家を売りたい!売却にはどのくらいの期間がかかる?


不動産は他の物とは異なり、なかなか売りたいタイミングで処分することができない場合もあります。 では、どのようなケースで売却困難になるのか、少しでも早く売るにはどうしたらよいのか考えてみましょう。

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい家を売る時のコツとは!?おさえておきたい売却の知識

*あわせて読みたい自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場を解説

*あわせて読みたい初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説

*あわせて読みたい不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介

*あわせて読みたい不動産売却前に知っておきたいこと

*あわせて読みたい不動産売却の適正価格を知る方法

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

家の売却期間が長くなるケースとは?

家の売却期間が長くなるケースとは?

家の売却期間は、2~3ヶ月で済む場合もあれば、数年単位に及ぶこともあります。長引いてしまう理由はさまざまです。もちろん、建物の老朽化など一般的条件が悪く売れないこともありますが、それ以外にも、住宅ローンが残っている(=銀行の抵当権がついている)、物件所有者に相続が発生しているが未登記であるなどのケースが考えられます。

住宅ローンが残っていると、適正な売出金額で売れたとしてもローンを返しきれないことが多々あります。その場合は抵当権者に対して「完済できないが、これくらいは返すので抵当権を抹消してほしい」という交渉をして売却することもあります(いわゆる「任意売却」)。

また、相続登記には法的期限がないため、何年も放置してきた人がいざ売ろうとしたら売れないということもあります。 なぜなら、被相続人(亡くなった人)ではなく相続人が売買契約をする場合、売主の登記名義は相続人になっていなければならず、被相続人のままでは「登記義務者不一致」として法務局で通らないからです。

売る段階になって慌てて相続人に名義を変えようとしても、遺産分割協議ができず膠着状態になることも珍しくありません。


時間をかけずに売りたい方へ

時間をかけずに売却するにはどうしたらいい?

家の売却期間は上記のとおりケースバイケースなので、「こうすれば半年以内に必ず売れる」などといえる決定的な方法はありません。

一般的な条件が悪いのであれば、単純に価格を下げること以外にも方法はあります。
「建物をリフォームする」「あまりにも古い建物であれば取り壊して更地にし、土地のみ売る」「大きすぎる土地を分筆して買いやすくする」など、物件を魅力的にするための工夫をしてみるのです。

しかし、実はそのような物理的問題よりも、上に挙げた「法的な問題」をはらんでいるケースの方が厄介です。 たとえば、最初に挙げた住宅ローンが返しきれない場合は、任意売却を得意とする(=抵当権者との交渉に慣れている)不動産業者を探す必要があります。

また、相続登記未了の場合は、不動産業者に行く前に他の相続人に遺産分割協議書の働きかけをする必要があります。誰の名義にするかを相続人全員で合意できれば、あとは登記をするだけです。
ただ、明らかに揉めることがわかっているケースは、最初から弁護士に相談する方が、結果として無駄な費用や時間を使わずに済みます。


事前準備と不動産業者選びは並行して出来る!

事前準備と不動産業者選びを並行して行う

売却に時間がかかる原因としては「不動産の性質自体にあるもの」「法的なもの」に大別されます。
不動産の性質を良くしたり、内覧の際の印象を良くしたりする工夫については、自分でできる範囲のもの(清掃や草取り)は最低限しておくべきでしょう。

不動産業者に「相談」という段階での話をした時に、一歩進んだアドバイスを受けられることもあります。たとえば、リフォームで物件の魅力をアップするのであれば、どの程度まで行うべきなのか、それにより売り出し価格をどれくらい上げられるのかなどです。

ただ、法的な原因については、問題をクリアにしてからでないと不動産業者が売り出しそのものをしてくれないこともあります。 たとえば、相続登記未了の例では、「相続登記を済ませていなければ売買契約書を交わしてはならない」というのが基本ルールになります。万一、遺産分割協議がまとまらずに名義を変えられないと、売主側の事情でのキャンセルになってしまうからです。

よって、不動産業者を探すと同時に、すぐにでも名義を相続人に変えられるように相続手続きを弁護士や司法書士に依頼しておくなど、準備を進めておくことをおすすめします。


ここで参考コラムを3つご紹介します。

▶-----以下の記事では「不動産売却をする際の諸費用」について解説しています。仲介手数料やその他必要な諸費用について確認ができます。

こんな記事も読まれてます
不動産売却の適正価格を知る方法

不動産売却の適正価格を知る方法

不動産売却をするといっても諸費用が発生しますので、売却額がすべて手元に残るというわけにはいきません。不動産会社に仲介を依頼すると仲介手数料を支払わなければなりません。では、その他どの様な諸費用が必要になるのでしょうか?を解説します。

