あなたに最適な土地活用とは?14種類の方法を徹底比較

親族が残してくれた土地や、将来のためにと購入した土地。
その土地をいまだに活用せず、放置してしまっている方はいませんか?

土地は、ただ持っているだけではプラスの収益を生み出すことはありません。
それどころか、何もせず放置していると無駄な税金を永遠に支払い続けることになってしまいます。

所有している土地の特徴を理解し、最適に活用することで何もしなくてもお金が入ってくる安定的なプラスの資産となります。

ここでは、土地を活用すべき理由から14種類の土地活用方法について、目的別のおすすめ土地活用方法まで徹底的にご紹介します。

1.使っていない土地を活用した方が良い理由とは

現在、「所有している土地を有効活用すべきなのか」とお悩みの方は多いでしょう。そして、大半の方が「活用した方がいいに決まっている」と答えます。
それにも関わらず、実際に土地活用を行うための具体的な行動にうつせていません。

なぜ行動にうつせないのか、それは土地活用にはリスクが必ず伴うためです。

大きな利益があれば、大きなリスクもあると言われる土地活用。
しかし、本当に土地活用はリスクばかりなのでしょうか?

所有している土地を積極的に活用するべき理由として、以下2点があります。

①土地を活用することで節税対策ができる
②土地を有効活用して収益を上げられる

ここからは、土地を活用することによってなぜ節税対策ができるのか、どのようにして収益を上げるのかといった点も含めて詳しくご紹介します。

1-1.土地を活用することで節税対策ができる

土地活用の有無に関わらず、土地を所有しているだけでかかる税金は以下の2点です。

・固定資産税
・都市計画税

どちらも全国一律ではなく、地域によって金額が定められています。

しかし、土地の活用方法によってはこの税金が更地よりも減額されるケースが存在します。
数多くある土地活用の中でも、最も効果的に節税対策が行える方法として知られているのがアパートやマンション経営です。
住戸一戸あたりの広さにより軽減措置され、更地の状態と比べて最大1/6まで減税することができます。

このように、所有している土地を更地のまま放置してしまうよりも、土地にあった活用をすることで固定資産税や都市計画税、相続税の節税対策ができ、無駄な税金の支払いを抑えることが可能です。

1-2.土地を有効活用して収益を上げられる

土地をただ所有しているだけでは、収益が一切発生しません。
しかし、土地を活用することで収益ゼロの状態からお金を生み出す資産に変えることができます。

例えば、土地の売却は土地の所有権譲渡と引き換えに多額の収入を得ることが可能です。
アパート経営やマンション経営、土地そのものを貸す活用方法では、長期にわたって安定的に収益を得ることができます。

ただ所有しているだけではマイナスでしかなかった土地も、その土地にあった活用方法を行うことで不労所得生活ができるほどの安定収入を得られる資産となるでしょう。

上記2つの理由から、所有している土地を積極的に活用することをおすすめします。

1-3.土地活用を検討する際に考えるべき点

所有している土地によって最適な活用方法は大きく変わります。
そのため、土地の特徴を理解せずに行動にうつすことはおすすめできません。
まずは、リスクを最小限に抑えて土地活用を行うために事前に考えておくべき項目を見てみましょう。

・土地活用の目的を明確に定める
・土地の特徴について理解する
・土地にあった活用方法の選択

間違った活用方法を選択してしまうと、更地だった時以上に費用がかかってしまう可能性もあります。
所有している土地を"収益を生む資産"にできるように、事前の調査を怠らず堅実に進めていくことが大切です。

1-4.活用or売却どちらがお得?

土地活用を考える上で、"自分で活用するのか"それとも"売却してしまうのか"は多くの方が悩まれる問題です。
それぞれにメリット・デメリットがあり、土地の特徴や所有者の目的によっても最適な選択は変わります。

土地活用にはリスクがつきものですが、継続的に収入を得られることから収益を目的として土地を活用したい方に向いています。
一方、土地売却では土地の所有権を失う代わりに確実にお金が手に入るため、リスクをとらず土地を現金化してしまいたい方に向いています。

納得した上での選択なら、どちらの方法を選んでも問題ありません。
ただ、亡くなった親族が残してくれた土地など思い入れがある場合、思い切って土地の売却を選択される方はそう多くありません。

