急に転勤が決まった!自宅をリロケーションで活用する方法


持ち家のある人が転勤になった場合、売るという選択肢の他に、賃貸として貸し出すという方法もあります。
その時に活用できるのが、リロケーションというサービスです。
その仕組みについて詳しくご紹介します。

この記事を読むのにかかる時間:5分

あなたの疑問やお悩みをイエカレが解決します!!

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたいテレワークが不動産業に与える影響とは?

*あわせて読みたい自宅の賃料相場を調べる

*あわせて読みたい一戸建ては貸すのがおすすめ。戸建ては意外と人気が高い!

*あわせて読みたい家を貸す注意点って何?初心者必見!3つの落とし穴

*あわせて読みたいマンションを賃貸に出す時、住宅ローンが残っているとダメ?

*あわせて読みたい不動産の賃貸-収支のシミュレーションを立てる

*あわせて読みたい不動産の賃貸-管理委託の手数料について

*あわせて読みたい転勤者必見。定期借家のオススメポイント

*あわせて読みたい賃貸査定を依頼する時は何から始めたらいいの?

*あわせて読みたい不動産の賃貸-リロケーションの一括家賃査定について

*サブリース新法賃貸住宅管理業法で賃貸経営はどう変わる?貸主が知るべき注意点とは

*あわせて読みたい不動産の相続をする人が知っておきたい家族信託・民事信託


転勤が決まったならリロケーションの検討もしてみませんか?

転勤が決まった場合、持ち家がある人の頭を悩ませるのが、家をどうするかということです。 売るのか貸すのか、それとも無人の状態にしておくかという選択肢があるのですが、まず、家は人が住んでいない時間が長ければ長いほど、傷んでしまう可能性があります。

人の存在があるからこそ、定期的な換気や掃除、庭の手入れなどができるのであって、その役目を担う人が誰もいないと、傷みが早く進んでしまう可能性があり、不動産としての価値が下がってしまうことも考えられます。

また、売ると言っても、中古住宅の売却価格が購入時の価格を上回ることは難しいこと、せっかくの資産を手放すことになるため、そう簡単には決断できない問題です。
その結果としては、最終的に「家の管理だけしてくれる人がいたらいいのにな」と思ったり「賃貸として物件を有効活用できたらいいな」という考えに辿りつくのではないでしょうか。

そんな時に活用できるのが「リロケーションです」。
これは、家の持ち主が転勤で不在の間、家を賃貸してその管理を行ったり、無人のまま家の管理だけを行ったりするサービスのことです。
このリロケーションを利用すれば、愛着のある家を売りに出さずに、再び帰ってきて住むことが可能になります。

自宅を貸し出す時の注意点

リロケーションを利用して自宅を貸し出す際には、注意点もあります。

まず、自宅を人に貸し出すと不安になるのが、家を汚されたり傷つけられたりしないかということではないでしょうか。
この点に関しては、契約を結ぶ際にきちんと確認をして、納得の上で人に貸すようにした方がいいでしょう。後々のトラブルを防ぐという意味でも本当に大切です。

もう1点注意が必要となるのが、契約期間についてです。
転勤でリロケーションを利用する際には、家の持ち主が戻ってくるまでの期間、家を他の人に貸すということで、契約期間の設定が行われるでしょう。

ただし、実際には予定が変更になって想定よりも早く自宅に戻って来られるようになる可能性が、まったくないとは言い切れません。
しかし、もしそうなったとしても、家の持ち主だからと言って、契約を途中で終了して家を出て行ってもらうようにすることはできません。

さらに、期限付きの賃貸ということで、家賃は相場より低くなってしまう可能性があることを頭に入れておきましょう。
リロケーションを検討している場合には、会社によって業務内容に差がありますので、事前にしっかり確認しておくようにします。

自宅を貸すことのメリット

リロケーションを利用して自宅を貸すことには、メリットがあります。

その1つが家を有効活用して家賃収入が得られるかもしれないという点です。
また、賃貸管理はリロケーション会社に任せることができますので、細かい管理に手を煩わせる必要がないことも、メリットと言えるでしょう。

