リロケーションの入居者募集から管理まで

リロケーション物件には通常の不動産取引と異なる部分もあり、専門的な知識を持っていなければリロケーション会社に依頼し、相談しながら入居者の募集や物件の管理を行うのが最善だと言えます

この記事を読むのにかかる時間:5分

入居者募集・管理

所有物件をリロケーションとして貸し出すことが決まったら、入居者の募集や物件の管理を行う方法を決めます。
管理会社に依頼することが一般的ですが、全てをオーナー自身が行うことも可能です。しかし、リロケーション物件には通常の不動産取引と異なる部分もあり、 専門的な知識を持っていなければリロケーション会社に依頼し、相談しながら入居者の募集や物件の管理を行うのが最善だと言えます、 入居者の募集は、まず家賃と入居期間、さらには敷金や礼金を決めます。同じ地区の家賃相場と比較して現実的な条件にすることが入居者を早く見つけるポイントです。
また、物件の管理方法も入居者募集時に決めておきます。集合住宅であれば自治会への参加、戸建てであれば庭の手入れといったことを借り主が行うのかリロケーション会社が行うのかを決めるのです。

入居審査

物件に入居を希望する人が現れたら、入居審査を行います。
入居審査とは、入居を希望する人物の支払い能力や人格を見て、オーナーが物件を貸し出すことが出来るかを判断する審査です。
入居者を募集する段階では早く貸し出したいと先走ってしまい、審査が緩慢になりがちです。後々のことを考えて、時間を掛けて審査することを心がけましょう。
特に支払い能力は慎重に判断しなければなりません。支払い能力に不足があると家賃収入を得ることが出来ないからです。
また、入居希望者に定期収入があっても資産が少ない場合や、逆に資産があっても定期収入がない場合は注意が必要です。どちらかを失えば、たちまち家賃の支払いに困窮する状況になる可能性があります。
また、人格を判断する必要もあります。些細なことでトラブルになったり、物件の扱いが雑な人物は避けるべきです。

契約締結

支払い能力や人格に問題がなかった場合は、晴れて契約の締結となります。
契約締結の際は、「定期借家契約」を締結するべきです。これは、事前に物件を貸し出す期間を指定する契約で、リロケーション物件に最適な契約方式だと言えます。
リロケーション物件の場合、オーナーは転勤や海外赴任などで一時的にその物件を離れる場合がほとんどです。一般的な賃貸借契約では、借り主が希望した場合は契約の更新を行わなければならず、オーナーの転勤期間が終了しても物件を明け渡してもらえないことがありました。しかし、定期借家契約では契約更新がなく、借り主はあらかじめ定められた期間を持って退去しなければならないため、オーナーは確実に貸し出していた物件に住み始めることが出来るのです。両者が話し合って再度契約を結ぶことで賃貸期間を延長することも可能です。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

不動産を貸す際の流れの関連記事

リロケーションの全体の流れを知る|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
賃貸借契約書のチェックポイント|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
収支のシミュレーションを立てる|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーション利用時の流れ|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションの流れ|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションの入居者募集から管理まで|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開