アパートの建築費は構造で変わる!? その目安と理由とは

「アパートの建築費」と言っても、その費用は構造によって大きく変わります。
アパートを運営するためには、初期投資であるこの建築費が非常に重要です。
ここでは代表的な3つの建て方それぞれの建築費について見ていきましょう。

この記事を読むのにかかる時間:5分

木造建築は手が出しやすい? 「こだわり」と「費用」

日本に昔からある「木造建築」によるアパートは、それほど費用がかさみません。
一般的に、木造でアパートを建てるとなると、その相場は1坪あたり55万円程度になると考えられています。その費用は、ほかの材料で作る場合に比べて20パーセント程度も安くなるのだとか。
どれくらいの広さにするかはそれぞれ異なりますが、120坪程度だと仮定した場合、単純計算で6600万円あれば建てられるということになります(実際にはここに諸経費や土地代が加わります。また、土地の代金は地域によって大きく異なります)。

ただ、「木造建築」と言っても、その種類はさまざまです。
たとえば、「木にこだわって最高級のアパートをつくりたい」「木の良さを生かした高グレードのものをつくりたい」ということになれば、場合によっては、ほかの構造よりずっと高くなる可能性もあります。
そのため、木造建築のアパートをつくろうと思うのであれば、「費用が安く済む方法」に注目するのか、それとも「木造であることを最大限押し出し、それにふさわしい高級木材を使用する方法」にするのか、最初の段階で決めておく必要があります。

木造建築もこだわりによって費用に幅が出るんですね。では次は鉄骨構造です。

では次は鉄骨構造です。 

アパートでなじみ深い「鉄骨構造」の建築費用は?

鉄骨構造は、ビルやアパートでよく見られるものです。比較的火災に強く、地震に対してもある程度の耐久性を誇ります。
この鉄骨構造は、大きく分けて、「軽量鉄骨」でつくったものと「重量鉄骨」でつくったものがあります。不動産屋によっては、前者の工法で建てられたものを「アパート」、後者の工法で建てられたものを「マンション」としています。
前者の場合は間取りがそれほど自由にならない代わりに建築費用が若干安く済み、後者の場合は建築費用がかさむものの自由度が高いことが魅力です。

このようなことから、「後者の方が地震などの災害に強い」と思われがちですが、実際には「建て方」によるところが大きいため、どちらの方がより強い・弱いということは言い切れません。
自分が建てようとしているアパートはどれくらいの強度なのか、どのようにして強度を出しているのかなどを、事前にしっかりと建築業者に確認し、納得のいくまで説明してもらうことが重要です。

建築費用については、上でも述べたように、多少のばらつきはあります。ただ、1つの相場としては1坪あたり85万円前後と言えるでしょう。

鉄骨構造の中でも2種類ありメリット・デメリットがそれぞれあるんですね。では最後にコンクリート構造です。

では最後にコンクリート構造です。

防音性の高いコンクリート利用の構造体について

ここから取り上げるのは、「コンクリート」を使ったものです。
これも、大きく分けて、「RC構造(鉄筋コンクリート)」と「SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)」の2つがあります。

これはしばしば「鉄骨構造」と間違って考えられがちですが、「コンクリート」を使っているということで異なります。鉄筋で構造をつくり、その中にコンクリートを入れて作るため、防音性が非常に高いことが魅力です。
後者の場合は、さらにここに鉄骨を組み合わせることによって耐久性を高めています。かなり大がかりな工事になるので、ある程度大規模な予算組みをできる人向きと言えるでしょう。また、このやり方の場合、強度が非常に高いため、いわゆる「高層階」があるアパート(マンション)などにもよく適応します。

建築費は、これもまた工法によって変わります。ただ、坪単価で考えた場合、前者は95万円程度、後者は100万円を超えることもあります。
「たった5万円しか坪単価が変わらないのか」と思われるかもしれませんが、アパートは一軒家とは違い、坪数が非常に多いもの。上でも挙げたように、120坪を例にとれば、建築費は600万円も変わってきます。



あなたに最適な土地活用プランを検索!
土地活用プランを徹底比較
STEP01
建設予定の都道府県を選択
STEP02
土地はお持ちですか?

この記事のまとめ

【建築費の違いを知ろう!】
アパートは構造によって建築費が変わります。 ・木造…安い。坪単価は~60万円。ただし、木にこだわると高くつく。
・鉄骨・・・建てやすい。80万~85万円程度。
・コンクリート…90万円~。100万円を超えるケースもある。

アパートは建築方法によって、建築費用が大きく変動します。自分のポリシーや懐具合と相談して、相性のよい建築方法を模索しましょう。

賃貸経営の基礎知識の関連記事

高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリット・デメリットと注意点
高齢者向け住宅の土地活用!サ高住のメリット・デメリットと注意点 公開
土地活用は立地で決まる!10パターンの立地と適した活用方法とは
土地活用は立地で決まる!10パターンの立地と適した活用方法とは 公開
土地活用の手段にソーラーパネル設置はあり?特徴を解説
土地活用の手段にソーラーパネル設置はあり?特徴を解説 公開
市街化調整区域も土地活用できる?土地活用の手段を解説
市街化調整区域も土地活用できる?土地活用の手段を解説 公開
借地の土地活用とは?他の活用との違いや事業用定期借地権を解説
借地の土地活用とは?他の活用との違いや事業用定期借地権を解説 公開
土地活用業界ランキングと業界の新たな動きと今後の展望とは
土地活用業界ランキングと業界の新たな動きと今後の展望とは 公開
土地活用に貸倉庫経営はあり?メリットとデメリットを解説
土地活用に貸倉庫経営はあり?メリットとデメリットを解説 公開
土地活用に店舗経営はあり?メリットとデメリットを解説
土地活用に店舗経営はあり?メリットとデメリットを解説 公開
農地の土地活用はどうしたら良い?3つの活用パターンを解説
農地の土地活用はどうしたら良い?3つの活用パターンを解説 公開
介護施設で土地活用を行う場合のメリットとデメリットを解説
介護施設で土地活用を行う場合のメリットとデメリットを解説 公開
土地活用の4つのノウハウを理解して絶対に成功させるための方法
土地活用の4つのノウハウを理解して絶対に成功させるための方法 公開
土地活用として商業施設を建てるために重要な4つのポイント
土地活用として商業施設を建てるために重要な4つのポイント 公開
アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策
アパート経営で外国人入居者を受け入れ時に想定されるトラブルと対策 公開
戸建て賃貸経営を初めてでも絶対に成功させるための3つのポイント
戸建て賃貸経営を初めてでも絶対に成功させるための3つのポイント 公開
不動産相続の流れと手続き|被相続人の死亡後にできる相続税対策まで
不動産相続の流れと手続き|被相続人の死亡後にできる相続税対策まで 公開
リスクに正しく対処しよう!シェアハウス経営のメリット・デメリット
リスクに正しく対処しよう!シェアハウス経営のメリット・デメリット 公開
マンション経営の経費について押さえておくべき必須事項
マンション経営の経費について押さえておくべき必須事項 公開
アパート経営はするな!?借金・失敗など初心者が注意すべき7つのリスクを解説
アパート経営はするな!?借金・失敗など初心者が注意すべき7つのリスクを解説 公開
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線
賃貸経営で「首都圏・東京」がおすすめな理由と人気のエリア・路線 公開
【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで
【新築・中古別】アパート経営に必要な資金から有効な空室対策まで 公開