マンションの空室対策のためにできる取り組みとは

マンションオーナーの方で、空室対策に頭を悩ませていらっしゃる方は多いでしょう。満室で嬉しい悲鳴という人は少ないでしょう。

この記事を読むのにかかる時間:5分

空室があることのデメリット

マンションオーナーの方で、空室対策に頭を悩ませていらっしゃる方は多いでしょう。満室で嬉しい悲鳴という人は少ないでしょう。人口が増加から減少に転じた現在、空室率は伸びる一方です。都道府県によっても差はありますが、四軒から五軒に一軒は空室という計算になります。その半面、新築のアパートやマンションは次々と建っています。必然的に、新築物件に人気は集まり、古い物件や魅力のない物件は見向きもされません。空室率が改善しない方は空室対策の方法や、不動産管理会社を今一度考える時期ではないでしょうか。

リフォームなども有効な空室対策

家賃を安くする、広告を打つといった基本的な対策はもちろん必要ですが、リフォームも有効です。これといって特徴のない物件ほど入居者が素通りしてしまうものです。不動産管理を行う上で、家賃だけに目が向きがちですが、物件を再生させることも視野に入れましょう。壊れていないのに無理に改装するのか、と気が進まない方もいらっしゃる事でしょう。入居者が退去をしたら、美装と畳の表替え程度で終わらせてはいませんか。思い切って壁紙の色をビビッドなものにしたり、間取り自体を変えてみたりしてはいかがでしょう。この物件のアピールポイントはここです、と胸を張って言えるポイントがないと、決定には至りにくいものです。例えば、壁紙を入居者に選んでもらうなど、面白いのではないでしょうか。

空室対策のしっかりした管理会社を選ぶ

不動産管理会社を変えてみる、または自主管理から不動産管理会社へお願いする場合には何を一番気を付けるべきでしょうか。日々の管理体制がきちんとしているかどうかは、管理をしている物件を見に行けば分かります。共有部分がちゃんと清掃されているか、玄関ホールの電球が切れたままになっていないかなどで判断が出来ます。そして、一番のポイントは、空室対策をしっかりとしているかです。空室対策が出来ていれば、管理もしっかりとしているものです。試しに、管理会社の担当者と面談した際に、物件の全体的な入居率を聞いてみましょう。対策をきちんと出来ている会社であれば、すぐに答えが出てきます。そしてリフォームの具体例なども聞いてみましょう。提案を上手に出来る会社であれば、これまでの実例の写真や概算を出してくれます。空室対策はご自分の物件を改めて見直すチャンスでもあります。不動産管理会社の選定と共に、物件をより良いものにしましょう。

アパート・マンションの空室対策の関連記事

間違った空室対策、していませんか?空室率を下げるためのノウハウ!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
マンションの空室対策のためにできる取り組みとは|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
驚きの空室対策方法!?"フリーレント"を知っていますか?|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開