アパート経営を考えた場合は資産管理会社をつくった方がお得になるかも!?


アパート経営を始める場合に今注目されているのが「資産管理会社の設立」です。
これはどういう事なのでしょうか。
会社の設立といっても不動産の資産を管理するためのものなので起業家ではない!
と思う前にまずはこちらをご覧ください。

この記事を読むのにかかる時間:5分

あなたの疑問やお悩みをイエカレが解決します!!

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたいIoT賃貸住宅とは?スマート賃貸に移行して賃貸経営に勝つ方法を解説!

*あわせて読みたい賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?

*あわせて読みたい賃貸管理で管理会社に支払う手数料はいくら?メリットと注意点も解説

*あわせて読みたい不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方

*あわせて読みたいアパート管理。その管理費用を適正にする方法とは!?

*あわせて読みたい2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??

*あわせて読みたい不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

*あわせて読みたい賃貸の事故物件!定義は? 告知義務はいつまで必要?対策まで解説

*あわせて読みたいwithコロナで見えてきたアパート経営術!傾向と対策とは?

*あわせて読みたい金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!

*最新サブリース賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

*関連コラム土地活用ランキング20選!バランスの良い総合力の高い活用方法とは?


資産管理会社を設立したほうがいい理由とは?

会社を設立したばかりでも融資を受けられるの?

資産管理会社を設立したほうがいい理由とは?

【メリット1】 役員報酬を控除対象にすることができます!
個人で購入ると課税対象になってしまう個人事業所得も、法人で購入して代表者に給与を支払うと給与所得控除として課税対象を減額することができます。

【メリット2】 法人の税率は個人と違い一定です。
個人の所得税は所得が多くなると税率が高くなる累進課税方式というものになります。
しかし法人の場合は所得に関係なく税率は一定と定められています。

【メリット3】 経費にできるものが多数あります。
個人の場合一部しか認められない生命保険の控除や不動産所得の赤字も、法人なら保険料の全額(一部の場合もある)や土地取得分の借入金の利息を経費にすることができます。

会社を設立したばかりでも融資を受けられるの?

会社を設立したばかりでも融資を受けられるの?

法人で物件購入すべき理由とは?

個人だと、物件を取得し続けるだけで税金がかなりかかってきます。
それに比べて、法人では規模が大きくなるほど経費控除の割合が高くなります。
実績のない法人へ貸すことは一般的にはなく、通常は2期または3期分の黒字の決算書が必要です。
また赤字であったり、設立したばかりで1期しか決算書がない場合も受けることは難しくなります。

それでは、なぜ不動産のときは新設法人へアパートローンが出来るのでしょうか。
その理由は、法人への融資だと考えていないためです。
形としては法人になっていますが、金融機関では実際は個人にしていると捉えています。

ただ、アパートローンでも個人でのローンと比べると、かなり審査は厳しくなるのが現状です。個人では大丈夫でも、新設法人は無理なこともあります。

最後にダメ押しで法人にした方がいい理由をご紹介

最後にダメ押しで法人にした方がいい理由をご紹介

資産管理法人を作るとさらにこんなことも!

資産管理法人へ融資を受けるときには、連帯保証人は代表者だけになります。
しかし、個人でアパートローンを組むと、連帯保証人に妻や親などを付けなければなりません。

新設法人なら、それも必要なく代表者だけの保証で済みます。
ただ、これからは海外の基準にあわせて、代表者の連帯保証もなくす方向で法の整備が進んでます。
注意したいのが、このことは銀行からは提案してくれないことです。
新設法人が前提だと伝えない限り、個人を前提にされてしまいます。

そこで大切なのが、銀行に新設法人でアパートローンを申し込むときには、最初にそのことと担当者に伝えることです。
また、決算費用なども必要となるので、税理士に依頼することになります。
最初のコストは個人よりも法人が多くかかりますが、新設法人の方が、その後の投資額も増やせる可能性は高くなります。

▶-----関連コラムを2つだけご紹介します。以下の記事では「賃貸経営で意識するべき”利回り”」について解説しています。もっと知識を得たい方は是非ご一読ください。

こんな記事も読まれてます
賃貸経営で意識するべき”利回り”って何?

賃貸経営で意識するべき”利回り”って何?

副業などでこれから賃貸経営をする場合は、正確な利回りについての知識をしっかり理解して物件を選ばなければなりません。今回ここでは、賃貸経営における利回りの種類と、具体的な収入額の把握に結び付けるさまざまな計算方法をご紹介します。

賃貸経営で意識するべき”利回り”って何?

▶-----また、以下の記事では「不動産投資は節税になる」と言われる理由について解説しています。もっと知識を得たい方は是非ご一読ください。

こんな記事も読まれてます
「不動産投資は節税になる」と言われる理由をご紹介

「不動産投資は節税になる」と言われる理由をご紹介

「不動産投資は節税になる」と言われる理由について解説しております。不動産投資で節税をお考えなら要チェックです。

「不動産投資は節税になる」と言われる理由をご紹介

【イエカレ運営局より】
・土地を活用して収入を得たい
・家を売りたい
・家を貸して家賃収入を得たい
・実力のある管理会社を探している


☆信頼できる業者選びのポイント☆
* 建物の品質に自信を持っており、保証やアフターサービスも充実している
* 限られた予算の中からできるだけ要望をくみとったプランを提案してくれる
* こちらも気が付かなかった部分の指摘や提案をしてくれる
* 実際の事例に基づいた収支シミュレーションなど、信頼性の高い数字を出してくれる
* 疑問点や不安点があっても、質問すればすぐにきちんと答えてくれる
* 担当者の対応、電話受付の対応に好感が持てる
などといったものが挙げられます。まず、これらをクリアできそうな業者かどうかをまず見極めて業者の絞り込みをする必要があります。

イエカレは、皆さまに寄り添いながらご相談に乗って頂ける企業をご紹介できるよう努めています。


イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。


*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

不動産管理の収支計画・利回りの関連記事

アパート経営を考えた場合は資産管理会社をつくった方がお得になるかも!?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
知ってると有利!!不動産管理会社の収支計画と利回り|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理での利回り計算方法|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
備えあれば憂いなし、保険のお話|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社と縁の深い税金である消費税のゆくえ|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産投資の利回りって本当に儲かるの?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開