土地売却に踏み切れず、結果的に放置している状態なら土地を有効活用して収益を得る方法を検討することをおすすめします。



2.選択肢が絞れる!土地活用プランと比較一覧表

4つのタイプと14種類の土地活用方法

土地活用方法には、大まかに

・自己活用
・共同活用
・貸す
・売る

上記4つのタイプがあります。

ここからは、この4つのタイプと14種類の土地活用方法について、メリット・デメリットをメインに紹介していきます。

2-1.アパート経営

メリット
  • 収益性がある
  • 節税効果が高い
  • 建物によっては低コストで始められる
  • 部屋数が多いほど空室リスクの分散につながる
デメリット
  • 空室や家賃滞納、地震や災害時などのリスクがある
  • 入居者トラブルが起こりやすい

賃貸アパート経営は基本的に木造住宅が多く、一棟にかける建築費を減らしながら部屋数で勝負できる土地活用方法です。
部屋数が多ければ多いほど空室リスクの分散に繋がるというメリットがありますが、その分入居者トラブルが起こりやすいことがデメリットとなります。

建築するアパートの規模や設備はもちろん、アパートの土台となる土地の状態などさまざまな条件によって初期費用は大きく異なります。
土地を所有している上でのアパート経営は、土地から購入してアパート経営を始めるのに比べて利回りがより高くなる傾向にあります。

所有している土地がある地域のニーズをしっかり捉え、その地域で人気のあるお部屋の傾向を理解した上で始めるなら、アパート経営がおすすめです。

2-2.マンション経営

メリット
  • 収益性がある
  • 節税効果が高い
  • 入居者トラブルが起こりにくい
  • 部屋数が多いほど空室リスクの分散につながる
デメリット
  • 初期費用と修繕費の負担が大きい
  • 空室や家賃滞納、地震や災害時などのリスクがある

賃貸マンション経営は木造住宅が多いアパートと違い、基本的に鉄骨コンクリート造などで建築されています。
そのため、建築費用や建物のメンテナンスを行うための修繕費も高くなります。

しかし、マンションの方が建物の設備や機能性が優れているため、入居者トラブルが起こりにくく、長く住み続けてくれる可能性が高いというメリットがあります。
また、都市部や駅近など便利な立地にあれば建物の価値も高まるため、賃料を高く設定することも可能です。

そのため、安定した収益を得たい方や、賃料相場が比較的高いエリアに土地を所有しているなら、マンション経営がおすすめです。

2-3.戸建賃貸経営

メリット
  • 入居者の質が高い
  • 入居者の入居期間が長く、長期的に収益を得られる
  • 特殊な形の土地でも建築できる
デメリット
  • 建設費用やリフォーム費用の負担が大きい
  • 空室リスクの分散が不可能
  • 空室期間が長くなる場合がある

賃貸戸建経営はアパートやマンション同様、建築にかかるコストは高くなります。ただ、その分家賃などを高く設定できるため利回りが極端に低下することはありません。
さらに、ファミリー層の入居者が多く、長期的な契約に結び付きやすくなっています。

しかし、入れ替わりが激しくない戸建賃貸経営は一度空室になると空室期間が長くなる可能性があり、入居者がいなければ収益が全く無くなってしまうデメリットもあります。

ただ、戸建賃貸経営はアパートやマンション経営と比べて小規模で、変形地でも対応できる強みがあります。
既に戸建住宅がある場合はリフォームやリノベーションのみと、初期費用を低く抑えることも可能です。

そのため、所有している土地が変形地の場合や、既に戸建て住宅が建っているという方におすすめの土地活用方法です。

2-4.オフィス賃貸経営

メリット
  • 収益性がある
  • 居住用物件よりも高い賃料を設定できる
  • 居住用物件を建てられない土地でも建築できる可能性がある
  • 入居者トラブルが起こりにくい
デメリット
  • 初期費用の負担が大きい
  • 一部の税金に対する節税効果が低い
  • 空室リスクのダメージが大きい

オフィス賃貸経営では、事務所として使用されるオフィスビルを建設します。
アパートやマンションなどの居住用物件は建築基準法の条件が厳しく定められていますが、オフィスビルに関しては条件がそれほど厳しくありません。
そのため、居住用物件が建築できない土地でもオフィスビルなら建築できる可能性があります。

