、買主の結果や感触を後ほど報告して貰う売主も多いです。「距離感」が大切なのですね

これは買主決定後、売買契約の準備から契約、引き渡しの段階についても同様です。
買主が決まったからといって、「不動産を売る」ということはとても煩雑な手続きが残っており、その進捗状況によっては最悪の場合、売買契約が見直されてしまうことも

売却における確定測量の隣地境界確認や売買契約締結など、「どうしても売主本人が関わらなくてはいけない部分」以外は、積極的に不動産会社に任せるようにしたいものです
幾多の不動産売買を手掛けてきた彼らは不動産の「プロフェッショナル」。
実績もあり、売買の手続きに慣れています。
特に売買契約前の「重要事項の説明」は不十分な場合、売主は後日賠償責任を負ってしまうことさえもあり得ます。



パートナーの不動産会社が決まったら「媒介契約」を

不動産には2種類の「契約」があります。
1つ目はこれまで説明してきたような、不動産の所有権を売主から買主へ譲渡する「不動産売買契約」です。
もう1つは、「不動産媒介契約」という、売主からは「売却を希望するから、買主を探して欲しい」という委託契約です。
もちろん一方の買主からの、「売主を探して欲しい」という依頼も同じように媒介契約といいます。

ここで肝心なのは不動産の世界でよく耳にする「仲介手数料」という言葉があります。媒介は仲介とも言い、媒介契約は「仲介手数料を受け取る契約」と定義付けることもできます。

<不動産売買の構図>
売主 -※→ 仲介会社 ←※-買主

上記表の、「※」の部分で、媒介契約が行なわれます。

媒介契約は、全部で3種類あります。
○専任媒介...1社に限定して媒介をする方法。売主自身が買い手を見つけることは可能。
○専属専任媒介...専任媒介と同様だが、売主自身が買い手を見つけることも不可
○一般媒介...複数の会社に媒介を依頼する方法

初めての不動産を売却するときは特に、「いったい何が違うのか」と思ってしまいますね。判断するひとつの基準は売主から見て、様々な不動産会社と連携するなら一般媒介。信頼できる不動産会社に大枠を任せたいのなら専任媒介や専属専任媒介を選ぶと良いでしょう。 その他にもいくつかの違いがあります。下記の表でまとめてみましょう。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
他社への重ねての仲介依頼 × ×
(明示型の場合は、他社へ重ねて依頼した場合は通知義務あり)
自ら探索した相手方との直接契約 ×
契約の有効期間 3か月以内 3か月以内 法令上の制限はない(ただし、行政の指導は3か月以内)
指定流通機構への登録 媒介役締結の日から5日以内 媒介契約締結の日から7日以内 法令上の義務はない(任意での登録は可能)
業務処理状況の報告義務 1週間に1回以上 2週間に1回以上 法令上の義務はない(任意での登録は可能)

不動産を売却する際の仲介手数料も確認しよう

仲介手数料は、以下の公式で算出できます。

仲介手数料=物件価格×3.24%(税込)+6.48万円たとえば、ある不動産売買物件が3,000万円の場合。
売主から貰える仲介手数料 3,000万×3.24%+6.48万円= 1,036,800円...<1>

買主も同じ不動産会社見つけると、
<1>×2=2,073,600円...<2>が不動産会社の収益となります。

俗に、<1>を「片手」、<2>を「両手」と言います。
当然、不動産会社は<1>よりも<2>を目指すものです。
短期間で両手となりそうな物件は、敢えてレインズに載せず、自身の会社のみで絞り込む、という慣習さえ残っていると言われています。

売買価格
(消費税を含まない)
仲介手数料
(消費税を含む)
200万円以下 5.4%以内の額
[=5%+消費税]
200万円超400万円以下 4.32%以内の額
[=4%+消費税]
400万円超 3.24%以内の額
[=3%+消費税]
※2014年4月1日施行

あなたに最適な優良不動産企業を探します!
優良不動産企業を徹底比較

この記事のまとめ

初めての不動産売却において、気を付けるべき点をお伝えしました。
不動産の売却は「わからない」からこそ、専門家に任せることがとても大切です。
不動産の売却においての専門家といえば、不動産会社です。
ただしそれは、「信頼できる不動産会社」が見つかってからの話です。
労を厭わず、複数の不動産会社を廻って、初めての不動産売却を成功させる「きっかけ」としたいものですね。

不動産売却の基礎知識の関連記事

マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説
マンション売却で押さえておくべきポイントを徹底解説 公開
マンション買取売却に手数料はかかる?買取売却のコツも解説
マンション買取売却に手数料はかかる?買取売却のコツも解説 公開
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説
土地売却の手続きはどうやる?高く売るための6つのコツを解説 公開
手数料だけじゃない!マンション売却に要する費用とタイミングを解説
手数料だけじゃない!マンション売却に要する費用とタイミングを解説 公開
戸建ての売却には手数料がかかる?手数料を抑えるコツも解説
戸建ての売却には手数料がかかる?手数料を抑えるコツも解説 公開
戸建ての売却には税金がかかる?節税ポイントも解説
戸建ての売却には税金がかかる?節税ポイントも解説 公開
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説!
ビル売却の基本!高く売るための方法と5つの注意点を解説! 公開
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは
中古マンション売却に向けて!ガタ落ち市況でも失敗しない注意点とは 公開
抵当権抹消とは?アパートローン完済後の手続・必要書類・費用まとめ
抵当権抹消とは?アパートローン完済後の手続・必要書類・費用まとめ 公開
土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには?
土地売買契約書でチェックすべき項目|スムーズに売却するためには? 公開
【早見表付】不動産仲介手数料はいくら?安く抑える時のポイントとは
【早見表付】不動産仲介手数料はいくら?安く抑える時のポイントとは 公開
不動産売却時の流れ|必要な期間や売却後の確定申告まで徹底解説!
不動産売却時の流れ|必要な期間や売却後の確定申告まで徹底解説! 公開
【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは?
【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは? 公開
自分でする土地名義変更の方法・必要書類から費用を抑える方法まで
自分でする土地名義変更の方法・必要書類から費用を抑える方法まで 公開
不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説!
不動産一括査定とは?メリットデメリット・サイトの選び方を解説! 公開
不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介
不動産売却にかかる税金と計算方法とは?節税する方法もまとめて紹介 公開
空き家問題の現状から見えてきたデメリットと解決策は?
空き家問題の現状から見えてきたデメリットと解決策は? 公開
固定資産税評価額がかかわる不動産の税金!4つの調べ方とは
固定資産税評価額がかかわる不動産の税金!4つの調べ方とは 公開
公示価格とは?気になる最新ランキングと全国変動率まとめ
公示価格とは?気になる最新ランキングと全国変動率まとめ 公開
不動産の3つの媒介契約の選び方を売主のタイプ別に解説
不動産の3つの媒介契約の選び方を売主のタイプ別に解説 公開