土地活用を行うとどれぐらい節税になるのか

土地活用に関するお悩み・疑問を解決します!

A、土地活用を行うと、おおまかに2つの節税効果をもたらしてくれます。

土地は保有しているだけで、維持費がかかりますよね。
一番大きなものは【税金】ではないでしょうか。
この税金を賃貸住宅などを建築する事によって土地つまり資産の評価を下げる事が出来るのです。

少し難しいお話になりますので、出来るだけ簡単にご説明します。
土地活用を行うと、おおまかに2つの節税効果をもたらしてくれます。
固定資産税や都市計画税の軽減。
もう1つが相続税対策の評価減効果となります。

固定資産税や都市計画税は毎年かかってくるものですが、これについては以下の様に定められています。

賃貸マンションやアパートを建築した場合、1戸(1部屋)の大きさが200㎡以下の場合は課税を6分の1に。
200㎡以上の場合は3分の1にします。と記載があります。(実際はもう少し難しい書き方ですが)
つまり住宅が建っている土地には税金を安くしますよ。

という事になるのです。

次に相続税です。
2015年以降改正が行われた為、元々課税対象外だった方が対象になったり元々対象だった方でも支払う額が大きくなったのです。
これは以下の様に定められています。
基礎控除額は3,000万+法定相続人の人数×600万となります。
3人いたら4,800万という事になりますね。
つまり持っている財産の総額から非課税財産を差し引いた金額(正確には正味遺産額)が3,000万を超える場合対象となるという事です。
これは出来るだけ安くする為に土地活用があるのですが以下の様に適応されます。
固定資産税などと同様で土地に建物が建っているとその評価額が下がります。
最大で21%税金が安くなります。
また200㎡以下の部分については評価額が50%も減少します。

さらに相続財産が1億円だったとしても、アパートやマンションを建築した際のローンが6,000万残っていたとしたら相続税評価額が4,000万にまで減少します。
相殺出来るという訳です。

税金や法律のお話は少し難しいですが、とても大事なお話なので簡単な所から興味を持っていくと覚えていけるでしょう。

 
あなたに最適な土地活用プランを検索!
土地活用プランを徹底比較
STEP01
建設予定の都道府県を選択
STEP02
土地はお持ちですか?
  • カテゴリ:

FAQの関連記事

30坪の土地活用9選|初心者でも失敗しないためのポイント|イエカレ 公開
賃貸経営に必要な費用の全てについて徹底解説|イエカレ 公開
建てたアパートに自分も住む際の良い方法|イエカレ 公開
土地活用を行うとどれぐらい節税になるのか|イエカレ 公開
軽量鉄骨や木造の平均坪単価を知りたい方の疑問を解決|イエカレ 公開