賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?

賃貸管理会社を探しているオーナーの皆さんは、正しい会社の選び方をどのくらいご存知でしょうか?
この記事を読めば、会社選定時に気を付けるべき点が理解できますよ。
会社選びに失敗したくないオーナーの方、必見です。

この記事を読むのにかかる時間:5分

オーナーは賃貸管理会社のここに注目すべし

賃貸管理会社を選ぶ際の判断基準は以下の通りです。

1.高い入居率を維持している/空室が継続している期間が短い

会社を選ぶ際、入居率や空室がどの程度継続しているか確認しておくことをおすすめします。
会社に安定して入居者を見つけられる力があれば、継続的に賃料収入を得られる可能性が比較的高いと言えるでしょう。

2.仲介部署の有無

賃貸管理会社の中には、入居者募集を行う「仲介部署」を保有しているところがあります。仲介部署がある場合とない場合の両方にメリットとデメリットがあるので、それぞれ比較して選ぶようにしましょう。
仲介部署がある会社であれば、自社だけで入居者募集を行うことが可能です。ただし、仲介部署の募集力があまり高くない場合には、空室状態が長く続いてしまうことも。会社が他の業者に募集を委託しない時は、より空室期間が長くなってしまうかもしれません。
仲介部署がない会社の場合は、募集を他の業者と連携することが多いです。連携先が仲介専門であれば入居者探しもスムーズ。しかし、自社物件も同時に扱っている会社と連携している場合には、連携先の会社が自社物件を最優先することもあります。

その他のポイントは!!

その他のポイントは!! 
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ

経営タイプや雰囲気、担当者の対応などにもポイントが

会社の経営タイプなどにも、不動産会社を選ぶためのポイントがあります。

1.地域密着型か、それとも大手か

賃貸管理会社は、地域に密着したタイプと全国展開しているような大手タイプに分けることが可能です。
2つのタイプのメリットやデメリットを把握すれば、より良い選び方ができます。

地元密着型の会社は、賃貸物件や立地環境の情報に詳しいというメリットがあります。大手の管理会社とは異なり、いざという時も臨機応変な対応が望めます。
しかし、大手よりも社員数が少ないことがネックで、多岐にわたる賃貸業務を少人数で担当することに。時には人手不足に陥ることもあります。
大手の賃貸管理会社は、宣伝力が強みです。会社の認知度が高いため、賃貸物件を探している方の目に留まりやすいことが特徴です。
空室状態が長く続く可能性も低くなります。ただし、トラブルが発生した時などの対応は本部が行うことが多いため、対応スピードは地元密着型より遅くなるでしょう。

2.担当社員の雰囲気が良い

管理会社と契約を交わすと、担当社員と何度も連絡を取るようになります。担当が親切丁寧な社員であれば、疑問が生じた時などにも気軽に聞くことができますよ。

さらにこんなところにも注目したい!

こんなところにも注目したい!

オーナーは賃貸管理会社のここに注目すべし

入居者が起こしたトラブルへの対応力も、賃貸管理会社を選ぶ時のポイントとなります。

入居者トラブルの代表的なものと言えば、家賃の滞納です。滞納が続くと、物件が空室である時と同じ状況になります。
賃貸管理会社が入居者の滞納家賃を適切に回収できているかどうか確認するには、滞納状態が続いている物件の数を調べればOKです。
1ヶ月分の家賃を支払っていない場合は、単純に忘れているだけかもしれないので、調査対象は2ヶ月以上家賃を支払っていない入居者数。
滞納者数が多すぎる会社は、手際良く家賃の回収が行えていないことを意味します。

家賃滞納の他にも、入居者トラブルとして挙げられるのが騒音問題です。
日常的に騒音に悩まされる状態が続くなどした時には、せっかく入居者が見つかったとしてもすぐに退去してしまう可能性があります。
反対に、賃貸管理会社がトラブルに即座に対応してくれる場合、オーナー側は安心して会社に物件管理を任せられますよね。

騒音問題などに上手に対応してくれるかどうかの判断材料は、相談用のコールセンターの設置や物件管理を行うスタッフの人数です。
物件管理スタッフ1人あたりの担当戸数が少ないほど、迅速な対応が望めます。


「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【注意点を参考にして納得のいく賃貸管理会社選びを】
オーナーが賃貸管理会社を利用する際に確認すべきポイントを、以下にまとめます。
・空室期間を長引かせないためには、入居率の高い会社の選択を
・メリットやデメリットを把握した上で、地域密着型と大手のどちらを選ぶか決める
・入居者がトラブルを起こした時の会社側の対応にも着目
さまざまな項目を比較することで、賃貸管理会社とより良い関係を築くことができます。
ぜひ、会社選びの参考にしてください。

不動産管理会社の基礎知識の関連記事

マンションの自主管理は本当に正しいのか? 大事なのは入居者満足度|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
実は高かった? アパート管理費を適正にする方法|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
賃貸管理で管理会社に支払う手数料はいくら?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
東京で不動産管理を任せるなら、楽しみはこれ|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
【最新版】賃貸管理会社ランキング|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
会社によって一括借り上げのシステムはこんなに違う!事前に比較しましたか?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
オーナー必見!家賃保証会社の賢い選び方とは|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
賃貸管理会社とは?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産会社の持っている管理ノウハウ|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
「節税」のために、不動産管理会社と賃貸物件を建てる危険性|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
マンション管理に関する法律|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
こんなことも知っておきましょう!管理会社と仲介会社の違いって?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
知っていますか?不動産管理会社が「何をしてくれるのか」について|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開