オフィスビルは基本的に居住用物件よりも家賃を高く設定できるため、早い段階で初期費用を回収することが期待できます。
さらに、個人ではなく法人の入居者が多いため、入居者トラブルが起こりにくいのも大きなメリットです。

しかし、オフィスビルは一室あたりの収入が高いため空室リスクのダメージが大きいというデメリットがあります。
毎日の通勤や来訪のしやすさ等の観点から、駅から徒歩圏内にあるオフィスビルが選ばれる傾向にあるため、利便性が高い土地であるほど空室リスクも最小限に抑えられるでしょう。

そのため、都心部周辺の好立地なオフィス街などに大きな土地を所有しているなら、オフィス賃貸経営がおすすめです。

2-5.駐車場経営

メリット
  • 初期費用の負担が少ない
  • 他の活用方法への転用性が高い
  • 立地の影響を受けにくい
デメリット
  • 立体駐車場の場合、設置が認められないケースがある
  • 一部の税金に対する節税効果が低い
  • 事故やトラブルなどの責任リスクがある

駐車場経営は初期費用が少なく、狭く小さな土地でも始められることからはじめての土地活用として人気の方法です。
コインパーキング型や月極駐車場などさまざまな運用方法がありますが、どれも建設時に必要な設備が少ないため、転用性が高く短期間での運営ができるということが大きなメリットです。

ただ、一部の税金に対する節税効果が薄く、税制上のメリットは少ないためローリスクローリターン型の土地活用方法であると言えます。

乗用車1台あたりに必要となる面積の目安は7坪ですが、2台分停車できる15坪くらいからでも駐車場経営は可能です。

そのため、土地面積の広さは関係なく周辺に住宅街や繁華街があり、車が出入りしやすい場所に土地を所有しているなら、駐車場経営がおすすめです。

2-6.トランクルーム経営

メリット
  • 初期費用の負担が少ない
  • 利回りが高い
  • 他の活用方法への転用性が高い
  • 立地の影響を受けにくい
デメリット
  • 一室あたりの賃料が低い
  • 節税効果が低い
  • 集客が難しく、満室を目指すのに時間を要する

トランクルーム経営も駐車場経営と同様、初期費用が少なく転用性が高いことから人気の活用方法です。
ただ、集客面では難易度が高く仮に満室になったとしても一室あたりの賃料が低いため、大きな収益は得にくくなっています。

しかし、トランクルームは荷物を保管することだけを目的とした施設のため、住環境の良くない土地でもそれほど影響を受けずに運営することが可能です。

そのため、全く日が当たらない、外の騒音がひどいなど住環境には不向きな場所の土地を所有しているなら、トランクルーム経営がおすすめです。

2-7.太陽光発電

メリット
  • 継続的なメンテナンスの負担が少ない
  • 経年劣化が緩やかで長持ちしやすい
  • 利回りが高い
デメリット
  • 初期費用の負担が大きい
  • 売電価格が低下傾向にある
  • パネルの反射光が近隣住民からのクレームに繋がる可能性がある

土地や建物の屋根部分にソーラーパネルを設置し、太陽光によって生産された電気を電力会社に販売する土地活用方法です。
太陽光発電は発電パネルの枚数や価格によって異なるものの、基本的に初期費用の負担は大きくなります。

しかし、発電パネルは頑丈であるため一度設置してしまえば定期的なメンテナンスの頻度は低く、修繕費の負担も少なくなっています。
さらに、利回りが比較的高いことも大きなメリットです。

太陽光発電は、太陽光をどれだけ照射できるのかが重要になります。
そのため、周辺に日を遮るものがなく、南向きにパネルを設置でき、ある程度の広さがある土地を所有しているなら太陽光発電がおすすめです。

2-8.商業施設経営

メリット
  • 居住用物件よりも高い賃料を設定できる
  • さまざまな業態のテナントに対応できる
  • 初期費用などはテナントが負担してくれる場合がある
デメリット
  • 特定のテナントに特化した設備の場合に次の借り手が見つかりにくい、もしくは全面改修が必要
  • 空室リスクのダメージが大きい

