土地活用を行うとなぜ節税になるのか?

この記事を読むのにかかる時間:5分

このコラムのポイント今回は土地活用で行える節税対策に関するご疑問にお答えします!
土地は保有しているだけでも維持費がかかります。一番大きなものは【税金】ではないでしょうか?この税金については、アパート経営を行う事によって節税効果がもたらされます。こうした税金や法律の話題は少し難しいのですが、出来るだけ簡単にご説明します。ぜひ参考にしてみて下さい。


まず初めに、土地活用がもたらす2つの節税効果について説明します

土地活用を行うと、おおまかに2つの節税効果をもたらしてくれます。

地主さんですと、何かしらの節税対策はされていると思いますが、土地は所有しているだけで税金が掛かりますし維持費だってかかりますよね? 一番大きなものは【固定資産税や都市計画税】ではないでしょうか。

ご存知の方も多いかと思いますが、この税金については、賃貸アパートやマンションといった収益物件を建てて土地活用を行うと土地の資産評価が下がる仕組みになっているので、つまり、節税効果がもたらされます。

土地活用を行うと、おおまかに、以下の2つの節税効果がもたらされます。

  • 固定資産税や都市計画税の軽減
  • 相続税対策の評価減効果

以上2つです。

1つ目については、土地を所有していると、その所有者に対して「固定資産税や都市計画税」が毎年かかってくるわけですが、実は「賃貸住宅を建てた場合」の定めがあるのです。

    賃貸マンションやアパートを建築した場合、1戸(1部屋)の大きさが
  • 200㎡以下の場合は、課税額を6分の1にします。
  • 200㎡以上の場合は、課税額を3分の1にします。

以上2つです。
実際はもっと難しい書き方なのですが、つまり「賃貸住宅を建ててくれた方々の土地の税金は安くしますよ」。という事なのです。

あわせて読みたい
地主の収益最大化「稼げる不動産で理想のアパート経営を行う」方法とは?(前編)

地主の収益最大化「稼げる不動産で理想のアパート経営を行う」方法とは?(前編)

今回は、不動産経営で「収益を最大化する方法」について解説します。土地を有効活用して「せっかく不動産経営を行うなら収益最大化を狙いたい!」と思っているのは誰もが同じことでしょう。今回は「コンセプト住宅」の概念をご案内します。

あわせて読みたい
地主の収益最大化「稼げる不動産で理想のアパート経営を行う」方法とは?(後編)

地主の収益最大化「稼げる不動産で理想のアパート経営を行う」方法とは?(後編)

今回は、不動産経営で「収益を最大化する方法」について解説します。土地を有効活用して「せっかく不動産経営を行うなら収益最大化を狙いたい!」と思っているのは誰もが同じことでしょう。今回は「コンセプト住宅」の概念をご案内します。

相続税についてのポイントをお伝えします

2つ目は「相続税」です。相続税については、記憶している方々も多いと思いますが、2015年以降、基礎控除額の改正が行われた為、元々課税対象外だった方が対象になったり、元々対象だった方でも支払う額が大きくなりました。

これについては以下の様に定められています。

    基礎控除額は3,000万円+法定相続人の人数×600万円

つまり、被相続人(お亡くなりになった方)に、法定相続人が3人いた場合、基礎控除額は、「3,000万円+1,800万円=4,800万円」になるという事です。

持ち合わせた財産の総額から、非課税財産を差し引いた金額(正確には正味遺産額と言います)が3,000万円を超える場合は対象となるという事です。

では、もしこの方々がアパート経営などで土地活用を行っていた場合はどうなるでしょうか?

以下の仕組みが適用になります。

  • 固定資産税などと同様で土地に建物が建っているとその評価額が下がる。
  • 最大で21%税金が安くなる。
  • また200㎡以下の部分については評価額が50%減少する。

この様になります。さらに、もし仮に相続財産が1億円で、アパートやマンションを建築した際のローン残額がまだ6,000万円あった場合、相続税評価額が4,000万円まで減少しますので、相殺されたのと同じ効果が出ます。

こうした税金や法律の話題は少し難しいのですが、大事なお金の話なので簡単なところから興味を持たれると覚えていけるでしょう。

参考記事
タワマン節税に遂に歯止め!知っておきたい適切な相続税対策とは?

