リロケーション会社を選ぶ時はここに注目!

昨今、徐々に人気が高まっているリロケーション。
皆さんは、リロケーションを行う際、どのような会社を選べばよいかご存知ですか?
会社の選び方が分からないという方は、この記事を読めば、自ずと適切なリロケーション会社を選べるようになりますよ!

この記事を読むのにかかる時間:5分

会社が管理する戸数や担当者の確認を

最初のステップは、不動産会社の選択。
会社を見つける際は、周辺を歩いてみたりネットで検索したりして候補をある程度増やし、その後は以下に記載したポイントを基に選びましょう。

1.管理戸数の確認

管理戸数は、これまで会社が行ってきた取引の実績を意味します。管理戸数が多ければ、取引した物件の数が多いということです。
リロケーション業務は、一般的な賃貸業務より歴史が浅く、経験や知識が豊富な会社は限られています。リロケーションに不慣れな会社と契約してしまうと、予期せぬトラブルに見舞われた時に不十分な対応をされてしまうかもしれません。
ただし、実績が少なくても満足度の高い業務を行ってくれる会社もあります。管理戸数の多さだけで選ばず、他のチェック項目も比較しながら選ぶようにしてください。

2.安心して物件を担当者に任せられるか

担当者を信頼できれば、安心して物件や住居人の管理を任せられます。
信頼度を見極めるポイントは、担当者に連絡した際の対応です。誠実さや丁寧さが感じられるかが重要となります。
担当者とは打ち合わせや資料請求時に連絡を取ることができるので、その時の対応を参考にしてみてください。
担当者の対応に不信を抱いた時、オーナーの立場を考えていないと思われる時などは、リロケーション会社の変更をおすすめします。

それぞれの会社の基本がわかったらもう少し深く調べましょう。

会社によって様々な違いが
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

リロケーション会社によって契約内容にも違いが

3.契約期間をオーナーが決められるかどうか

リロケーション会社の中には、最低契約年数の規定があるところも。
希望契約期間はオーナーごとに異なるため、期間の変更ができないと希望に沿った貸し出しが行えないかもしれません。
契約前には、期間変更が可能か調べておきましょう。

4.設備の修理費用を負担してくれるか

物件の設備が故障した場合に会社が修理費を負担してくれるか、確認することも大切です。
一般的にはオーナーが修理費を負担することが多いですが、会社によっては修理費の一部を負担してくれます。

5.収支報告書の発行

賃料収入が発生すると、オーナーは年末に確定申告をすることになります。
確定申告は大変というイメージがありますが、会社から発行される収支報告書があれば負担も軽減。収支報告書の有無で確定申告の手間は変わります。確定申告に不慣れな方や手間を増やしたくない方であれば、契約前に聞いておいた方がよいでしょう。
会社によっては、納税の代行サービスを行っている場合があります。国外に住むことで確定申告が困難となるオーナーは、代行サービスのチェックもお忘れなく。

契約内容の他にもこんな違いが!

契約内容の他にもこんな違いが!

入居者に関すること柄にも着目すべきポイントが

6.入居者を募集する時の方法

入居者が長く見つからないと、その間賃料収入がオーナーには入りません。
オーナーにとって賃料収入は非常に大切な事柄です。広範囲に募集をかけるなど、なるべく入居者が早めに見つかるような方法を取る会社を選ぶようにしましょう。

7.入居者が見つかるまでの期間

リロケーション会社の取引事例の中に、似たような物件で入居者を募集したケースがあったら、入居までにかかった期間を調べてみてください。
自身が貸し出す物件の入居者が見つかる期間の目安にもなります。

8.リロケーション会社が法人企業と提携しているかどうか

法人企業と提携関係にあるリロケーション会社がおすすめです。
法人企業が提携していると、リロケーション会社が取り扱っている物件を社宅として利用することがあります。社宅に物件を利用してもらえれば、勤務先など相手の情報がある程度分かるため、まったく知らない方に貸し出すよりは、いくぶん安心することができるでしょう。
法人企業と提携している会社は、法人にどのくらいの割合で物件を貸し出しているかも調べておくと、よりベストです。

「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【良質なリロケーション会社を選ぶことが大切】
満足度の高いリロケーション会社を選ぶためには、以下のことに注意してみてください。
・物件の取引実績や担当者のイメージを確認する
・会社ごとに異なる契約内容を見比べた方が良い会社と契約できる
・確定申告に慣れていない方は収支報告書を作成してくれる会社がおすすめ
・入居者の募集方法なども重要なポイントとなる
これらをチェックしてリロケーション会社を探せば、オーナーとして大満足の結果が得られるでしょう。

リロケーションの基礎知識の関連記事

マンションをストレスフリーで貸す方法!管理業務を徹底調査|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
家賃がクレジットカードで支払える時代に!導入のメリットとは?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
マンションの賃貸収入を増やしたい!着目すべきはかかる税金や経費|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
期間限定で貸し出す!短いスパンでの賃貸(リロケーション)について|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
相続で受け継いだ物件……リロケーションで賃貸物件として利用したい|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
空き家を賃貸で貸し出そう!リロケーションで家の管理を|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
転勤が決まったらリロケーション?空き家を手軽に上手に賃貸する方法とは|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
安易に始めるのは危険?民泊のリスク・問題点とは|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションの具体的な方法を事例で学ぼう|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
サブリースとは?「家を貸す」ことがなぜ社会問題化しているのか|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーション会社を選ぶ時はここに注目!|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションにおいての収支計画と利回りの考え方|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションにかかる費用の総まとめ!|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
不動産のリロケーションって何?どんな意味?|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
ライフプランに大きく影響する、自宅賃貸。|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
リロケーションの確定申告のための基礎知識|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開
家をいくらで貸せるか知るテクニックと高く貸すための注意点|家を貸す・持ち家を賃貸に出して賃料収入を得るなら【イエカレ】 公開