不動産売却の際に抵当権を外す方法とは?


保有している不動産を購入する時に住宅ローンを活用していた場合、不動産には抵当権が付いています。抵当権が付いたままでは不動産を売却出来ません。抵当権を外して貰う為にも残債を完済する必要が有ります。どんな方法があるのでしょうか?簡潔にまとめてみました!

この記事を読むのにかかる時間:5分

【イエカレ】とはイエカレの取り組みについて

*あわせて読みたい初心者向け!不動産売買の流れを分かりやすく解説

*あわせて読みたい家を売る時のコツとは!?おさえておきたい売却の知識

*あわせて読みたい不動産を買い取ってもらう際に失敗しないポイントとは?

*あわせて読みたい家を売りたい!売却にはどのくらいの期間がかかる?

*あわせて読みたい「空き家時代」に家を売却するときのポイントとは?

*あわせて読みたい不動産に関わる税金を解説!計算例・節税法も紹介

*あわせて読みたい不動産活用の手引きを解説!空き家や築古アパートはどうすべき

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

ローン残債を返済中でも、不動産は売却できるの??

ローンの残債は売却時に精算

不動産売却の時、現在保有している不動産を購入する際に「住宅ローン」を活用して、そのローン残債を返済中の場合、その不動産には抵当権が付いています。

抵当権は融資を受ける時に保証会社が付けた物で、返済が出来なくなった場合に抵当権が行使されます。住宅ローンを完済しないことには抵当権は外れないことになっています。
従って抵当権が付いたままでは不動産を売却出来ないのです。そうするためには、抵当権を外して貰う為にもローン残債を完済する必要があります。

「じゃあ、どうやって!?」ということですが、ご自身の経済状況を踏まえて、どこらからかお金を借りて返済をして不動産を売却するか?、売却した時に売却代金で残債を完済出来るか?を考えます。それが出来るようであれば、そういう条件で不動産の抵当権を外してもらい、不動産を売却した後にそのローンの残債を返済をする方法でこの問題解決が図れます。


大きく2つの方法があります!

残債がある場合は買い替えローンや任意売却で

具体的な残債の返済の仕方ですが、大きく2つの方法があります。

新しく不動産を買う為に不動産を売るならば買い替えローンを活用するのが良いです。
買い替えローンとは不動産売却時の「つなぎ融資」にあたるもので、その返済は保有している不動産を売却した代金で返済をします。

新しく不動産を購入しないで不動産売却をするのでしたら、任意売却での返済になります。
任意売却は、不動産の売却代金で返済をするという条件で、不動産に付いている抵当権を外してもらいます。そして不動産を売却後は売却代金で返済をします。

任意売却は今まで住んでいた場所を失うわけですから、任意売却をする時は、ご自身の経済状況を踏まえ、このままでは返済出来なくて住宅を競売に掛けられてしまうと思える場合にだけ行うことです。これは覚えておいてください。


不動産を売却したいが売却損が出てしまいそう...。どうすれば?

売却で損失が出た場合の税制優遇

保有する不動産を売却して利益になれば良いですが、逆に売却損になることもあります。
しかし、不動産売却時に損失が出た場合には税制優遇を活用することです。
これは覚えておいてください。

5年以上住んでいた居住用財産を売却して売却損が出た場合に他の所得と損益通算出来ます。
さらに損益通算して赤字になった場合、翌年以降3年間繰越控除出来ます。

しかし、これは居住用の話しで、投資用の不動産の場合は損益通算は他の不動産の売却の利益と通算が出来ますが、他の所得との通算は出来ません。

そして、この税制優遇には所得制限が有って、特例を受ける3年間の所得が三千万を超える場合は税制優遇を受けられません。

居住用の不動産を買い替える場合は税制優遇を受けられますから、不動産を売却して損失が出たならば確定申告をして、所得税の環付を受けるべきです。

しかし、税負担が軽くなるとはいえ、売却損を出してまで家を買い替えていいのか?は、ご自身の経済状況をよくよく精査して考える必要はあります。

以上、不動産売却における「抵当権の外し方」「買い替えローン」「任意売却」「税制優遇」について簡潔に見てきました。ぜひ参考にしてください。


ここで関連コラムを3つご紹介します。

不動産売却-譲渡損失の繰越控除について

こんな記事も読まれてます
不動産売却-譲渡損失の繰越控除について

不動産売却-譲渡損失の繰越控除について

不動産の売却では、その売却によって損失が発生した場合であっても、損失を給与所得や不動産所得などのほかの所得と損益通算をすることはできません。しかし、居住用として所有していた物件売却だった場合は条件によって繰越控除が認められます。