不動産売却の適正価格を知る方法

▶-----以下の記事では、「不動産に関わる税金」について計算例や節税方法も挙げながら分かりやすく解説しています。

こんな記事も読まれてます
不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介

不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介

不動産に関わる税金はケースごとに発生する内容が変わり、また、保有の目的や期間によっても税額が変わります。様々な軽減措置もあるためうまく活用すれば節税できます。 この記事では、計算例や節税方法も挙げながら分かりやすく解説します。

不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介

▶-----以下の記事では、「リースバック」という自宅の売却方法について解説しています。その仕組みや売却相場等・メリットやデメリット、トラブル等について学べます。

こんな記事も読まれてます
自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説

自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説

CMでよく目にする「リースバック」とは、自宅に住みながらその家を売り、まとまった資金を得る売却方法です。この記事では、リースバックを使って自宅の売却を考えている方へその仕組みや売却相場等・メリットやデメリット、トラブル等について紹介します。

自宅をリースバックするとは?売却の仕組みや相場・注意したいトラブルを解説

この記事のまとめ

【家の売却期間を短縮するため準備できることはやっておく!】

・家の売却が長引く原因としては「物件そのものの問題」「法的な問題」などがある。
・清掃やリフォームなど、ある程度の投資と努力でできることはやっておく。
・売却によりローンを完済できないのであれば、任意売却を得意とする業者を探す。
・相続登記は話し合いや書類の準備も大変なので、不動産業者を探す段階で専門家への依頼を済ませておく方がよい。


希望の時期に売却したい場合は、なんといっても「段取り」が大切です。
自分でできることと業者や専門家に頼むことをしっかり区別し、効率的に進めていきましょう。

【イエカレ運営局より】
☆信頼できる業者選びのポイント☆
* 建物の品質に自信を持っており、保証やアフターサービスも充実している
* 限られた予算の中からできるだけ要望をくみとったプランを提案してくれる
* こちらも気が付かなかった部分の指摘や提案をしてくれる
* 実際の事例に基づいた収支シミュレーションなど、信頼性の高い数字を出してくれる
* 疑問点や不安点があっても、質問すればすぐにきちんと答えてくれる
* 担当者の対応、電話受付の対応に好感が持てる
などといったものが挙げられます。まず、これらをクリアできそうな業者かどうかをまず見極めて業者の絞り込みをする必要があります。

イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。


*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

FAQーよくあるご質問ーの関連記事

土地の名義変更の方法を教えてください
土地の名義変更の方法を教えてください 公開
マンション買取売却に手数料はかかる?買取売却のコツも解説
マンション買取売却に手数料はかかる?買取売却のコツも解説 公開
【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは?
【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは? 公開
家を売りたい!売却にはどのくらいの期間がかかる?
家を売りたい!売却にはどのくらいの期間がかかる? 公開
不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?
不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は? 公開
土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK!
土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK! 公開
不動産売却「仲介」と「買取」の違いは何ですか?
不動産売却「仲介」と「買取」の違いは何ですか? 公開
持ち家のローンが残っていても売却はできますか?
持ち家のローンが残っていても売却はできますか? 公開
不動産の売却は専任・一般のどちらが効率的ですか?
不動産の売却は専任・一般のどちらが効率的ですか? 公開
不動産を売る際は、地域の不動産屋と大手の会社どちらが良いですか?
不動産を売る際は、地域の不動産屋と大手の会社どちらが良いですか? 公開
不動産の売却仲介と、買い取りの違いは何ですか?
不動産の売却仲介と、買い取りの違いは何ですか? 公開
不動産売却の際に抵当権を外す方法とは?
不動産売却の際に抵当権を外す方法とは? 公開
不動産売却-なかなか売れないのは価格のせい?
不動産売却-なかなか売れないのは価格のせい? 公開
不動産売却で好感度のアップが狙える内覧対策とは?
不動産売却で好感度のアップが狙える内覧対策とは? 公開
不動産売却で多いトラブル事例とは?
不動産売却で多いトラブル事例とは? 公開
不動産売却-短期譲渡所得と長期譲渡所得ってなんですか?
不動産売却-短期譲渡所得と長期譲渡所得ってなんですか? 公開
相続した不動産-相続人が多いケースはどうなるの?
相続した不動産-相続人が多いケースはどうなるの? 公開
不動産売却と確定申告の関係とは?
不動産売却と確定申告の関係とは? 公開
不動産を売るときに必要となる税金とは?
不動産を売るときに必要となる税金とは? 公開
戸建て物件を売る時に行う査定の意味とは?
戸建て物件を売る時に行う査定の意味とは? 公開