不動産管理会社をめぐるトラブルの対策方法

不動産管理会社をめぐっては、様々なトラブルが発生します。
もちろん、トラブルには適切な対策方法を講ずることが何よりも必要です。
そこで、トラブルの紹介と対策方法をまとめました。
不動産管理会社の中の人も、不動産管理会社に仕事を頼む人も必見です。

この記事を読むのにかかる時間:5分

不動産管理会社のトラブル1・家賃

不動産管理会社のトラブルとして一番に挙げられるのは、家賃の問題かもしれません。
一般的に、不動産管理をとりまく当事者を図にすると、次のようになります。

不動産管理を行う場合、契約によって、家賃を決める主体は変わります。
オーナー自身が家賃を決める場合もあれば、不動産管理会社が家賃を決める場合もあるでしょう。
具体的には、次のような契約形態があるので押さえてください。

どちらにせよ、覚えておいてほしいことがあります。
それは、物件の質に見合わないほど高い家賃である場合、入居者が集まらないという最悪の事態を招く可能性もあるということです。

このようなトラブルの対策方法は、どうなっているのでしょうか?あまりに基本的ですが、オーナー自身が家賃を決める場合はもちろん、不動産管理会社が決め、オーナーは保証された家賃を受け取る場合にも注意が必要です。 いずれにせよ「この物件はどのくらいの家賃で貸すのが妥当か?」というポイントは見極めるようにしましょう。それが一番のトラブルへの対策方法かもしれません。

不動産管理会社のトラブル2・入居者

不動産管理会社の担当者の頭を悩ますトラブルはまだあります。入居者が起こすトラブルです。たとえば、こんなトラブルがあります。

・家賃を滞納する。
・騒音をまき散らす。
・ごみの処理が悪い。
・不審者を連れ込んでいる。等

どれも、他の入居者との軋轢を起こす可能性があるトラブルです。
こういうトラブルがあった場合、どうするのかという対策方法をしっかり決めておくのが大事です。
決めておかないと、あとで取り返しのつかない事態を招く可能性もあります。
社内マニュアルの整備など、やれることをやるのが対策方法であるかもしれません。

不動産管理会社のトラブル3・管理費用

不動産管理会社のトラブルには、オーナーとの間のトラブルもあります。
起こりがちなのが、オーナーが管理費用にクレームをつけてくるケースです。

当然、不動産管理会社だって仕事としてやっているのだから、それに見合う費用を請求する権利はあります。
しかし、クレームをつけてくるオーナーがいる場合、「なぜクレームをつけてくるのか?」という原因究明を行うのも対策方法として有効です。

トラブルへの対応スピードが遅い、同様のサービスを提供する競合企業がある...理由は様々です。
まずは真摯に耳を傾けましょう。
逆に、うわべだけのクレーム処理を行った場合、オーナーとの関係が悪化するケースもあるので、慎重に行いましょう。

もちろん、オーナーの側からも、管理費用に疑問を感じたら、不動産管理会社にクレームをつける権利はあります。
管理費用は決して安い買い物ではありません。
納得のいかないお金の出し方をするよりは、しっかり話し合って、前向きな対策方法を実践するのがいいのは明らかでしょう。

トラブルへの対策方法1・条件のすり合わせ

では、このように不動産管理会社を悩ませるトラブルには、どうやって対処すればいいのでしょうか?

対策方法のひとつとして提案したいのは、オーナーとの条件のすり合わせには時間をかけることです。
特に、不動産投資を初めて行うオーナーは、最初は何を聞いてもわからない、という状況が続きます。その疑問に真摯に答えることが、トラブルへの原始的な対策方法として有効でしょう。

もちろん、オーナー側にも、「わからないことはうやむやにしない」という姿勢を持って物事に臨む心構えが必要であることは言うまでもありません。
話し合いはいい加減にせず、しっかり条件のすり合わせを行うことを心がけてください。家賃、管理費用など、お金の絡むことについては、特に慎重に行いましょう。金額の根拠を示すのもお忘れなく!

トラブルへの対策方法2・入居審査

入居者関連のトラブルについても、考えてみましょう。

先にも書いた通り、不動産管理会社を悩ませるトラブルは、入居者の質による部分も大きいです。
入居審査はある程度厳しくした方がいいかもしれません。
特に、初めて不動産投資を行うオーナーの場合、どういう入居者が入るかによって、投資の成果は決まってしまいます。

慎重になりすぎてもなりすぎることはないでしょう。
しかし、あくまで「ある程度」です。厳しくし過ぎてしまうと、今度はその条件を満たす入居者が現れない、という歓迎できない事態が起こってしまいます。

悩ましいところですが、「この程度の条件なら入居してくれる人がいるだろう」という水準を見極めるのも大事です。
オーナーが一人で考えても無理な部分はあるので、不動産管理会社と協議し、方針を練りましょう。これが一番現実的な対策方法かもしれません。

この記事のまとめ

不動産管理会社にまつわるトラブルと、適切な対策方法についてまとめました。
一言でまとめると、事前によく考えておくことが何よりのトラブルへの対策方法となる、ということです。
しかし、トラブルを完全に回避することもできません。起こったとしても、冷静に対処するのが一番です。

*あわせて読みたい:賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?

*あわせて読みたい:賃貸管理で管理会社に支払う手数料はいくら?メリットと注意点も解説

*あわせて読みたい:不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方

*あわせて読みたい:アパート管理。その管理費用を適正にする方法とは!?

*サブリース新法:賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

*あわせて読みたい:2022年以降の生産緑地を使った土地活用術とは??

*あわせて読みたい:不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

*あわせて読みたい:賃貸の事故物件!定義は? 告知義務はいつまで必要?対策まで解説

*あわせて読みたい:withコロナで見えてきたアパート経営術!傾向と対策とは?

*あわせて読みたい:金融緩和継続で不動産市場はどうなる?売却と土地活用の対策を解説!

*関連コラム:土地活用ランキング20選!バランスの良い総合力の高い活用方法とは?

トラブルとその対策の関連記事

アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策|土地活用・アパート経営なら一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社をめぐるトラブルの対策方法|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社と保険|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
実は損してる?不動産管理会社との管理契約は落とし穴だらけ!?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開