賃貸の事故物件!定義は? 告知義務はいつまで必要?対策まで解説

この記事を読むのにかかる時間:10分

不動産の相談を多数受ける中で、「所有している物件が事故物件になった場合の対処法を聞きたい」というお声を頂きました。また、「万が一に備えて、起こり得る事故物件の事例と対応策を知りたい」「実際に事故が起こり、その後の取るべき対応策を知りたい」というお声もありました。今回は、そのようにお悩みの物件オーナー様に向けて、イエカレが「賃貸の事故物件」の定義や把握すべき法律、対策方法を徹底的に解説します。

1.事故物件の定義って実は曖昧?

トラブルとその対策の関連記事

賃貸の事故物件!定義は? 告知義務はいつまで必要?対策まで解説|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策|土地活用・アパート経営なら一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
オーナー必見!家賃保証会社の賢い選び方とは|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社をめぐるトラブルの対策方法|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産管理会社と保険|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
実は損してる?不動産管理会社との管理契約は落とし穴だらけ!?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開