間違った空室対策、していませんか?空室率を下げるためのノウハウ!


賃貸物件を所有しているオーナーさんとしては、毎月コンスタントに家賃収入が得られないと困りますよね。安定した家賃収入を得るためには、常に満室の状態にしておく必要があります。
しかし、実際には人口減少により住宅に対する需要減少傾向であると言われておりますが、需要がなくなるわけではありません。
今回のコラムでは空室を減らすためのノウハウをご紹介します!

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい驚きの空室対策方法!?"フリーレント"を知っていますか?

*あわせて読みたいマンションの空室対策のためにできる取り組みとは

*あわせて読みたいアパート経営の空室対策12選!家賃を下げる前にできることを紹介

*あわせて読みたい賃貸経営で大家さんがすべき仕事と委託先|空室リスクを防ぐ方法まで

*あわせて読みたい【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで

*あわせて読みたい【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは?

*あわせて読みたい賃貸管理で管理会社に支払う手数料はいくら?メリットと注意点も解説

*あわせて読みたい知らないとマズイ!?不動産管理会社とはなにか知っていますか?

*あわせて読みたい賃貸管理会社とは?

空室率が増加しているのはなぜでしょうか!?

空室率が増加しているのはなんで??

入居者から入る家賃を賃貸物件のローン返済に充てたいオーナーさんもいますし、老後の生活費を確保する目的で賃貸物件を建築したり購入しているはずです。
安定した家賃収入を得るためには、常に満室の状態にしておく必要があります。

しかし、実際には賃貸物件の多くが空室を抱えています。
空室の数が増えたり空いている期間が長いと損失がどんどん大きくなってしまいます。
賃貸住宅の空室が増える原因として考えられるのは、相場と比べて家賃が高かったり需要と供給が合っていないことでしょう
周辺に似た物件が建ち並んでいる地域でも、空室が増える可能性が高くなります。
この場合は供給だけが増えて需要が増えないという構図があるのです。

実際、国土交通省によると、13年度の新設賃貸物件は15.3%増の37万戸というデータが出ています。
家を借りたいニーズが増えていないのにどんどん新たに賃貸物件が建築されているのです。
また、賃貸物件は人に貸していることで課税対象として評価額が大きく変わります。
2015年より相続税の基礎控除額が4割引き下げられたため、課税範囲が広がり課税対象者が1.5~2倍に増え、節税対策のために賃貸物件の建設が急増しています。このような要因も原因の1つと言えるでしょう。


では、具体的にはどのような対策をすればよいでしょうか?

では、具体的にはどのような対策をすればよいでしょうか?

管理方法次第で、空室対策につながります!

オーナーさんが所有しているアパートやマンションの管理を不動産管理会社に任せている場合は、管理方法次第で空室が減ることもあります!
退去者が出てもこれと言った空室対策をとらない不動産管理会社では、満室になる日を期待しても必ずしも期待通りにいかないこともあるでしょう。
オーナーさんから信頼されていて評判の良い不動産管理会社なら、積極的に空室対策を実施しています。
入居者が入りにくい原因を探り、色々なアドバイスをしてくれるでしょう。
場合によっては家賃交渉や契約時の費用を軽減するための交渉が入ることもあります。
最近では礼金を取らずに入居者を募集している賃貸物件が増えていますが、賃貸物件のオーナーさんは物件探しをしている方の声を直接聞くわけではありませんから状況が分からない部分もありますね。
礼金なしにするだけで入居率が上がるケースもありますが、不動産管理会社からの提案がなければ現状のままになってしまいます。
実力があるサービスの質の高い管理会社を選ぶことが重要になってきますね。


今契約している管理会社で解決しなければ管理会社の変更も検討しましょう!

今契約している管理会社で解決しなければ管理会社の変更も検討しましょう!

解決しなければ管理会社の変更も検討しましょう!

今後も空室率が上昇傾向の中で、自分の賃貸物件の空室率を下げるのは難しいのではないかと考えている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。 逆に考えてみるのはいかがでしょう。

空室対策にはをまとめると以下の通りです。

(1)利便性のいい立地の物件を選ぶ
(2)安定して人気のある間取りや設備の物件を選ぶ
(3)家賃相場を知る
(4)サービスの質の高い管理会社を選ぶ
(5)集客力の高い業者に入居者募集を依頼する
(6)入居したくなるような魅力的なサービスをつける

いかがですか?
今の管理会社さんで解決できそうですか?もし不安が少しでもあるのならば、契約している管理会社に相談してみましょう。

空室があってなかなか解消されないとお悩みのオーナーさんは、物件の管理を任せている不動産管理会社を変更するという選択肢もあります。
長年管理を依頼していると今更変えるというのも言いづらい面があるかもしれませんね。

しかしオーナーさんとしては大切な財産である物件を任せているのですから、別の不動産管理会社に変えることも検討してもいいでしょう。
手数料や管理内容をじっくり聞きながら一番誠意があって熱心な管理会社を選びましょう。

ここで関連コラムを3つご紹介します。

▶-----以下の記事では「管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由」について解説しています。管理会社を変える理由などについて解説しています。

こんな記事も読まれてます
管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由

管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由

この記事では「管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由」について紹介しています。不動産経営をしていると、管理会社やその担当者とうまくいかなくなってしまうことがあります。管理会社を変える理由などについて解説しています。

管理会社は変更すべき?管理会社を変えた3つの理由

▶-----以下、関連の記事をご紹介します。賃貸管理会社を探している不動産オーナーの皆さんにとって参考にして頂ける、正しい会社の選び方を解説しましたので、ご興味のある方は、宜しければご参考にしてみて下さい

こんな記事も読まれてます
賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?

賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?

賃貸管理会社を探しているオーナーの皆さんは、正しい会社の選び方をどのくらいご存知でしょうか?この記事を読めば、会社選定時に気を付けるべき点が理解できます。会社選びに失敗したくないオーナーの方、必見です。

賃貸管理会社をオーナーが見極める時に注意したいポイントって?

▶-----以下、関連の記事をご紹介します。賃貸管理会社を探している不動産オーナーの皆さんにとって参考にして頂ける、正しい会社の選び方を解説しましたので、ご興味のある方は、宜しければご参考にしてみて下さい

こんな記事も読まれてます
不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方

不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方

管理料を安く設定している管理会社もありますが、空室が多いと賃貸経営は成功しません。管理料が高くても空室を埋める募集力のある管理会社の方が、結果的には収入が高くなる事が考えられます。管理会社を探している方必見の選び方をまとめました。

不動産管理会社を探している方必見!不動産管理会社の選び方


この記事のまとめ

空室が増えてしまうと、最終的には競売になってしまう可能性もあります。今まで特に何も考えず、賃貸経営は管理会社やサブリース会社に任せっぱなしで、賃貸経営に一切関わってこなかった大家さんもいらっしゃると思います。

特別な知識が必要なわけではありません。わからないことがあればすぐに不動産管理会社に相談しましょう!
上記でご紹介した基本的な内容をこなしていけば空室は改善されるはずです。

【イエカレ運営局より】
イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っています。
「企業へ相談をしてみたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。

*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

アパート・マンションの空室対策の関連記事

IoT賃貸住宅とは?スマート賃貸に移行して賃貸経営に勝つ方法を解説!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
間違った空室対策、していませんか?空室率を下げるためのノウハウ!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
マンションの空室対策のためにできる取り組みとは|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
不動産における2015年問題|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
満室経営するための入居者募集のコツ|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
驚きの空室対策方法!?"フリーレント"を知っていますか?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開