商業施設経営とは、所有している土地を活用して飲食チェーン店やコンビニなどのテナント事業者と共同で商業施設を開発・出店する土地活用方法です。
土地の立地条件やテナントの業種によって活用形態が大きく変わります。

一般的な経営方法は土地をテナント事業者へ貸し出す「事業用定地借地方式」で、初期費用はテナント事業者が負担してくれるケースが多くなっています。

ただ、特定のテナントに特化した建物の場合は次の借り手が見つかりにくく、そうなれば空室リスクのダメージも大きくなります。
人が多く集まるエリアであれば全面改修など費用の負担が大きくなる前に次の借り手を見つけられる可能性が高くなるため、空室リスクをカバーできます。

そのため、駅近のアクセス便利な立地や郊外ロードサイドなど人が多く集まるエリアに土地を所有しているなら、商業施設経営がおすすめです。

2-9.医療施設経営

メリット
  • 初期費用の負担が少ない
  • 都心部から離れた場所でも問題ない
  • 安定した収益を得やすい
  • 社会貢献度が高い
デメリット
  • 特定の医療に特化した設備の場合に次の借り手が見つかりにくい、もしくは全面改修が必要
  • 立地によっては不利となる

医療施設経営とは、所有している土地を活用して医療事業者と共同で医療施設を開発・開院する土地活用方法です。

小さな規模の土地であれば、まず建物を建設してから医療事業者に賃貸物件として貸し出す「リースバック方式」、大きな規模の土地であれば、土地そのものを医療事業者へ貸し出す「事業用定地借地方式」が一般的となります。

医療施設が建設されるとそれだけで地域の魅力も上がり、需要も高まります。長期的に安定した収益を得られるだけでなく、地域の貢献にも繋がるということが大きなメリットです。
しかし、バスや電車などの公共交通機関から遠い場所にある場合、医療事業者とのマッチングさえ困難になります。

そのため、医療施設の少ない住宅街で、なおかつ公共交通機関から近い場所に土地を所有しているなら、医療施設経営がおすすめです。

2-10.介護施設経営

メリット
  • 収益性がある
  • 需要が高く空室リスクも少ない
  • 補助金や税制優遇が受けられる場合がある
  • 社会貢献度が高い
デメリット
  • 初期費用と継続的なメンテナンスの負担が大きい
  • 介護士不足の影響によるさまざまなリスクがある
  • 広い土地が必要となるケースがある

介護施設経営とは、所有している土地を活用して介護事業者と共同で介護施設を開発・経営する土地活用方法です。

介護施設経営は広い土地が必要になるケースが多いため、その分初期費用の負担も大きくなります。また、経営を始めるにあたり介護士不足などのリスクも把握しておかなければなりません。

しかし、日本は近年高齢化社会を迎えたことにより、サービス付き高齢者向け住宅など高齢者施設経営の需要がさらに高まっていくと言われています。
そのため、アパートやマンション経営に比べて空室リスクも少なく、今後も安定して収益を得られる可能性が高いことがメリットとなります。

ある程度の広さがある土地を所有しており、初期費用に負担がかかってしまっても、長期的に収益を得たいという方に介護施設経営はおすすめです。

2-11.売却

メリット
  • 所有していた土地を現金化できる
  • 今後さまざまな税金を支払う必要がなくなる
デメリット
  • 譲渡所得税などの諸費用がかかる
  • 今後その土地を活用して収益を得ることは不可能になる

土地の売却は、一時的な収入が得られる上、無駄に払い続けてきた税金を今後一切支払う必要がなくなるという大きなメリットがあります。

しかし、売却にも支払わなければならない費用が発生します。それが「譲渡所得税」や「仲介手数料」などです。
土地の状態や仲介会社によってこれらの費用が大きく異なるため、専門担当者としっかり相談した上で進めていく必要があります。

収益を得られる活用方法はリスクが高すぎると懸念している方や、これからも無駄に税金を支払い続けていくことが嫌という方が土地売却を選択しています。

2-12.定期借地

メリット
  • 最終的に土地は手元に返ってくる
  • 初期費用が必要ない
  • 長期にわたり安定した収益を得られる
デメリット
  • 契約期間中の賃料変更が不可能
  • 条件に合ったサービス事業者を探すことが困難

