不動産管理での利回り計算方法

不動産投資での収益は賃貸ならば家賃収入です。そして不動産投資の場合は建物が最終的に価値がゼロになりますから、家賃で建物の投資分を回収出来なければいくら家賃収入が有ってもそれは損をしたことになります。

この記事を読むのにかかる時間:5分

利回りとは

不動産投資での収益は賃貸ならば家賃収入です。そして不動産投資の場合は建物が最終的に価値がゼロになりますから、家賃で建物の投資分を回収出来なければいくら家賃収入が有ってもそれは損をしたことになります。それで10年間で投資分を回収するとなると家賃は投資金額の10%を年間収入として必要となってきます。つまり年10%の家賃収入ならば投資金額は10年で回収出来るということです。この年何%が不動産投資に於いての利回りになり、数字で物件を取得するのに使った投資金額が何年で回収出来るか分かります。それ良い物件ほど家賃収入が高くなり、悪い物件ほど家賃収入が低くなります。それに合わせて利回りも高くなったり低くなったりします。

利回りの種類

利回りには物件の取得価格を年間収入で割った表面利回りと年間収入から経費を引いた数字で割った実質利回りが有ります。経費とは不動産管理会社に管理を委託すると管理料を取られます。この管理料が経費です。そして管理料とは別に建物を修理する為の修繕費も取られます。この修繕費も経費になります。経費は他にも固定資産税や減価償却費などが有り、ローンで買っていればローンで払う金利も経費です。それらをすべて年間収入から引いて計算をしなければならないです。表面上は数字が高くても実際に運用してみると経費が多くかかって、大して儲からないということが有りますから、物件を購入する時は表面的な数字に騙されないようにする必要が有ります。

入居率と利回りの関係

不動産投資の収入は主に家賃収入ですから、空室が増えて入居率が低くなるとその分家賃収入が減ります。他に収入が無い場合は家賃収入が減ると利回りが下がります。だから利回りを上げるには、物件の入居率を高くする必要が有ります。それで不動産管理会社に空室が出ないように入居者の募集をしてもらい、空室を無くしていかなければならないです。不動産管理会社を使うと経費面で収益力が落ちるデメリットが有りますが、使わなければ管理が不十分になって空室リスクが高くなります。経費を減らした方が収益力が良くなりますが、管理が杜撰になれば空室が増えて収益力が落ちてしまいます。どちらが影響が大きいかと言えば空室が増える方が収益に対しての影響が大きいです。だから経費を引き下げる為に管理料の低い管理会社を選ぶよりも多少管理費が高くても管理がきちんとされていて、入居者が出ていかないから入居率が下がらない管理会社に物件の管理を委託する方がいいです。


「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ


あなたに最適な不動管理会社を探します!
不動管理会社を徹底比較

不動産管理の収支計画・利回りの関連記事

アパート経営を考えた場合は資産管理会社をつくった方がお得になるかも!?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
知ってると有利!!不動産管理会社の収支計画と利回り|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理での利回り計算方法|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
備えあれば憂いなし、保険のお話|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社と縁の深い税金である消費税のゆくえ|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産投資の利回りって本当に儲かるの?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開