賃貸の仲介会社の選び方。特徴・得意分野を知る

不動産を賃貸に出す場合、自分で手続きをするのは大変です。
そこで、不動産仲介会社に頼むのが一般的な流れでしょう。
でも、そもそも仲介って何をすることなんでしょうか?
そして、どうやって選べばいいんでしょうか?
賃貸の仲介業者選びのポイントをまとめました。

この記事を読むのにかかる時間:3分

*FAQコラム:不動産一括見積もりサイトの選び方7つのポイントを徹底解説


そもそも不動産仲介とは何をすること?

まず、不動産仲介とはいったい何をすることなのか、というのを明らかにしておきたいと思います。
不動産仲介とは、不動産の売買・賃貸を行う際に、買主と売主又は貸主と借主の間に立ち、売買契約や賃貸契約を成立させるために動くことを言います。不動産会社の主な業務内容の一つです。

つまり、不動産会社はこの業務を行い、所定の手数料をもらうことによって、収益を得ています。
また、不動産仲介の業務は多岐にわたりますが、貸主との関係においては、次の業務を主に行います。

・物件の査定
・賃貸料金の提案
・資料作成、インターネットへの広告出稿等の宣伝活動
・貸主の状況に合わせた賃貸プランの提案
・物件下見のコーディネート
・契約書等の書類作成
・決済対応

この他にも、仲介に付随する業務をほぼ全般的に担当すると考えていいでしょう。

不動産仲介業者に依頼するメリット

では、家を貸したい!と思ったときに、不動産仲介業者を使うのには、どんなメリットがあるのでしょうか?次のようなメリットが挙げられます。

・法律回りの情報、周辺環境の情報などを調査してくれる。
・賃料が適正かどうかの判断をしてくれる。
・取引条件をコーディネートしてくれる。
・賃料が適切に払われているか、調査してくれる。
・複雑な書類の作成もきちんとやってくれる。
・トラブル、損害が生じた場合、解決に向けて動いてくれる。

これらを一言でまとめると、「素人がやるには面倒くさい手続きを全部代行してくれる」と考えてもいいでしょう。

不動産の賃貸は、法律にのっとった厳格な手続きが必要とされます。
知識のない人間が取り掛かっても、まずうまくいきません。
そういう意味では、プロである不動産仲介業者に任せるのには意味があるといえるでしょう。

不動産仲介業者に依頼するデメリット

一方で、不動産仲介業者に依頼するデメリットには何があるでしょうか?
これはなんといっても、「手数料を支払わなければいけない」という点かもしれません。
まずは、次の図をご覧になってください。

図

この図をご覧になってもわかるように、不動産の仲介を頼む、ということは、「不動産仲介業者に頼み、自分に代わって借主を探してもらい、そのお礼として仲介手数料を払う」ということです。
つまり、基本的には不動産仲介業者に依頼する=手数料がかかる、と思っていたほうがいいでしょう。

賃貸の場合、仲介手数料の上限は「成約賃料×1か月分」で計算します。
参考までに、売買の場合も合わせた表を作りました。

図

もちろん、これは上限であって、交渉次第でいくらでも安くすることは可能です。
また、最近では仲介手数料をもらわない、と明言している不動産仲介業者も現れました。
つまり、場合によってはこのデメリットも解消される可能性があることも頭にとどめておいてください。

不動産仲介業者はどう選ぶべき?

不動産仲介業者に依頼するメリット、デメリットについて考えたところで、どうやって選ぶかという話に移っていきましょう。

まず、次の3点をチェックしてみてください。
・資本金が多い。
・従業員がそれなりにいる。
・多数の仲介実績がある。
そうなると、やはり大手の会社に......という考えが浮かんでくるものだと思います。
しかし、この3点を満たさない場合であっても、選ぶに値する不動産仲介業者はあります。
では、どういう不動産仲介業者だったら選ぶに値するのでしょうか?次の2点に注意してみてください。
・長年経営が続いている。
・地元の不動産事情に通じている。
つまり、大手でない「昔ながらの不動産屋」であっても、いい不動産仲介業者は存在するのです。
大手でないとダメ、と思うのではなく、中小であってもいいところはある、という視点で探すとうまくいくでしょう。

件数を重視するなら大手、実情を重視するなら中小、というように使い分けをするといいかもしれません。

不動産仲介業者の営業マンの選び方は?

では、最後に、不動産仲介業者の顔ともいえる営業マンの選び方についても押さえておきましょう。
人間性、という点では個々人の相性もあると思います。
話をしていて「雰囲気のいい人だな」と思えれば、まずは合格です。
むしろ問題にしてほしいのはその先です。

「疑問点を質問したときに、真摯に答えてくれるか?」をしっかり観察していただきたいと思います。

不動産仲介はなかなか複雑な取引です。疑問点が生じないほうがおかしいでしょう。
・質問したときにちゃんと答えてくれること
・その場で答えられない質問だった場合、あとで調べて報告するなどフォローしてくれること
この2点をしっかり守ってくれる営業マンだったら、信頼してお任せできる可能性が高いです。

*あわせて読みたい:テレワークが不動産業に与える影響とは?

*あわせて読みたい:自宅の賃料相場を調べる

*あわせて読みたい:一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!

*あわせて読みたい:家を貸す注意点って何?初心者必見!3つの落とし穴

*あわせて読みたい:マンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ?

*あわせて読みたい:不動産の賃貸-収支のシミュレーションを立てる

*あわせて読みたい:不動産の賃貸-管理委託の手数料について

*あわせて読みたい:転勤者必見。定期借家のオススメポイント

*あわせて読みたい:賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの?

*あわせて読みたい:不動産の賃貸-リロケーションの一括家賃査定について

*サブリース新法:賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

*あわせて読みたい:不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?

*あわせて読みたい:不動産査定価格に影響するポイントは何か?まとめて解説

*あわせて読みたい:不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託

この記事のまとめ

不動産仲介会社について、選び方のポイントをまとめました。
大手の不動産仲介会社は扱い件数も多いという点で魅力的です。
しかし、中小の不動産仲介会社であっても、地元の実情に明るければ、十分に選択する理由になりえます。

でも、どちらにしても担当の営業マンがしっかりと自分の相談に向き合ってくれるか?という点が本当に重要です。そのことを大事にして、付き合うべきかどうかを判断すべきです。

リロケーション基礎講座の関連記事

急に転勤が決まった!自宅をリロケーションで活用する方法
急に転勤が決まった!自宅をリロケーションで活用する方法 公開
空き家の活用方法はこれで決まり!イケてる空き家対策
空き家の活用方法はこれで決まり!イケてる空き家対策 公開
転勤者必見。定期借家のオススメポイント
転勤者必見。定期借家のオススメポイント 公開
賃貸管理で抑えておくべき3つのポイント
賃貸管理で抑えておくべき3つのポイント 公開
民泊ってなに?そのメリット・デメリットをチェック!
民泊ってなに?そのメリット・デメリットをチェック! 公開
経営スタイルから見る民泊の上手な利用方法とは
経営スタイルから見る民泊の上手な利用方法とは 公開
賃貸の仲介会社の選び方。特徴・得意分野を知る
賃貸の仲介会社の選び方。特徴・得意分野を知る 公開
住んでいない持ち家を貸して、家賃収入を得る方法を考える!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】
住んでいない持ち家を貸して、家賃収入を得る方法を考える!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
家を貸す種類について(普通借家と定期借家)
家を貸す種類について(普通借家と定期借家) 公開