定期借地は、所有している土地を手放さず土地そのものを他人に貸す土地活用方法です。
基本的に借主が建物を建てるため初期費用が必要なく、土地の貸出代のみの収益となります。

契約期間は10年から50年程度と幅広く、一度長期の契約を結べば安定して収益を得られます。ただ、契約期間中の賃料変更が不可能であることがデメリットです。

今後、所有している土地を長期的に活用する予定がないという方は、手軽に活用できる定期借地がおすすめです。

2-13.等価交換

メリット
  • 土地を提供するだけで収益を得られる
  • 節税効果がある
  • 事業化することで高値で売却できる可能性が高まる
デメリット
  • 区分所有となるため自由に管理ができない
  • 条件に合ったサービス事業者を探すことが困難

土地の所有者は土地を、デベロッパーと呼ばれる事業者は建築費用を出資して共同活用という形で活用する方法が等価交換です。
それぞれの出資の割合に応じた土地及び建物の区分所有権を取得し、利益を得られます。

資金力や経営力のあるデベロッパーを探すことができ、お互いの条件に合えば所有している土地を提供するだけで企画から売却までのすべてを任せられます。
しかし、有効的な条件を持った土地でなければ優良なデベロッパーを探すことさえ困難です。

人が多く集まる場所に、大規模な建物を建てられるような広い土地を所有しているなら、等価交換もおすすめです。

2-14.土地信託

メリット
  • 最終的に土地と建物は手元に返ってくる
  • 土地活用のプロに任せられるため、経営的な知識は不要
デメリット
  • 成功するのか失敗するのかは信託会社の実力による
  • 土地活用に関するノウハウは身につかない

土地信託は「誰かを信用して所有している土地を託す」という意味です。
所有している土地の活用・運用を依頼し、土地の預け先が生み出した利益を受け取る仕組みとなります。

基本的に土地信託を行うには土地活用のプロがいる信託会社へ依頼することになるため、経営的な知識は一切不要です。
しかし、一生の付き合いとなる土地を所有しているにも関わらず、土地活用に関する知識やノウハウが身につかないというデメリットもあります。

また「信託」という言葉が入っているため「土地を貸す」印象がありますが、土地信託は「共同活用」の種類となります。もし運用に失敗してしまうと、不利益を受けるのは信託会社ではなく土地の所有者です。

そのため、土地信託は経営ノウハウをしっかり持った信託会社を選ぶことができる方におすすめです。



3.【項目別】おすすめの土地活用方法

土地活用にはたくさんの方法がありますが、何を基準として選ぶのかは人それぞれです。
ここからは、土地活用を検討する多くの方が基準としている、

①安定した収益性
②回収期間のはやさ
③土地の立地条件(都市部・地方)
④リスク
⑤転用性

上記5つの項目別に、おすすめの土地活用方法をご紹介していきます。

3-1.①安定した収益性

安定した収益性で選ぶなら

収益性の高さよりも、長期的に安定した収益性のある土地活用方法を選ぶなら、マンション経営と介護施設経営がおすすめです。

マンション経営は、アパート経営に比べ入居者トラブルが起こりにくく長く住み続ける方が多いため、長期スパンで見て安定した収益性が望めます。
介護施設経営は、日本の少子高齢化により今以上に介護施設のニーズが高まっていくことから、将来性が高くおすすめです。

3-2.②回収期間のはやさ

回収期間のはやさで選ぶなら

回収期間のはやさで選ぶなら、オフィス賃貸と商業施設経営がおすすめです。

オフィスビルや商業施設経営は初期投資額の高さから回収期間が長くなると思われがちですが、アパートやマンションに比べて家賃を高めに設定することができます。
ターゲットを定めて広告を打ち出し、空席リスクを早期段階で解決できれば短期間で回収することが可能です。

初期コストを最大限落として早期回収したい場合は、トランクルーム経営もおすすめです。平均利回りは20%と言われており、早ければ3年以内に回収することができます。

3-3.③土地の立地条件(都市部・地方)

数ある土地活用方法の中でも、都市部の住宅街に向いている活用方法と、地方(田舎)に向いている活用方法の2つに分かれます。
さらに、土地の面積や立地条件によっても、おすすめの土地活用方法が異なります。