さらに、先ほども少し触れましたが、転勤によって愛着のある家を売る選択をしなくていいという点と、誰かに住んでもらうことによって家の劣化を防ぐことができるという点も、リロケーションのメリットです。
空き家の管理だけでも、家の劣化は防げるかもしれませんが、管理を任せるための出費は増えても、賃貸する時のようにプラスアルファの収入を期待することはできません。

そして、リロケーションのメリットは、貸し出す期間をあらかじめ決めておくことができるという点にもあるでしょう。
これにより、家の持ち主はスムーズに再び自分の家に住みはじめることができるようになります。自分の家なのに、帰ってきても立ち退いてもらえないなどの余計なトラブルを防ぐことにも役立つことでしょう。

▶-----以下の記事では、家を貸す種類について(普通借家と定期借家)について解説をしています。

こんな記事も読まれてます
家を貸す種類について(普通借家と定期借家)

家を貸す種類について(普通借家と定期借家)

家を貸すことを法律用語でいうと、賃貸借契約といいます。この賃貸借契約には、普通借家契約と定期借家契約があります。耳慣れない言葉かもしれませんが、覚えておきたい言葉です。両者の違いについて、様々な側面から解説します。

家を貸す種類について(普通借家と定期借家)

▶-----また、以下の記事では、不動産管理会社を選ぶポイントを解説しています。

こんな記事も読まれてます
ココを押さえればOK!確実な管理会社を選ぶために知るべきポイント!

ココを押さえればOK!確実な管理会社を選ぶために知るべきポイント!

持ち家やアパートで不動産投資を行っている方の多くは、不動産の管理業務を不動産管理会社に委託することが一般的な手法です。不安要素を数え上げればきりがないですが、確実な不動産管理会社を選ぶために知るべきポイントについてご紹介します。

ココを押さえればOK!確実な管理会社を選ぶために知るべきポイント!

この記事のまとめ


【家を活用しながら維持できるのがリロケーションの魅力】

・転勤しても、将来的に家に戻ってくる予定があるなら、リロケーションを利用するという方法がある。
・契約時に設定した期間の途中で戻って来られそうな場合でも、貸主都合で契約期間を短縮することはできない。
・家を有効活用しつつも、細かい管理業務に追われることなく、家賃収入を期待できるというメリットがある。


転勤が決まったけれど持ち家をどうしようと悩んでいる場合には、リロケーションによる家の有効活用も視野に入れておくとよいでしょう。

【イエカレ運営局より】
イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っています。
企業へ相談をしてみたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。

*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

リロケーション基礎講座の関連記事

急に転勤が決まった!自宅をリロケーションで活用する方法
急に転勤が決まった!自宅をリロケーションで活用する方法 公開
空き家の活用方法はこれで決まり!イケてる空き家対策
空き家の活用方法はこれで決まり!イケてる空き家対策 公開
転勤者必見。定期借家のオススメポイント
転勤者必見。定期借家のオススメポイント 公開
賃貸管理で抑えておくべき3つのポイント
賃貸管理で抑えておくべき3つのポイント 公開
民泊ってなに?そのメリット・デメリットをチェック!
民泊ってなに?そのメリット・デメリットをチェック! 公開
経営スタイルから見る民泊の上手な利用方法とは
経営スタイルから見る民泊の上手な利用方法とは 公開
賃貸の仲介会社の選び方。特徴・得意分野を知る
賃貸の仲介会社の選び方。特徴・得意分野を知る 公開
住んでいない持ち家を貸して、家賃収入を得る方法を考える!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】
住んでいない持ち家を貸して、家賃収入を得る方法を考える!|不動産管理会社の一括比較情報サイト【イエカレ】 公開
家を貸す種類について(普通借家と定期借家)
家を貸す種類について(普通借家と定期借家) 公開