タワマン節税に遂に歯止め!知っておきたい適切な相続税対策とは?

2023年6月27日、財務省はマンションの相続税評価額について新たな評価方法を検討していると公表しました。この新ルールは2024年1月から適用される予定で、かねてより問題視されていた「タワマン節税がいよいよ是正される」見込みです。

この記事もよく読まれています
相続税対策でアパート・マンション経営を始めるメリット・デメリット

相続税対策でアパート・マンション経営を始めるメリット・デメリット

アパートやマンション経営は相続税を安く抑えられるため、有用な相続税対策になります。所得税の節約にも役立つほか、アパート・マンション経営で安定した家賃収入を得られるなどメリットは様々ですが、空室や災害等のリスクに注意が必要です。


イエカレについて
イエカレとは-イエカレの取り組みについて

イエカレとは-イエカレの取り組みについて

イエカレとは、日本最大級の不動産の総合比較サイトです。皆さまの不動産に関する不安やお悩みを解決できるように、不動産コラムを通じて、日々最新の不動産情報の発信や、一括無料査定サービスの提供などに取り組んでいます。

この記事について

(記事企画/監修)イエカレ編集部
【イエカレ】不動産コラムを通じた最新の不動産情報の発信や、一括無料査定サービスの提供をしています。
Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

FAQーよくあるご質問ーの関連記事

【図解】農地の有効活用について
【図解】農地の有効活用について 公開
【土地活用】市街化調整区域でも土地活用はできる?土地活用の手段を解説
【土地活用】市街化調整区域でも土地活用はできる?土地活用の手段を解説 公開
【アパート建築】建築費用ってどのくらい!?必要な自己資金から建築会社の選び方まで
【アパート建築】建築費用ってどのくらい!?必要な自己資金から建築会社の選び方まで 公開
【アパート建築】軽量鉄骨や木造の平均坪単価を知りたい方の疑問を解決
【アパート建築】軽量鉄骨や木造の平均坪単価を知りたい方の疑問を解決 公開
【土地活用】30坪の活用法|失敗しないためのポイント9選
【土地活用】30坪の活用法|失敗しないためのポイント9選 公開
【土地活用】商業施設経営を始めたい!注意すべきポイントは?
【土地活用】商業施設経営を始めたい!注意すべきポイントは? 公開
【アパート経営】良い建築会社や管理会社の見極め方について
【アパート経営】良い建築会社や管理会社の見極め方について 公開
【事業用定期借地権】借地の土地活用とは?他の活用法との違いを解説
【事業用定期借地権】借地の土地活用とは?他の活用法との違いを解説 公開
【アパート経営】収入・年収はどれくらい?
【アパート経営】収入・年収はどれくらい? 公開
【事業用定期借地権】期間やメリット・デメリット、公正証書を含む契約の流れを解説
【事業用定期借地権】期間やメリット・デメリット、公正証書を含む契約の流れを解説 公開
売れない土地はどうする?理由と対処法、種類別の土地活用を解説
売れない土地はどうする?理由と対処法、種類別の土地活用を解説 公開
不動産投資と生命保険の関係。相続対策での活用方法も紹介
不動産投資と生命保険の関係。相続対策での活用方法も紹介 公開
もしも中国の不動産バブルがはじけたら!?その前に考えておくべきこと
もしも中国の不動産バブルがはじけたら!?その前に考えておくべきこと 公開
不動産活用の手引きを解説!空き家や古いアパートはどうすべき?
不動産活用の手引きを解説!空き家や古いアパートはどうすべき? 公開
テレワークが不動産業に与える影響とは? 郊外ニーズ上昇の理由を解説
テレワークが不動産業に与える影響とは? 郊外ニーズ上昇の理由を解説 公開
ウッドショックとは?土地活用や不動産売却に与える影響を解説!
ウッドショックとは?土地活用や不動産売却に与える影響を解説! 公開
土地活用を行うとなぜ節税になるのか?
土地活用を行うとなぜ節税になるのか? 公開
賃貸併用住宅とは?自分が建てるアパート内に自分も住む方法はあるの?
賃貸併用住宅とは?自分が建てるアパート内に自分も住む方法はあるの? 公開