都市部の住宅街に土地がある場合

都市部では、土地の広さによって活用法が少し異なります。

人通りの多い都市部の住宅街ではアパートやマンション経営などの賃貸住宅経営のほか、ドラッグストアやコンビニ経営などの店舗経営は地域住民からのニーズが高いため、おすすめの土地活用方法です。

また、都市部の住宅街に狭い土地を所有しているなら駐車場経営がおすすめです。住宅街のほか、商業施設が周辺にあればさらに安定して収益を得られるでしょう。

地方(田舎)に土地がある場合

太陽光発電は、大きなビルや住宅などの建物で日を遮られることがない地方や田舎に最適です。
ただ、太陽光発電は場所や広さによっても難易度が高くなるケースがあります。その場合は地方で需要の高い戸建賃貸経営かトランクルーム経営もおすすめです。

また、人通りの全くない田舎に土地を所有している場合、収益効果が薄いと感じるのであれば思い切って売却することも一つの選択肢となります。

3-4.④リスク

リスクの少なさで選ぶなら

紹介した土地活用の中でも、リスクが格段に少ない方法は駐車場経営です。
駐車場経営は資金が必要ないことから始めやすく、契約期間も2年など比較的短期設定できることから、万が一の状況でもすぐ撤退しやすいメリットがあります。

収益性よりも、リスクの低さを最重視して土地活用を考えている初心者向けと言えます。

3-5.⑤転用性

転用性の高さで選ぶなら

いくら土地活用を検討しているといっても、更地のままでは当然固定資産税がかかります。
しかし、簡単に活用方法を決められるわけでもありません。
その場合は、駐車場経営やトランクルーム経営など転用性が高い活用方法がおすすめです。

駐車場経営とトランクルーム経営にもさらに細かく見ていくとさまざまな運営方法がありますが、転用性を重視して選ぶなら更地に戻すことが安易な平面式駐車場と屋外型トランクルームが良いでしょう。



まとめ

この記事を通して、土地の活用について漠然としか考えていなかった方もある程度選ぶべき活用方法が定まってきたのではないでしょうか。

土地の活用方法には、それぞれメリット・デメリットが必ずあります。そのため自分は何を重視しているのかを考えて選ぶことが大切です。

所有している土地の活用方法が定まったら、次は不動産会社に相談して進めていく流れとなります。
さまざまな不動産総合サイトをチェックして、一括資料請求サービスや不動産一括査定サービスを利用しながら、あなたが持つ土地にあった理想の活用方法を選択して着実に次のステップへ進んでいきましょう。

賃貸経営の基礎知識の関連記事

形状別で見るおすすめ土地活用方法と”トレンド”の賃貸経営8選|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
アパート経営の経費とは|「不動産投資は節税になる」と言われる理由|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
アパート経営で失敗してしまう3つの理由と成功する人・しない人の違いとは|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
アパート経営の意外な落とし穴~安定した黒字経営を行うためには?|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
成功事例から学ぶ!田舎でもできる土地活用方法|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
【目的別】土地活用のおすすめ相談先一覧|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
あなたに最適な土地活用とは?14種類の方法を徹底比較|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
賃貸経営で意識するべき”利回り”って何?|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
空室対策5つ!満室御礼にしたいオーナーは必見です!|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
自主管理VS管理委託…賢い選択に繋がる3つのポイントとは|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
海外赴任だ!どうする自宅?賃貸に出すのは本当にお得なのか|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
急に転勤が決まった!自宅をリロケーションで活用する方法|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
ビル1棟の売却を考えている方へ!売却する前に知っておきたいこと|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
ビル1室を売りたい! より高く売るためのポイント|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
工場・倉庫を売りたい! 有利に売却するためのポイント|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
せっかくなら高く売りたい! 店舗を売却するときのコツとは|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
マンション1棟を売りたい! 高く売れる物件の特徴|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
アパートの建築費は構造で変わる!? その目安と理由とは|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
土地活用でアパート経営!知っておきたいメリット・デメリットとは|アパート経営・土地活用情報の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
固定資産税対策!アパート経営のメリット・デメリット|イエカレ 公開