建てたアパートに自分も住む際の良い方法

土地活用に関するお悩み・疑問を解決します!

A、賃貸併用住宅という方法があります。

賃貸併用住宅という方法があります。
同じ建物内で貸しに出す部屋と自分で住む部屋を設ける方法の事です。
いくつかメリットがありますのでご説明しますね。

・家賃収入でローンが支払える
もちろん入居者がいる事が前提のお話ですが、満室になっていればその家賃でローンが払えますので実質0円で住める。
なんて事も夢ではありません。

・住宅ローンが組める
通常アパートなどを建設する時アパートローンを組みますが、賃貸併用住宅の場合一定の条件を満たせば住宅ローンとして金融会社から資金を調達する事ができるのです。

一定の条件とは自分が住む部分が51%以上。
賃貸部分が49%以下である。


このように定められています。
アパートローンは短期で審査も厳しいですが、住宅ローンはアパートローンと比べて審査を緩和で期間も長いので是非専門家に相談するといいでしょう。

 
あなたに最適な土地活用プランを検索!
土地活用プランを徹底比較
STEP01
建設予定の都道府県を選択
STEP02
土地はお持ちですか?
  • カテゴリ:

FAQの関連記事

30坪の土地活用9選|初心者でも失敗しないためのポイント|イエカレ 公開
賃貸経営に必要な費用の全てについて徹底解説|イエカレ 公開
建てたアパートに自分も住む際の良い方法|イエカレ 公開
土地活用を行うとどれぐらい節税になるのか|イエカレ 公開
軽量鉄骨や木造の平均坪単価を知りたい方の疑問を解決|イエカレ 公開