家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖

こんな記事も読まれてます
家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖

家を売りたい方必見!ローンの仕組みやおすすめの組み方を徹底解剖

ローンについて解説しています。ローンが残っていても、家を売却できるケースもあります。不動産を購入する際に組むローンは、一見すると複雑に見えますが、基本的なポイントを押さえれば問題ありません。家のローンについておさらいができます。

固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

こんな記事も読まれてます
固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

固定資産税評価額が関わる不動産の税金!4つの調べ方とは

固定資産税評価額とは、土地や建物の価値を意味し、固定資産税、都市計画税、登録免許税、不動産取得税の4つの税金の金額に影響します。不動産売買において固定資産税評価額の知識は重要なので、当記事を参考にしてみてください。

【イエカレ運営局より】
☆信頼できる業者選びのポイント☆
* 建物の品質に自信を持っており、保証やアフターサービスも充実している
* 限られた予算の中からできるだけ要望をくみとったプランを提案してくれる
* こちらも気が付かなかった部分の指摘や提案をしてくれる
* 実際の事例に基づいた収支シミュレーションなど、信頼性の高い数字を出してくれる
* 疑問点や不安点があっても、質問すればすぐにきちんと答えてくれる
* 担当者の対応、電話受付の対応に好感が持てる
などが挙げられます。まず、これらをクリアできそうな業者かどうかをまず見極めて業者の絞り込みをする必要があります。

イエカレでは、フリーコールによるサポート対応も行っております。
「企業へ相談をしたいけどやり方が良く分からない」場合など、
必要でしたらフリーダイヤル0120-900-536までお気軽にお問い合わせください。


*運営実績14年(2022年1月現在)
*フリーコール(受付時間:平日のみ10時~18時)による安心サポートをご提供

Copyright (C) EQS ,Inc. All Rights Reserved.

FAQーよくあるご質問ーの関連記事

土地の名義変更の方法を教えてください
土地の名義変更の方法を教えてください 公開
マンション買取売却に手数料はかかる?買取売却のコツも解説
マンション買取売却に手数料はかかる?買取売却のコツも解説 公開
【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは?
【一棟アパートの売却】費用・税金を安く抑えて高く売る方法とは? 公開
家を売りたい!売却にはどのくらいの期間がかかる?
家を売りたい!売却にはどのくらいの期間がかかる? 公開
不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は?
不動産査定書はどうやって入手するの?見るべき項目は? 公開
土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK!
土地の売買価格の決め方って?実勢価格を基準にすればOK! 公開
不動産売却「仲介」と「買取」の違いは何ですか?
不動産売却「仲介」と「買取」の違いは何ですか? 公開
持ち家のローンが残っていても売却はできますか?
持ち家のローンが残っていても売却はできますか? 公開
不動産の売却は専任・一般のどちらが効率的ですか?
不動産の売却は専任・一般のどちらが効率的ですか? 公開
不動産を売る際は、地域の不動産屋と大手の会社どちらが良いですか?
不動産を売る際は、地域の不動産屋と大手の会社どちらが良いですか? 公開
不動産の売却仲介と、買い取りの違いは何ですか?
不動産の売却仲介と、買い取りの違いは何ですか? 公開
不動産売却の際に抵当権を外す方法とは?
不動産売却の際に抵当権を外す方法とは? 公開
不動産売却-なかなか売れないのは価格のせい?
不動産売却-なかなか売れないのは価格のせい? 公開
不動産売却で好感度のアップが狙える内覧対策とは?
不動産売却で好感度のアップが狙える内覧対策とは? 公開
不動産売却で多いトラブル事例とは?
不動産売却で多いトラブル事例とは? 公開
不動産売却-短期譲渡所得と長期譲渡所得ってなんですか?
不動産売却-短期譲渡所得と長期譲渡所得ってなんですか? 公開
相続した不動産-相続人が多いケースはどうなるの?
相続した不動産-相続人が多いケースはどうなるの? 公開
不動産売却と確定申告の関係とは?
不動産売却と確定申告の関係とは? 公開
不動産を売るときに必要となる税金とは?
不動産を売るときに必要となる税金とは? 公開
戸建て物件を売る時に行う査定の意味とは?
戸建て物件を売る時に行う査定の意味とは? 公開