管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由

不動産経営をしていると、管理会社やその担当者とうまくいかなくなってしまうことがあります。
そのようなとき、管理会社を変更すべきなのでしょうか。それとも、ほかに何か方法があるのでしょうか。
ここでは、管理会社を変える理由や、担当者とうまくやっていくコツなどについて、ご紹介します。

この記事を読むのにかかる時間:5分



こんな場合には管理会社変更を考えたほうがいいかも?

管理会社変更の理由(1)担当者とうまくいかない

管理会社に入居管理や建物管理などを委託する場合、基本的には担当者がつき、その人を通してさまざまなやり取りをすることになります。そのため、担当者との相性は非常に重要で、両者の間で良好な関係を築くことができないときは、管理会社を変更するという選択をする大家さんもいます。

■互いの立場を理解することが大切

管理会社の担当者と大家さんが良い関係を築くには、お互いの立場を理解する必要があります。
管理会社の主な業務は入居者の募集や契約、クレーム対応などですが、大家さんの中には建物周辺の見回りや清掃など、委託業務範囲外の要求をする方もいます。これでは管理会社の担当者も辟易してしまいますので、まずは管理会社に委託する業務内容を正確に把握することが大切です。

■こまめな連絡で情報の共有をする

管理会社との関係を良好に保つには、こまめに連絡を取り合い、賃貸物件や入居者などに関する情報を共有することも大切です。担当者とのトラブルは連絡漏れや行き違いが原因で起こることも多いため、小さなことでも互いに連絡し合い、共通の認識を持っておく必要があるのです。

上記のような対策を講じてみても、やはり担当者とうまくいかないという場合、いきなり管理会社を変更するのではなく、担当者を変更してもらうのも1つの選択肢です。
管理会社を変更するとなると、煩わしい手続きが必要になりますが、担当者の変更は比較的簡単に行えますので、管理会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

担当者との関係は大事ですね。では2つ目の理由は!

担当者との関係は大事ですね。では2つ目の理由は! 
「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ

管理会社変更の理由(2)空室が埋まらない

入居者の募集は、管理会社が行う重要な業務の1つです。賃貸経営を成功させるには、入居者を確保して空室を出さないようにしなければなりません。
そのため、空室がなかなか埋まらない場合、それが管理会社を変更する理由になることがあります。

■オーナーも積極的に知識を身につけよう

入居管理を管理会社に委託すると、「入居者の募集は管理会社の仕事だから」と、募集業務のすべてを丸投げしてしまいがちです。しかし、入居者の募集は本来、管理会社とオーナーがタッグを組み、協力しながら行うべきものです。
空室を出さないためには、物件オーナー自身も募集に関する知識を身につけ、管理会社と対応を話し合いながら入居者募集の方法を工夫することをおすすめします。また、管理会社の中には物件オーナー向けの講演会や勉強会を開催しているところもあるので、積極的に参加してみるのもよいでしょう。

■オーナーにもできることはたくさんある

管理会社は、入居者募集のために広告を出したり、HPに物件情報を掲載したりします。これらの募集業務については、専門知識やノウハウを持つ管理会社が行うべきものですが、オーナー自身にもできることはたくさんあります。
たとえば、入居希望者が物件の内覧にきた時に少しでも良い印象を持っていただけるように、定期的に掃除をしたり、空気の入れ替えをしたりするのはいかがでしょうか。また、内覧に立ち会い、その物件についてオーナー自ら説明するのもおすすめです。
オーナー自身が入居者募集に積極的であると、管理会社も動きやすくなりますし、両者が連携して動くことは、担当者との関係を良くすることにもつながります。

空室が埋まらないというのはかなり厳しいですね!では3つめの理由です!

空室が埋まらないというのはかなり厳しいですね!では3つめの理由です!

管理会社変更の理由(3)対応が遅い

賃貸している物件に長期間入居してもらうには、その物件が入居者にとって居心地の良いものでなければなりません。そのためには、入居者からのクレームやトラブルが発生した際、管理会社に迅速に対応してもらう必要があります。
それにもかかわらず、管理会社の対応が遅いとなると、管理会社の変更が視野に入ってくるでしょう。

■迅速なレスポンスを心がけよう

入居者からのクレームなどに対応するのは管理会社ですが、最終的な判断は物件オーナーが行わなければなりません。そのため、オーナーと連絡が取りにくいと、そこで手続きが止まり、クレームやトラブルの解決が遅くなってしまうことがあります。
管理会社から連絡が入った場合は、迅速なレスポンスを心がけ、費用面などでの決断が必要な場合も、できるだけ早く結論を出すよう心がけましょう。

■オーナー側で期限を設定する

オーナーが迅速なレスポンスを心がけていても、管理会社の対応が遅いと意味がありません。そのような場合は、オーナー側から「○日の□時までに対応してください」というように期限を設定するのが効果的です。


「無料一括査定」で最適な条件・企業を比較できます!
賃貸物件をお持ちでより効率的に
賃貸管理をお考えの方はコチラ
持ち家や分譲マンションなどの
賃貸化をお考えの方はコチラ

この記事のまとめ

【管理会社との良好な関係作りが賃貸経営成功のカギ】
管理会社を変更する理由にはさまざまなものがありますが、
・担当者とオーナーが互いの立場を理解し合う
・オーナー側も不動産経営に関する知識やノウハウを身につける
・素早いレスポンスを心がける
といった対策により、管理会社との関係を良好に保てることもあります。

現在、管理会社との関係に悩んでいる方は、まず今回ご紹介した対策を実践してみてはいかがでしょうか。

不動産管理会社の基礎知識の関連記事

マンションの自主管理は本当に正しいのか? 大事なのは入居者満足度 公開
実は高かった? アパート管理費を適正にする方法 公開
管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由 公開
東京で不動産管理を任せるなら、楽しみはこれ 公開
【最新版】賃貸管理会社ランキング 公開
会社によって一括借り上げのシステムはこんなに違う!事前に比較しましたか? 公開
オーナー必見!家賃保証会社の賢い選び方とは 公開
賃貸管理で管理会社に支払う手数料はいくら? 公開
賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって? 公開
賃貸管理会社とは? 公開
不動産会社の持っている管理ノウハウ 公開
「節税」のために、不動産管理会社と賃貸物件を建てる危険性 公開
マンション管理に関する法律 公開
知っていますか?不動産管理会社が「何をしてくれるのか」について 公開
こんなことも知っておきましょう!管理会社と仲介会社の違いって? 公開